ヴァイマル憲法とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 法令・規則 > 法令 > ドイツの憲法 > ヴァイマル憲法の意味・解説 

ヴァイマル憲法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 05:47 UTC 版)

ヴァイマル憲法(ヴァイマルけんぽう、ドイツ語: Weimarer Verfassung)は、第一次世界大戦敗北を契機として勃発したドイツ革命によってドイツ帝国が崩壊した後に制定されたドイツヴァイマル共和政)の憲法。憲法典に記されている公式名はドイツ国家憲法Die Verfassung des Deutschen Reichs)。1919年8月11日制定、8月14日公布・施行。ワイマール憲法と表記される場合も多い。


注釈

  1. ^ 第48条:「公共の秩序と安定」が危険にさらされ、国家が憲法の義務を履行できなくなった時、大統領は国軍の援助の下に緊急命令を発出でき、その際に身体の自由、住居不可侵、通信の秘密、言論の自由、集会結社の自由、私有財産の保護の一部または全部を停止することができる。
  2. ^ 現代のポーランド共和国チェコ共和国では単純なドント方式の完全比例代表制が行なわれているが、最低得票率制限が存在するため少数政党の乱立は防止されている。最低得票率制限は、ポーランド共和国では政党5%政党連合7%、チェコ共和国では5%となっている。
  3. ^ ただし、阻止条項については、憲法上の要請ではない。ドイツ連邦共和国発足後もしばらくは連邦議会議員の選挙に阻止条項は適用されていない。

出典

  1. ^ a b c 池田浩士『ドイツ革命:帝国の崩壊からヒトラーの登場まで』 現代書館 2018年、ISBN 978-4-7684-5846-4 pp.201-212.
  2. ^ a b 成瀬治・山田欣吾・木村靖二 編 『ドイツ史』 3巻、山川出版社、1997年、128頁。ISBN 4-634-46140-4 
  3. ^ 『ドイツ史 3』pp.128-129.
  4. ^ a b 『ドイツ史 3』p.129.
  5. ^ タルマン『ヴァイマル共和国』p.30.
  6. ^ a b c d e f g タルマン『ヴァイマル共和国』p.31.
  7. ^ a b c 村田孝雄 & 1972-10, pp. 38.
  8. ^ a b 村田孝雄 & 1972-10, pp. 39.
  9. ^ 村田孝雄 1972, pp. 2.
  10. ^ 村田孝雄 1972, pp. 3.
  11. ^ 南利明 1988, pp. 209.
  12. ^ 南利明 2002, pp. 128.
  13. ^ 南利明 1988, pp. 217–218.
  14. ^ 南利明 1989, pp. 69–70.
  15. ^ 南利明 1989, pp. 70.
  16. ^ 南利明 1989, pp. 97.
  17. ^ 南利明 1989, pp. 94.
  18. ^ 南利明 1988, pp. 108–109.
  19. ^ 南利明 2002, pp. 129.
  20. ^ 南利明 2002, pp. 130.
  21. ^ 南利明 2003, pp. 20.
  22. ^ 村田孝雄 & 1972-10, pp. 45.






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヴァイマル憲法」の関連用語

ヴァイマル憲法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヴァイマル憲法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヴァイマル憲法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS