所有権とは? わかりやすく解説

しょゆう‐けん〔シヨイウ‐〕【所有権】


所有権

英語 ownership

所有権とはクルマ使用したり、処分することなどができる権利のこと。道路運送車両法制定の目的のひとつである所有権の公証を行う、とは、クルマ所有者に対し、所有権の存否について公に証明する制度を設ける趣旨である。具体的に道路運送車両法において、クルマの登録、登録番号標およびその封印車台番号打刻などに関する制度定め詳細自動車登録令および自動車登録規則規定されている。クルフ登録され初めて所有権が生まれ、国がこれを保証することになる。したがって、登録されクルマには抵当権設定することができる。なお所有権抹消登録により解除される。また登録されクルマについて継続検査を受け登録事項継続されるかぎり所有権は保留されることになる。

参照 新規登録道路運送車両法
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

所有権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/22 23:13 UTC 版)

所有権(しょゆうけん)とは、の全面的支配すなわち自由に使用・収益・処分する権利[1]


  1. ^ 近江(2006)、214頁。
  2. ^ 所有権」(朝鮮語)『グローバル世界大百科事典ウィキソース。2021年3月8日閲覧。
  3. ^ 近江(2006)、177・179頁。
  4. ^ a b 近江(2006)、215-216頁。
  5. ^ a b c d 遠藤ほか(1996)、170頁。
  6. ^ a b c d e 近江(2006)、216頁。
  7. ^ a b 近江(2006)、220頁。
  8. ^ a b 近江(2006)、218頁。
  9. ^ a b 我妻榮有泉亨、清水誠、田山輝明 『我妻・有泉コンメンタール民法 総則・物権・債権 第3版』日本評論社、2013年、449頁。 
  10. ^ a b 鈴木禄彌 『物権法講義 5訂版』創文社、2007年、26頁。 
  11. ^ 田山輝明 『物権法 第3版』弘文堂、2008年、30頁。 
  12. ^ a b 永田眞三郎・松岡久和・横山美夏・松本恒雄・中田邦博『エッセンシャル民法 2 物権』有斐閣、2005年10月、28頁。


「所有権」の続きの解説一覧

所有権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 02:20 UTC 版)

Supercell (ゲーム会社)」の記事における「所有権」の解説

2013年10月ガンホー・オンライン・エンターテイメントとその親会社ソフトバンク(現・ソフトバンクグループ)が株式51%を15.3億ドル取得した発表した。しかし、2016年6月21日ソフトバンクグループ子会社が持つすべてのスーパーセル株式を、中国テンセントに約73ドル売却することで合意したと発表した株式譲渡日は、2016年7月29日

※この「所有権」の解説は、「Supercell (ゲーム会社)」の解説の一部です。
「所有権」を含む「Supercell (ゲーム会社)」の記事については、「Supercell (ゲーム会社)」の概要を参照ください。


所有権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/08 18:20 UTC 版)

ボード・ガシュ・エナジー劇場」の記事における「所有権」の解説

2007年1月着工した際、ダブリン・ドックランズ開発局(DDDA)はグランド・カナル劇場を国(芸術・文化省)やアベイ座、あるいはナショナル・コンサート・ホールの新会場として提案したが、いずれも整備費用(約400ユーロ)や規模見合うものではなかったと報じられている。 ダブリン・ドックランズを拠点とする実業家ハリー・クロスビー(ポイント・シアター(現3アリーナ)の共同オーナー)が2007年7月にジョー・オライリーから1,000ユーロ購入したクロスビー購入価格に加えアライド・アイリッシュ銀行から380ユーロ借り入れたその後クロスビーはグランド・キャナル・シアターの管理契約ライブ・ネイション3アリーナ共同所有者であり管理者でもある)にリースした2010年3月18日ロシア国立シベリア・バレエ団による「白鳥の湖」の公演グランド・カナル劇場正式に開場したグランド・カナル劇場は、電力会社のボード・ガシュ・エナジーとの6.5年間命名権の一環として、2012年3月7日正式にボード・ガシュ・エナジー劇場改称された(年間70ユーロ)。 2013年4月国有資産管理庁(NAMA)によって管財手続き入ったクロスビーAIB劇場ローンNAMA移管されていたが、クロスビー様々なドックランズ計画(ポイント・ビレッジなど)でNAMAからより大きなローン借りていたNAMA管財人であるグラントソントンによる差押えには勝てなかった。 グラントソントンはNAMAのために劇場管理していたが、ライブ・ネイション会場管理米国商業用不動産サービスおよび投資会社CBREとの販売サポート続けていた。 2014年9月、グラントソントンに代わりアイルランド裕福なホテル夫婦のひとつであるバーニージョン・ギャラガー(ドイル・ホテル)夫妻に2800ユーロ2007年クロスビー支払った金額2倍CBRE提示した2000ユーロ40上回る金額)で売却された。夫婦それまで劇場コンサート会場所有していなかった。ライブ・ネイション会場管理者として残る。

※この「所有権」の解説は、「ボード・ガシュ・エナジー劇場」の解説の一部です。
「所有権」を含む「ボード・ガシュ・エナジー劇場」の記事については、「ボード・ガシュ・エナジー劇場」の概要を参照ください。


所有権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 18:17 UTC 版)

グリーン・アンド・ブラックス」の記事における「所有権」の解説

2005年5月キャドバリー・シュウェップス現在のキャドバリー社)はグリーン・アンド・ブラックス買収した買収額は公表されなかったが、2000ボンド前後であったろう推測されている。キャドバリーは「グリーン・アンド・ブラックス今後独立した事業として存続させる」と公約した2010年1月19日キャドバリー・シュウェップスクラフトフーヅ買収された。キャドバリーには115ポンド195米ドル)の値が付いた

※この「所有権」の解説は、「グリーン・アンド・ブラックス」の解説の一部です。
「所有権」を含む「グリーン・アンド・ブラックス」の記事については、「グリーン・アンド・ブラックス」の概要を参照ください。


所有権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/29 14:27 UTC 版)

ユダヤ・ウォッチ」の記事における「所有権」の解説

ウェブサイト1998年設立されこれまで、フランク・ウェルトナーや、ナショナル・アライアンス英語版)、ホワイト・ナショナリズム(英語版)の組織のメンバーによって所有維持されていた。

※この「所有権」の解説は、「ユダヤ・ウォッチ」の解説の一部です。
「所有権」を含む「ユダヤ・ウォッチ」の記事については、「ユダヤ・ウォッチ」の概要を参照ください。


所有権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 02:37 UTC 版)

オムニ (雑誌)」の記事における「所有権」の解説

2013年、グレン・フライシュマンは、『オムニ』の知的財産を現在誰が所有しているのかを調査したその結果、『オムニ』に掲載された小説権利原著者戻っており、「おそらく現在の表向き所有者でさえも」残りコンテンツ権利誰が所有しているのかを知らない可能性がある結論づけた

※この「所有権」の解説は、「オムニ (雑誌)」の解説の一部です。
「所有権」を含む「オムニ (雑誌)」の記事については、「オムニ (雑誌)」の概要を参照ください。


所有権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 09:59 UTC 版)

「カ・マテ」記事における「所有権」の解説

1998年から2006年の間、ンガーティ・トアは「カ・マテ」商標登録試み商業団体許可なく使用されることを防ごうとした。2006年ニュージーランド知的所有権庁は、「カ・マテ」特定の業者ではなくニュージーランド全体代表するものとしてニュージーランド内外広く認識されていたとして、その主張拒絶した2011年3月ニュージーランドラグビー協会は、ハカマナ不名誉にしないというイウィとの友好的な合意達した2009年ニュージーランド政府は、より広範な苦情処理の一環として、以下のことに同意した。 「...ンガーティ・トアのハカ「カ・マテ」への著作権重要性記録し、...ンガーティ・トアと協力してハカに関する彼らの懸念対処し......。[でも]、賠償金カ・マテ使用料になることも、ンガーティ・トアにカ・マテパフォーマンスに対する拒否権与えることも予期していない」。

※この「所有権」の解説は、「カ・マテ」の解説の一部です。
「所有権」を含む「カ・マテ」の記事については、「カ・マテ」の概要を参照ください。


所有権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 03:23 UTC 版)

モナーク航空」の記事における「所有権」の解説

モナーク航空はモナーク・ホールディングス (Monarch Holdings) の完全子会社であり、Globus Travel Group100%所有する2012年半ば時点でGlobus Travel株主以下の通りであった。 Amerald Investments (88%) Atlantic Financial Services (7%) Abaco Holdings (4%)

※この「所有権」の解説は、「モナーク航空」の解説の一部です。
「所有権」を含む「モナーク航空」の記事については、「モナーク航空」の概要を参照ください。


所有権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/22 09:08 UTC 版)

香港摩天輪」の記事における「所有権」の解説

観覧車最初申し込み際に10年以上観覧車運営してきたという会社スイスAEX管理したスイスAEX香港電訊有限公司英語版)(HKT)と組んでいた。 2017年政府2017年9月開始することになったThe Entertainment Corporation Limited(TECL)と運営第二期契約結んだ。TECLは当時一人当たり実質的に値下げし搭乗券申し込む」という声明発表した観覧車は所有権の移行に関する論争最初の運営者新し運営者の間で行き詰まることになる8月公開停止された。発展局長英語版)は観覧車解体されTECLにより交換作業が行われるまで2年閉鎖されるかも知れないと声明した。観覧車元の所有者であるスイスAEXは、「観覧車運営した経験全くない会社と言った2017年9月6日観覧車解体しないとの合意がTECLとスイスAEXの間でできた。 2017年11月、TECLは観覧車近く行われる一連の健康と健康増進行事アトラクション活動と共に新しAIA Vitality公園一部として2017年12月20日再オープンすると発表した

※この「所有権」の解説は、「香港摩天輪」の解説の一部です。
「所有権」を含む「香港摩天輪」の記事については、「香港摩天輪」の概要を参照ください。


所有権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/13 02:20 UTC 版)

月の水」の記事における「所有権」の解説

仮に月面利用可能大量の発見されると、誰がその所有権を持っていて、誰がそれを利用できるのかという法律的な問題浮上する宇宙開発を行うほとんどの国家によって批准されている国際連合宇宙条約では、月の資源使用する権利制限されていないが、国家が月を所有する権利否定しており、これは通常、月の資源所有する権利否定する解釈されている。特に月その他の天体における国家活動を律する協定では、月の資源利用には、「国際的な枠組み」が要求されている。しかしこの協定は、宇宙開発を行う多くの国に批准されている訳ではない

※この「所有権」の解説は、「月の水」の解説の一部です。
「所有権」を含む「月の水」の記事については、「月の水」の概要を参照ください。


所有権(ポゼッション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 09:20 UTC 版)

ラグビーリーグとラグビーユニオンの比較」の記事における「所有権(ポゼッション)」の解説

2つ競技試合大きな違いは、ラグビーリーグラグビーユニオンでは残っているボールの所有権を争ういくつかの機会タックル後、ラック中のグラウンド上、モール中)を規則から取り除いたことである。ボールタッチ出た時、ラグビーユニオンでは所有権はラインアウトによって争われるに対してラグビーリーグではスクラムプレー再開する。所有権の争いそれほど注力しないことは、ラグビーリーグではプレー停止がより少ないことを意味するラグビーリーグでは通常80分の試合時間50分がインプレーであるが、プロラグビーユニオンでは35程度である。ボールがより多くプレーされフィールドカバーするための人数がより少ない(ユニオン15に対してリーグ13人)ため、ラグビーリーグより身体的要求が高いスポーツであることが暗示されてきた。 ユニオンでは、攻撃チーム可能である限りずっとボール保持し、使うことができるのに対して相手攻撃側からボールの所有権を奪うことを目指すリーグでは、各チームは6回までタックルを受けることができ、6回目タックルで所有権が相手引き渡される。さらに、タックル成功するたびに動作止まる(すなわちタックル後にボール争われない)。5回タックル受けた後、攻撃チームは大抵攻撃のためあるいは陣地を得るためにボールを蹴るリーグではボール1対1タックル英語版)の間にのみ争うことができるため、ラグビーユニオンよりもターンオーバー起こ余地小さい。IRBによって委託され研究では、ラグビーユニオンにおいて2002年から2004年間にタックル14回中13回で攻撃チームによって所有権が保持された。コリンズは、ラグビーリーグにおける6回タックルルールは、所有権を争う機会がより少ないにもかかわらず、より均等な所有権の分布実現している、と主張している。どちらの競技おいても攻撃チームボール前方落とす、あるいは前方パスすると所有権を失い守備チームスクラム与えられることとなる。 ユニオンでは、所有権はラインアウトボールタッチ出た後にプレーされる)とスクラム時にも争うことができる。同じ研究では、スクラムボールを持つチーム90パーセント割合ポゼッション再度得るのに対してラインアウトボール投げ入れる側が所有権を再び獲得するのは80パーセントであることが明らとなったリーグにはラインアウトはないが、プレー再開のためにスクラム使用している現代ラグビーリーグではスクラム争われるのは一般的ではなくスクラム与えられたサイドがほぼ常に所有権を得る。所有権はプレー再開するためのハーフウェー22メートルライン(とリーグではゴールラインから)からのキック後にも争うことができる。一般的にリーグプレー再開は、所有権がすばやく必要でない限り大抵はチーム負けていて試合残り時間非常に少ない場合)、距離を得ようとする可能性が高いユニオンプレー再開は、選手空中で所有権を争うことができるように短かく蹴る可能性がより高い。 所有権はどちらの競技でも同じように変わりうる。 ボール相手チーム蹴られた時は、いかなる時でも所有権の変更起こりうるが、ラグビーリーグでは最後6回目)のタックル時にパントを行うのが通常である。 ゴールへのキック失敗した後。ゴールへのキック失敗しボールデッドになるとプレードロップアウトユニオンでは22メートルライン地点リーグでは20メートル)で再開される相手選手パスインターセプト途中で捕まえた)時。 所有権を持つ選手ボール落とし相手選手によってリカバー回収)された時。 選手ボール前方落とすか、前方のパス投げると、相手チームスクラム与えられる一部の場合では、レフリーアドバンテージルールの下で落とされボール拾い上げたチームによってプレー継続するのを許す。 選手反則プレー行ったとすると、相手チームペナルティ与えられボール受け取る。 ラグビーリーグにおいて所有権は多くの固有のやり方変わりうる。 ラグビーリーグでは、ボールアウト・オブ・プレーになった外に出た)時、相手チームスクラム与えられる。もしこれがタッチ直接蹴り出されたとすると、これはボールバック(英語版)と呼ばれボール接触起こった地点スクラム作られるそれ以外では、近年のルール変更の下、タッチ出た地点から20メートル離れた場所スクラム作られるペンバーと40/20キック自陣40メートルより手前から蹴ったボール相手陣の20メートル以内着地した後にタッチに出ること)はこのルール例外である。 1対1タックル試みられたとすると、タックラーレフリーが「held」とコールしていない限り、あるいは攻撃選手地面倒れてタックル成立していない限り攻撃選手からボール合法的に奪うことができる。 所有権を持つチームが6回のタックル受けた時、あるいは6回目タックル攻撃)でノックオン起こった時、自動で所有権が移行起こる。 ラグビーユニオンにおいて所有権は多くの固有のやり方変わりうる。 ラグビーユニオンでは、ボールアウト・オブ・プレーになった外に出た)時、相手チームラインアウト与えられる可能性がある相手チームラグビーユニオンでは、攻撃チームスクラムラインアウトモールラック、あるいはタックルにおいて所有権を失う可能性がある

※この「所有権(ポゼッション)」の解説は、「ラグビーリーグとラグビーユニオンの比較」の解説の一部です。
「所有権(ポゼッション)」を含む「ラグビーリーグとラグビーユニオンの比較」の記事については、「ラグビーリーグとラグビーユニオンの比較」の概要を参照ください。


所有権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/10 14:15 UTC 版)

ハンターストン原子力発電所」の記事における「所有権」の解説

建設から1990年停止まで、南スコットランド電力が所有・運用していた。スコットランド電力事業民営化により、ハンターストン原発の所有権は原子力発電事業を担うスコッティッシュ・ニュークリアに移動した1996年には原子力産業民営化により、発電所の所有権は国有マグノックス・エレクトリック移転した2005年4月原子力廃止措置機関 (NDA) が設立されると所有権がNDA移った。現在はNDAからの委託に基づきマグノックス管理している。

※この「所有権」の解説は、「ハンターストン原子力発電所」の解説の一部です。
「所有権」を含む「ハンターストン原子力発電所」の記事については、「ハンターストン原子力発電所」の概要を参照ください。


所有権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/11 05:12 UTC 版)

エンジニアリングニュース - レコード」の記事における「所有権」の解説

エンジニアサーベイヤー』は1911年にジョン・アレクサンダー・ヒルとヒル・パブリッシング・カンパニーに後継ジャーナル、 エンジニアリング・ニュースを売却したジョージ・H・フロストによって設立された。 『配管工衛生士』はヘンリー・C・メイヤーによって設立された。そして、彼は後継のエンジニアリング・レコードをジェームズ・H・マグロウマグロウ出版社売却1917年Hill死後McGrawは2社を合併してMcGraw-Hill Publishing設立した

※この「所有権」の解説は、「エンジニアリングニュース - レコード」の解説の一部です。
「所有権」を含む「エンジニアリングニュース - レコード」の記事については、「エンジニアリングニュース - レコード」の概要を参照ください。


所有権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 20:47 UTC 版)

ルノホート2号」の記事における「所有権」の解説

ルノホート2号ルナ21号着陸機の所有権は1993年12月ニューヨークサザビーズ競売かけられラボーチキンから68,500ドル売却された。カタログではルナ17号/ルノホート1号間違って記載している購入したのはコンピュータゲーム企業家リチャード・ギャリオットであり、彼は2001年Computer Games Magazine誌(英語版)でのインタビュー私はロシア人達からルノホート21(原文ママ)を購入した私は現在、世界で唯一他の天体上にある物体民間人として所有する者である。国際条約述べところによれば、政府地球以外土地権利主張できないが、私は政府ではない。だから、私はロード・ブリティッシュの名前で月の権利を主張する! と述べている。近年はさらにルノホート2号所有者であることを強く主張している。

※この「所有権」の解説は、「ルノホート2号」の解説の一部です。
「所有権」を含む「ルノホート2号」の記事については、「ルノホート2号」の概要を参照ください。


所有権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 05:32 UTC 版)

文化財返還問題」の記事における「所有権」の解説

返還』という語は、所有側に合法性のある文化財について引き渡すことに用いることは避けられ譲渡引き渡しとされるこの点で日本側が「引き渡し」として譲渡したのに韓国側違法に取得され文化財用いる「返還」だと意図的に誤訳して公式発表した場合のように両国間齟齬生じ場合もある。フランスのように所有権についての争い回避として、図書内容のコピー・デジタル化後に5年ごとに更新する貸与という形式にするやり方もある。

※この「所有権」の解説は、「文化財返還問題」の解説の一部です。
「所有権」を含む「文化財返還問題」の記事については、「文化財返還問題」の概要を参照ください。


所有権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/24 05:54 UTC 版)

インターナショナル・ローンチ・サービス」の記事における「所有権」の解説

ILS1995年ロッキード・マーチンクルニチェフエネルギア民間宇宙飛行パートナーシップとして立ち上げられた。当初はアメリカアトラスVロシアプロトン両方非軍事打ち上げ共同販売行っていた 2006年4月20日100目の打ち上げとなるSES S.A.のSES1KRのアトラスVでの打ち上げが行われ、これまでに100回のうち97回で成功している。 2006年9月ロッキード・マーチンはロッキード・クルニチェフ・エネルギア・インターナショナル社とILS社の所有権をスペース・トランスポート社に売却する意向発表した。この目的遂行するために創業以降3年以上にわたってILSコンサルタント理事会メンバーとして勤めたMario Lemmeによってスペース・トランスポート社が設立された。 ロッキード・マーチンからスペース・トランスポート間の株式移動2006年10月行われたロッキード・マーチン商用アトラスロケット打ち上げマーケティングに関しすべての権利保有しており、世界中市場子会社ロッキード・マーチン商業打ち上げサービス社(LMCLS)を通じアトラスロケット打ち上げ提供を行っているILSは現在はロッキード・マーチン提携していないが、顧客へのプロトン販売継続した取引条件公表されていない。現在、すべてのアトラスVの打ち上げロッキード・マーチンボーイング2006年12月設立したユナイテッド・ローンチ・アライアンス(ULA)がLMCLSとの準契約下で行っている2006年10月クルニチェフ報道官ロッキード・マーチン販売する株式購入する準備ができていると発表したロシア連邦宇宙局報道官ロッキードはスペース・トランスポートに株式売却したにもかかわらずクルニチェフ最終的にその権利手に入れ可能性があるとし、ILSでのプレゼンス高めるためのロシア側の希望表明した。しかし、スペース・トランスポート社は株式売却については否定した2008年5月クルニチェフ社はすべての宇宙輸送権利獲得し、現在ILS最大の権利者となっている。しかし、ILS米国企業の体を保っており、本部バージニア州レストンにおかれ、約60人が働いている

※この「所有権」の解説は、「インターナショナル・ローンチ・サービス」の解説の一部です。
「所有権」を含む「インターナショナル・ローンチ・サービス」の記事については、「インターナショナル・ローンチ・サービス」の概要を参照ください。


所有権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/19 08:11 UTC 版)

C.P. Company」の記事における「所有権」の解説

1984年、オスティはGFT(Gruppo Finanziario Tessile)に株式売却し1994年までブランドスタイリストとして務める。1993年Carlo RivettiSportswear Company買収した2010年にはEnzo FuscoFGF Industry S.P.Aに売却2015年同社知的財産は、香港アパレルグループのTristate Holdings Limited売却される。(SEHK: 458)

※この「所有権」の解説は、「C.P. Company」の解説の一部です。
「所有権」を含む「C.P. Company」の記事については、「C.P. Company」の概要を参照ください。


所有権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/08 04:53 UTC 版)

Amazon Vine」の記事における「所有権」の解説

Amazon Vineメンバー送られすべての商品返品不可である。また、一度申込んだ基本的にキャンセルできない2012年6月12日Amazon Vine 先取りプログラム メンバー参加規約変更より以前は他人への譲渡転売行為禁止とし、レビュー投稿から6ヶ月以上たった商品に関して自由に処分して良いという表記であったが、現在はその記載削除され事実上他人への譲渡転売行為一切認めない方針となっている。現在まで転売譲渡による強制退会執行広報されていない

※この「所有権」の解説は、「Amazon Vine」の解説の一部です。
「所有権」を含む「Amazon Vine」の記事については、「Amazon Vine」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「所有権」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

所有権

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 07:17 UTC 版)

名詞

しょゆうけん

  1. 法令範囲内で、ある特定有体物自由使用収益又は処分することができる権利

発音(?)

しょ↗ゆ↘-けん

関連語

翻訳


「所有権」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



所有権と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



所有権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの所有権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのSupercell (ゲーム会社) (改訂履歴)、ボード・ガシュ・エナジー劇場 (改訂履歴)、グリーン・アンド・ブラックス (改訂履歴)、ユダヤ・ウォッチ (改訂履歴)、オムニ (雑誌) (改訂履歴)、カ・マテ (改訂履歴)、モナーク航空 (改訂履歴)、香港摩天輪 (改訂履歴)、月の水 (改訂履歴)、ラグビーリーグとラグビーユニオンの比較 (改訂履歴)、ハンターストン原子力発電所 (改訂履歴)、エンジニアリングニュース - レコード (改訂履歴)、ルノホート2号 (改訂履歴)、文化財返還問題 (改訂履歴)、インターナショナル・ローンチ・サービス (改訂履歴)、C.P. Company (改訂履歴)、Amazon Vine (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの所有権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS