社会化とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 社会化の意味・解説 

しゃ かいか -くわいくわ [0] 【社会化】

個人所属する集団成員として必要な、規範価値意識行動様式身につけること。
個人相互作用によって集団社会形成される過程
生産労働育児などが、私的個別的なものから共同集団的なものになること。

社会化

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

社会化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/15 02:41 UTC 版)

社会化(しゃかいか)とは、社会学の用語で、子供や、その社会の新規参入者が、その社会の文化、特に価値規範を身に付けることを指す。遺伝子により先天的に獲得されたものではなく、学習により後天的に獲得されるものである。




「社会化」の続きの解説一覧

社会化

出典:『Wiktionary』 (2007/01/27 14:42 UTC 版)

しゃかいか

名詞、動詞

  1. 社会集団がつくられる過程
  2. 社会学教育学個人が、社会集団構成員として必要な規範意識行動を身につけて社会適応する過程
  3. 政治学経済学生産手段を、個人のものから公共のものへと変化させること。

活用

サ行変格活用
社会化-する

翻訳

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「社会化」の関連用語

社会化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



社会化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの社会化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの社会化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS