普通選挙とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > システム > 制度 > 普通選挙の意味・解説 

ふつう‐せんきょ【普通選挙】


普通選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 17:10 UTC 版)

普通選挙(ふつうせんきょ、英語: universal suffrage)とは、ある組織において選挙の際に、若干の例外を除き全ての成人選挙権を行使できる選挙形式を指す[1][2]。対比語は制限選挙など。


  1. ^ Universal suffrage definition and meaning | Collins English Dictionary” (英語). www.collinsdictionary.com. 2018年4月17日閲覧。
  2. ^ Definition of UNIVERSAL SUFFRAGE” (英語). www.merriam-webster.com. 2018年4月17日閲覧。
  3. ^ 総務省|選挙権と被選挙権” (日本語). 総務省. 2018年4月17日閲覧。
  4. ^ “受刑者の選挙権制限は「合憲」 広島高裁:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. https://digital.asahi.com/articles/ASKDN4H8QKDNPITB00T.html 2018年4月17日閲覧。 
  5. ^ 長尾英彦「選挙権の制限」『中京法学』巻1・2号(2004年)。”. 2018年4月17日閲覧。
  6. ^ 知的障害者等の選挙権行使を支援しよう” (日本語). www.dinf.ne.jp. 2018年4月17日閲覧。
  7. ^ 青柳幸一「憲法上の権利としての立候補の権利」『慶應義塾創立125周年記念論文集:慶應法学会法律学関係』1983年10月、65~97頁。引用は、92頁。”. 慶應義塾大学. 2018年4月30日閲覧。
  8. ^ フランス革命期全体でも、男子普通選挙は、一度限りであった
  9. ^ 赤松小三郎「御改正之一二端奉申上候口上書」”. 蚕都上田アーカイブ. 2017年11月5日閲覧。
  10. ^ 『続再夢紀事 第六』日本史籍協会、1922年、pp.245-252
  11. ^ 但し南部再建時代以降の南部では、間接的方法を用いた事実上の人種による制限がなされ、実質的にすべての州で普通選挙が保障されたのは公民権運動後の1965年のことである
  12. ^ それ以前における女性参政権の有無は州・準州ごとに異なる。
  13. ^ 神戸(2005) p.62


「普通選挙」の続きの解説一覧

普通選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/24 06:34 UTC 版)

狭義には財力納税額多寡財産の有無)を選挙人要件としない選挙制度広義には財力人種信条性別など選挙人要件とせず、一定年齢達したすべての国民選挙権与え選挙制度

※この「普通選挙」の解説は、「選挙」の解説の一部です。» 「選挙」の概要を見る


普通選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 07:10 UTC 版)

1928年昭和3年2月第1回普通選挙が行われ、社会主義的活動目だったことから同年3月全国社会主義者共産主義者一斉に検挙した三・一五事件)。この選挙後に、人事もつれから辞意表明した閣僚昭和天皇慰留させ、天皇政局利用した批判され水野文相優諚問題)、貴族院異例の田中首相問責決議可決した

※この「普通選挙」の解説は、「田中義一」の解説の一部です。» 「田中義一」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

普通選挙

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 10:28 UTC 版)

この単語漢字

常用漢字
つう
第二学年
せん
第四学年
きょ
第四学年
音読み 音読み 音読み 音読み

発音

ふ↗つーせ↘んきょ

名詞

普通 選挙

  1. (政治) 財産身分納税額などに制限設けず、一定年齢達した全ての者に選挙権認める制度

類義語

対義語


「普通選挙」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



普通選挙と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

普通選挙のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



普通選挙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの普通選挙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの選挙 (改訂履歴)、田中義一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの普通選挙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS