プロパガンダとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 政治活動 > 宣伝 > プロパガンダの意味・解説 

プロパガンダ

「プロパガンダ」とは、個人集団特定の主義思想・教義行動などに誘導するための政治的意図持った宣伝のことを意味する表現

プロパガンダとは、プロパガンダの意味

プロパガンダ(propaganda)とは、意図をもって特定の主義思想誘導する宣伝戦略のこと。大きな括りでは国家においての思想統制政治活動小さな括りでは宣伝広告広報活動もプロパガンダに含まれる語源ラテン語で、「繁殖する」「種をまく」「挿し木」「接ぎ木」などの意味がある。

プロパガンダの語の由来

プロパガンダの語は、1622年カトリック教会布教において設立された、布教聖省Sacra Congregatio de Propaganda Fide)に由来している。宗教的な思想宣伝し、その思想誘導するための手段として、プロパガンダという概念出来上がった。プロパガンダという語自体は本来、中立的なものであったが、この宣伝活動対立するプロテスタント教会には大い脅威になったため、偏った考え方への誘導情報操作による洗脳といった意味合いを持つようになり、プロパガンダは軽蔑的に使われる語に変わっていった。

プロパガンダの種類、分類

プロパガンダにはホワイトプロパガンダブラックプロパガンダをはじめいくつかの分類がある。ホワイトプロパガンダとは、事実に基づく情報発信源はっきりしているものであるブラックプロパガンダとは、虚偽誇張のある、情報発信源不明、または故意に隠されているものである

プロパガンダと思想統制

思想統制の例は、戦争時国民戦意高めるためにプロパガンダの理念用いた国で多く見られる第一次世界大戦時にはイギリスドイツ、フランスなどで国内外での宣伝活動盛んに行われ第二次世界大戦においては、日本大日本帝国)でも諸外国行われた宣伝活動記録を踏まえ情報操作宣伝行っていた。第二次世界大戦時日本中国ビルマにおいて「ブラック・プロパガンダ・ラジオ」を開局し、虚偽放送大衆操作実行した。この事実効果注目したアメリカは、日本に対するブラック・プロパガンダ研究進め第二次世界大戦末期にはアメリカラジオ日本軍傍受させて情報操作行い軍上層部混乱分裂を招くなど、成果上げている。

プロパガンダとナチス・ドイツ

ナチス・ドイツでは、情報統制組み合わせて大々的なプロパガンダで大衆操作行ったヒトラー要請によりナチ党宣伝全国指導者であったゲッペルス国民啓蒙宣伝大臣兼任したことにより、国家全体宣伝活動組織的に実施されることになったのであるナチスのプロパガンダ重要な役割果たしたのが、書籍新聞ポスター教科書といった旧来のメディアに加えラジオ映画といった、新しメディア利用である。

ナチ党特性ラジオ大量生産され、従来ラジオ四分の一程度価格抑えられたことで、特性ラジオ国民普及した映画においては、映画企業国有化しナチの完全管理下置いたニュース映画本編前に挿入して戦況報道コントロールする一方コメディー映画多く制作し国民意識苦境から逸らしたりナチ目的であるナチ党への忠誠ヒトラーへの崇拝ドイツのナショナリズムを、娯楽利用して効果的に浸透させることに成功している。政治的主張内容単純化しあらゆる媒体繰り返し唱え続けることで、宣伝効果上げたのである

近年におけるプロパガンダ

近年のプロパガンダは、大量の情報手軽にアクセスできる環境にあって情報による方向付けがより容易になっている。最近の例としては、ヘイトスピーチ問題などがある。新聞媒体においては一方的な政治批判糾弾が行われているケースや、対立する団体間で偽情報流し情報操作行っている可能性否定できない可能性について報道されている例もある。このようにプロパガンダにおけるメディアの役割重要なポイントである。

プロパガンダの語の用例、使い方






プロパガンダ

英語:propaganda

「プロパガンダ」とは・「プロパガンダ」の意味

「プロパガンダ」とは・「プロパガンダ」の意味とは何か、と問われ場合一言説明するならば、「宣伝」の2文字集約されるだろう。ただし、商業的な意図を持って行われる「コマーシャル」とは異なり、しばしば特定の主義思想への誘導を行うという政治的な意図込められている場合が多い。政治宣伝呼ばれることもある。

プロパガンダはその手法によって大きく2種類分けられる1つ情報元がはっきりしており、事実に基づいて行われるホワイトプロパガンダ」で、いま1つ情報発信元虚偽含まれていたり、明らかな嘘や誇張に基づいて行われるブラックプロパガンダ」である。なお、喧伝内容真偽不明の情報含まれていたり、情報ソース不明瞭であるプロパガンダのことを、この2種類どちらかに分類するのが困難なことから「グレープロパガンダと呼ぶ

プロパガンダは、自らの勢力やその行動同調するものを増やす敵対勢力同調するものを自らの勢力鞍替えさせる、敵対勢力権威失墜させ支持失わせる、などといったことを最終的な目標に掲げて実行される具体的な手法としては、攻撃対象レッテル貼り行ってネガティブなイメージ植え付ける自らの主張都合の良い事実強調し逆に都合の悪い事実隠蔽する捏造であることを主張する主張する事柄のメリット民衆メリット結びつける主張する事柄世間潮流乗ったものであることを喧伝錯覚させる、などが挙げられる

2つ以上の勢力対立している状態の時、プロパガンダは武器となるが、プロパガンダを展開され対抗勢力からは情報操作洗脳試みているとして非難口実となる。しかし、対抗勢力行動言説について「プロパガンダである」と非難することも、プロパガンダになりうる点は注意すべきであろう

歴史紐解くと、プロパガンダは様々な局面使われてきた。ローマ帝国では建築物皇帝の名を冠することで皇帝権勢民衆知らしめ、フランス革命においてはパンなければケーキを食べればいいじゃない」という言葉マリー・アントワネット発言したという捏造情報王政打倒機運高めた日本でも徳川家康方広寺梵鐘刻まれた「国家安康「君臣豊楽」銘文について「家康に対する呪詛豊臣繁栄を願う意図込められている」との疑義発表し大坂冬の陣開戦ひいては豊臣家滅亡遠因となった

歴史上初めてプロパガンダという言葉用いられたのは、1622年カトリック教会設置した布教聖省の名称「Congregatio de Propaganda Fide」である。ラテン語の「繁殖させる」「種蒔きを行う」という意味言葉である「propaganda」に由来して名付けられた。なお、布教聖省1967年に名称が改められ、現在は「福音宣教省」(Congregatio pro Gentium Evangelisationeとなっている。非カトリック国における宣教福音化、およびそれに伴う諸活動司ることを目的としているが、敵対勢力からはカトリック教会による布教活動に対する反発から「プロパガンダ」という言葉そのもの軽蔑的に用いるようになり、結果として情報操作」や「嘘」ニュアンス多分にむようになったとされている

国家による大規模なプロパガンダの手法はソビエト連邦にて大きく発展するソ連建国の父であるレーニン政治闘争において宣伝扇動政治闘争において不可欠であるとして、自らの正当性アピールしつつ反共勢力糾弾するためのプロパガンダを展開し十月革命成功させた。ボリシェヴィキ政権と、その体制引き継いだソ連共産党政権には人民に対する宣伝機関設置し、この宣伝機関第二次世界大戦および冷戦期において大い活躍することとなる。

一方ナチス政権下ドイツおいてもヨーゼフ・ゲッベルス大臣とする国民啓蒙・宣伝省設置していた。総統であるアドルフ・ヒトラーはプロパガンダの重要性理解しており、演説などにおいてその手腕を発揮するあらゆるメディア国家行事をプロパガンダに利用することで、国民思想コントロールしナチスによる独裁体制維持することに成功したのだ。

「プロパガンダ」の言い回し

以下では、「プロパガンダ」の言い回しについて、代表的な例3つ挙げて解説を行う。

#「プロパガンダ映画」とは
プロパガンダ映画とは、プロパガンダを目的として制作され映画である。主に観客政治的な思想植え付ける目的で制作されるもので、制作国家や軍、政治団体宗教団体直接的あるいは間接的に関わるケースが多い。主にドキュメンタリー形式制作されるが、プロパガンダの性質上、全てノンフィクションとは限らないまた、アニメーション特撮といった形式制作される場合もある。

アクション映画やポリティカルサスペンス映画等において、自衛隊米軍などが撮影協力を行うケースもあるが、これも広義のプロパガンダ映画分類される場合もある。ただし、脚本キャラクター付け政治的な思想含まれているとは限らないため注意が必要である。

#「プロパガンダ手法」とは
プロパガンダ手法とは、プロパガンダに使用される手法のこと。主にマスメディア使用されることが多く太平洋戦争中大日本帝国における大本営発表ナチス・ドイツゲッベルス創刊しデア・アングリフ紙などが代表例である。また、観艦式軍事パレードなどの軍事的な行事オリンピック万国博覧会などといった祭典式典などもプロパガンダに利用されることが多い。21世紀に入ってからは、インターネット利用したプロパガンダが盛んに行われており、SNSによる世論誘導動画投稿サイトにおけるプロパガンダ映像投稿などが見られる一方で中国金盾見られるような、体制側にとって不都合な情報へのアクセス規制についても、プロパガンダ手法一種みなされる場合もある。

#「プロパガンダ戦争」とは
プロパガンダ戦争とは、敵対している2つ以上の勢力が、それぞれ自らの勢力権威アピールしつつ、敵対勢力権威貶める目的でプロパガンダを展開する様相戦争なぞらえた言葉である。代表的な例冷戦期における米国ソビエト連邦の間で繰り広げられ宇宙開発競争で、米ソ両国による技術開発競争であると同時に自らの技術力喧伝するためのプロパガンダ戦争の様相も見せていた。ソ連ガガーリンによる初の有人宇宙飛行優位に立ったが、最終的には米国アポロ計画による月面到達によって、米国勝利という形で決着見た

他の例挙げるならば、同じく冷戦期における東西ドイツのプロパガンダ戦争挙げられる西ドイツは「赤いレンズ」、東ドイツは「黒いチャンネル」というテレビ番組それぞれ放送し互いに相手国ニュース世相に対して批判誹謗中傷を行う形でプロパガンダを行った最終的に1990年東西ドイツ再統一に伴い双方番組存在意義失って放送打ち切られている。

「プロパガンダ」の使い方・例文

以下では、「プロパガンダ」の使い方例文について解説する。プロパガンダは、主にその手法に対する否定的批判的な文脈用いられることが多い。「国民政府のプロパガンダに踊らされている」「あの政党発表した情報はプロパガンダの可能性があるため安易に信用できない」といった形で、プロパガンダという言葉により「情報操作」や「思想統制」を暗に匂わせるニュアンス含ませることが可能である

一方で、本来プロパガンダという語には善悪概念はないため、企業CM広報活動を「コーポレートプロパガンダと呼ぶこともある。しかし、今日では歴史的な経緯などから「公平な意見ではない」「情報操作している」「思想統制を行う意図がある」などの侮蔑的批判的なニュアンスに取られることが多く安易に用いると人間関係悪化トラブルを招くことも想定されるため注意が必要となるだろう。


プロパガンダ【propaganda】

読み方:ぷろぱがんだ

宣伝。特に、ある政治的意図のもとに主義思想強調する宣伝

「プロパガンダ」に似た言葉

プロパガンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/10 14:14 UTC 版)

プロパガンダ: propaganda)は、特定の思想世論意識行動へ誘導する意図を持った行為のことである。


注釈

  1. ^ 詳細は「ナチス・ドイツのプロパガンダ」を参照。
  2. ^ いわゆる「レッテル貼り」のこと。
  3. ^ 人間は本能的に集団から疎外されることを恐れる性質があり、自らの主張が世の中の趨勢であると錯覚させることで引きつけることが出来る。
  4. ^ たとえば愛国心を表象する感情的な転移として国旗を掲げる。
  5. ^ 宣伝相ゲッベルスの言葉とされることが多いが、ゲッベルスの言葉ではない。
  6. ^ 絶対制の国に多いが、イギリスやタイなど立憲制の国にも見られる。日本でも天皇・皇族の動きは扱いの違いこそあれ必ず報じられる。
  7. ^ NHKニュース7に見られる北朝鮮関連報道が特徴的である。
  8. ^ 例としてマクシム・ゴーリキー号など。
  9. ^ 国家が安全保障上の危機を迎える=国内で生活している愛する家族の生存権・生命・健康・財産が脅かされる→家族を守る為にも国家・連邦政府に協力し続けないといけない といった誘導構図になっている。
  10. ^ ただし日本での場合は自発的なものではなく新聞紙法による強制である。
  11. ^ 当時としては最新の特殊技術である。
  12. ^ 25ヵ国語で30ヵ国に向けて発行され、交戦中のアメリカでさえ1942年まで発行されていた。
  13. ^ 日・英・仏・西の4か国語版が有。
  14. ^ 内閣情報部の支援により東方社が発行。一時は日本語を含む16か国語で製作されていた。
  15. ^ 日本国内向けの国策グラフ誌。
  16. ^ 5か国語版が有。
  17. ^ 欧米の著名雑誌『リーダーズ・ダイジェスト』を参考に創刊。日本語版も存在した。
  18. ^ 日本万国博覧会で、ソ連館の入場客に配布された。
  19. ^ 1996年まで発行されていた日本語版は、かつて日本国内にあった朝鮮総連系企業の朝鮮画報社で発行・印刷されていた。
  20. ^ 多くは何らかの公式サイトを偽装したり、全くの第三者を装ったりしている。
  21. ^ 2007年の統一地方選挙の際には、匿名掲示板2ちゃんねるやブログ等で民主党を中傷する捏造情報が大量に書き込まれ、組織的犯行として警察が捜査に乗り出す事態に発展した[23]
  22. ^ 例として中華人民共和国におけるネット検閲タイ王国YouTube接続遮断などがある。
  23. ^ 例としてグーグル爆弾、サジェスト汚染(検索エンジン最適化の亜種)がある。
  24. ^ 「工作活動」と確定しているわけではない。
  25. ^ ただし、商業活動は政治宣伝とは別個に扱われることがほとんどである。
  26. ^ ただし、フランスのフランは自国の偉人、ソ連及びロシアのルーブルは都市が用いられているなど、少なからず例外がある。
  27. ^ 諸外国では候補者の戸別訪問が容認されており、こうした選挙カーの使用は、日本特有のものである。また公職選挙法の規定により、走行中の演説は出来ないので、勢い、党名と人名の連呼だけになる。
  28. ^ 会場が“広場”“公園”なら定員はあって無きが如し。また“来る者拒まず、去る者追わず”の自由参加であることがほとんどなので、その場にいる人数も一定しない。
  29. ^ 特にオリンピックに顕著である。
  30. ^ 元はマルセイユの義勇部隊の隊歌であった。
  31. ^ 兵役は経験済みなのでみな予備役である。
  32. ^ 意志の勝利』、『オリンピア』など。
  33. ^ 『タイタニック』が有名。
  34. ^ ナポレオンに重用され、ナポレオンを讃える作品を多く描いた。
  35. ^ アニメ映画に『フクちゃんの潜水艦』。また、アメリカ軍の宣伝ビラにも無断でキャラクターが使用された。
  36. ^ 太平洋戦争中、アメリカ人画家としてアメリカの対日プロパガンダに参加。
  37. ^ 内閣情報部参与、文芸銃後運動を提唱
  38. ^ 交響曲第2番ロ長調「十月革命に捧げる」』、『交響曲第3番 変ホ長調「メーデー」』など。
  39. ^ 歌謡曲リリー・マルレーンをカバーし、ヨーロッパ戦線の連合軍兵士を慰問した。
  40. ^ オペラ『黒船』、軍歌『燃ゆる大空』などを作曲。軍服姿を好んだため、戦後戦犯論争が起きた。
  41. ^ アニメ映画『桃太郎の海鷲』、『桃太郎 海の神兵』が有名。
  42. ^ ドナルドダックが主人公の短編アニメ映画『総統の顔』は1943年アカデミー短編アニメ賞を受賞した。
  43. ^ アメリカ同時多発テロ事件直後、アメリカでは街じゅうに星条旗が掲げられ、“団結するアメリカ市民”を印象付けた。
  44. ^ 巨大な宮殿パレード用の大通りや広場など。
  45. ^ この他、同国内で広く信奉されている風水術上での問題や日本治世下時代への忌避を背景とした世論の後押しなども挙げられる。
  46. ^ エトワール凱旋門より10m高くなるように建設された。
  47. ^ 東ドイツ建国〜1961年の期間は「スターリンアレー」という名称。戦前のベルリンでの中心繁華街であった「ウンターデン・リンデン通り」に代わる存在かつ旧西ベルリン一の中心繁華街「クーダム通り」への対抗として整備されたが、やがて後に同じ東ベルリン内のフリードリヒ通りにその座を奪われていく
  48. ^ 例としてアメリカ合衆国とソビエト連邦、中華人民共和国、中華民国

出典

  1. ^ a b c d e f g h 松井一洋 2011, pp. 25.
  2. ^ 石井貫太郎 2004, pp. 40.
  3. ^ 今井仙一 1954, pp. 35.
  4. ^ 今井仙一 1954, pp. 40–41.
  5. ^ 今井仙一 1954, pp. 49.
  6. ^ 市民的及び政治的権利に関する国際規約第20条
  7. ^ The Story of Propaganda | AHA”. www.historians.org. 2021年12月30日閲覧。
  8. ^ 松井一洋 2011, pp. 29.
  9. ^ 松井一洋 2011, pp. 29–30.
  10. ^ 松井一洋 2011, pp. 30–31.
  11. ^ The techniques of persuasion 1963
  12. ^ Prophets of deceit 1949
  13. ^ a b 松井一洋 2011, pp. 28.
  14. ^ en:Peter KenezのThe Birth of the Propaganda State;Soviet Methods of Mass Mobilization 1985
  15. ^ 「何をなすべきか」 1902年
  16. ^ 亀田真澄 2011, pp. 71.
  17. ^ 今井仙一 1954, pp. 24.
  18. ^ a b 石井貫太郎 2004, pp. 41.
  19. ^ a b ブログ:間近で見た北朝鮮の軍事パレード - ロイター
  20. ^ ポンソンビー「戦時の嘘 ―戦争プロパガンダが始まった―」(東晃社、1941年)。Arthur Ponsonby"Falsehood in Wartime: Propaganda Lies of the First World War"(Allen and Unwin Pub., 1928),(Paoerback,Legion for the Survival of Freedom, 1991, ISBN 978-0-939484-39-3)ウィキクオート版
  21. ^ 「首相官邸前異状なし、報告すべき件なし」―テレビ報道の劣化 水島朝穂・早稲田大学教授 公式ウェブサイト内「今週の直言」2012年7月2日
  22. ^ 瀬川裕司 「ナチ娯楽映画の世界」 平凡社 ISBN 978-4-582-28238-2
  23. ^ ネット中傷:民主党“標的”10万件 都知事選と参院補選 毎日新聞 2007年4月27日
  24. ^ NHK総合テレビ特報首都圏「ネットの“祭り”が暴走する」、2007年7月6日放送分
  25. ^ Rifkind, Malcolm (2016年8月16日). “How China could switch off Britain's lights in a crisis if we let them build Hinkley C”. デイリー・テレグラフ. https://www.telegraph.co.uk/news/2016/08/16/how-china-could-switch-off-britains-lights-in-a-crisis-if-we-let/ 2021年1月21日閲覧。 
  26. ^ British think tank funded by Japan pushing anti-China campaign into mainstream UK media The Drum 2017年1月29日
  27. ^ 英媒:日本资助英国智库展开反华公关宣传 BBC(中国語)
  28. ^ 米最高裁、リベラル派判事が退任へ 後任は黒人女性か”. BBC (2022年1月27日). 2022年1月28日閲覧。
  29. ^ イリーナ・メーリニコワ「ソヴェート映画に見るモスクワ神話」『言語文化』第2巻第1号(1999年7月)



プロパガンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 00:24 UTC 版)

「文化大革命」記事における「プロパガンダ」の解説

紅衛兵は、街路病院などの名前を、勝手に革命的」なものに変更して回った例えば、ソ連大使館があった揚威路は「反修(反修正主義)路」、アメリカ資金建設され協和医院中国語版)は「反帝反帝国主義医院」など。標識撤去できなかったために変名免れた道路もある。 文革中の中華人民共和国切手は「文革切手」と呼ばれ毛沢東語録中心とする革命的題材埋め尽くされスポーツ関係記念切手肝心のスポーツ場面が全くなくプロパガンダに終始していたこともあった。元々発行数少なかった上に当時切手収集禁じられていたこと、ほとんどの国と国交断っていた関係で外国へ郵便少なかったことから現存数は少ないとされる。現在中華人共和国では切手収集家増加しており、この時代切手高値付いている。なお、この当時発行された全国山河は赤一色」という切手赤く塗られ中国地図図案となっていたが、中華民国実効支配する台湾だけが塗り漏れにより白くなっていた。郵政当局大慌て回収したものの、実際に発売され切手があり、2009年にはオークション日本円で4300万円という中国切手では破格の高値落札された。 四川省にある麻婆豆腐発祥の店として知られる麻婆飯店」は封建的であるとして「麻辣飯店」と改名強要された。また、北京ダックの「全聚徳」も「北京烤鴨店」と改名された。 宋任窮の娘で北京師範大学女子附属中在学中宋彬彬1966年8月18日紅衛兵大集会毛沢東紅衛兵腕章をつけたが、その際毛に「礼儀正しいだけではいけない(彬という字には礼儀正しいという意味もある)、武も必要だ」と指摘され二日後の光明日報に「私は毛主席赤い腕章をつけてさしあげた」(我給毛主席戴上了紅袖章)と題する署名文章発表し、「宋要武」と改名したことを明らかにした。人民日報など他のメディアは宋の文章次々に転載放送し、このことは文革開始期の風潮象徴するエピソードとして広く伝えられた(文革終結後宋彬彬宋要武改名したことは一度もなく、光明日報記者取材受けた文章自分書いたものではないと、ドキュメント映画八九点鐘太陽」(Morning Sun) 中のインタビュー述べている)。 音楽など芸術迫害対象となった中国各地芸術学校教員つるし上げ対象となり、研究完全にストップした国内では党のプロパガンダに沿った作品しか演奏上映できず、迫害対象となったモダニズムなどの数多く作品破壊された外国の作品取り上げることはできなかった。

※この「プロパガンダ」の解説は、「文化大革命」の解説の一部です。
「プロパガンダ」を含む「文化大革命」の記事については、「文化大革命」の概要を参照ください。


プロパガンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 01:30 UTC 版)

日本人戦争捕虜尋問レポート No.49」の記事における「プロパガンダ」の解説

慰安婦たちは宣伝ビラ放送のことは知らなかったし、ビラ日本語書かれていたため兵士読んで理解できなかった。慰安婦たちは兵士手にしていた宣伝ビラ2、3見たことはあったが、それは日本語書かれていたし、兵士それについて決し話そうとはしなかったので内容理解できた慰安婦はほとんどいなかった。また、一人慰安婦丸山大佐についてのビラ覚えていたが内容信じなかった。興味深い点としては、ある将校が「日本はこの戦争勝てない」との見解述べたことが注目される

※この「プロパガンダ」の解説は、「日本人戦争捕虜尋問レポート No.49」の解説の一部です。
「プロパガンダ」を含む「日本人戦争捕虜尋問レポート No.49」の記事については、「日本人戦争捕虜尋問レポート No.49」の概要を参照ください。


プロパガンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/23 02:16 UTC 版)

ポスター」の記事における「プロパガンダ」の解説

思想信条大衆浸透させるために、プロパガンダポスターとして掲示される

※この「プロパガンダ」の解説は、「ポスター」の解説の一部です。
「プロパガンダ」を含む「ポスター」の記事については、「ポスター」の概要を参照ください。


プロパガンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 02:17 UTC 版)

ソビエト連邦」の記事における「プロパガンダ」の解説

ソビエト連邦のプロパガンダは現代の手法を先駆けるものであり、ソ連世界初宣伝国家呼ばれるen:Peter KenezのThe Birth of the Propaganda State;Soviet Methods of Mass Mobilization 1985)。映画ではレーニンの「すべての芸術の中で、もっとも重要なものは映画である」との考えから世界初国立映画学校作られセルゲイ・エイゼンシュテインモンタージュ編み出したことにより、当時としては極めて斬新なものになり、その精巧さは各国著名な映画人や、後にナチス政権下ドイツの宣伝相となるヨーゼフ・ゲッベルス絶賛させた。宣伝映画地方上映できるよう、移動可能な映写設備として映画館備えた列車船舶航空機製造活用された(例:マクシム・ゴーリキー号)。看板ポスターではロシア・アヴァンギャルドから発展した力強構図強烈なインパクトフォトモンタージュ生まれ、これは世界各国でしきりに使われた。 特にバベルの塔にも例えられる世界最大高層の超巨大建築物を目指したソビエト・パレス後世建築家だけでなく、形態的にはイタリアドイツ日本など建築大きな影響与えた日本でもソビエト・パレス計画見て丹下健三建築家目指す至った当時世界一高い建造物であったオスタンキノ・タワー完成させた。スターリンモスクワニューヨークのような摩天楼にするため、スターリン様式建物多く建設したソ連のプロパガンダはイワン・パヴロフレフ・ヴィゴツキーなどの心理学者理論に基づいていた点で先的だった評するものもいる。ほかにもボリス・ロージングブラウン管使ったテレビ世界で初め発案するなど、テレビ研究活発だった

※この「プロパガンダ」の解説は、「ソビエト連邦」の解説の一部です。
「プロパガンダ」を含む「ソビエト連邦」の記事については、「ソビエト連邦」の概要を参照ください。


プロパガンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 01:52 UTC 版)

ナチス・ドイツの軍事」の記事における「プロパガンダ」の解説

ドイツにおける戦時プロパガンダは、国民啓蒙・宣伝省大臣後に総力戦総監ドイツ語: Generalbevollmächtigten für den totalen Kriegseinsatz)となったヨーゼフ・ゲッベルスによって実行された。1943年2月18日ゲッベルス演説は「総力戦演説」と呼ばれ国民国家総力戦への決意促すものであったこれらのうち連合国占領地国民非正規戦呼びかけたヴェアヴォルフ部隊や、ドイツ南部要塞地帯存在するという情報アルプス国家要塞)は連合国の戦略大きな影響与えた。 また国防軍独自に国防軍リポートドイツ語版)」と呼ばれるラジオ放送によって戦況国民伝えていたが、この放送にも宣伝省関与していた。また雑誌シグナル』は宣伝省管轄ではなかったが、多くの写真載せ枢軸国民に国防軍戦力を示す一助となった。 対連合国プロパガンダではラジオ放送利用された。ラジオ放送関係者としては「ドイツの呼び声英語版)」で対英プロパガンダを行ったホーホー卿ウィリアム・ジョイス知られている

※この「プロパガンダ」の解説は、「ナチス・ドイツの軍事」の解説の一部です。
「プロパガンダ」を含む「ナチス・ドイツの軍事」の記事については、「ナチス・ドイツの軍事」の概要を参照ください。


プロパガンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 14:23 UTC 版)

国民社会主義ドイツ労働者党」の記事における「プロパガンダ」の解説

詳細は「ナチスのプロパガンダを参照 党は多くの機関紙雑誌発刊し選挙戦術や国内統制利用したまた、党幹部グループそれぞれの新聞や雑誌発売し、その総数調査によってもはっきりしなかった。中心となったのはヒトラーが自ら買収交渉参加したこともあるフェルキッシャー・ベオバハターであり、1926年から1930年にかけては他の新聞や雑誌十分に機能していたとは言えなかった。 1930年躍進以前は新聞状況苦しく発行費や配達費を捻出するため苦労したり、相互で争うこともあった。幹部一人ユリウス・シュトライヒャーは、自ら発行する新聞シュテュルマー発刊するため、同じく幹部ゴットフリート・フェーダー新聞への妨害行い廃刊追い込んでいる。また幹部同士争いが各新聞紙上行われることもあった。 1930年選挙による大躍進以降は発行部数種類ともに大幅に増加している。同時代には1932年3月時点で120ナチス定期刊行物挙げられているが、戦後にペーター・シュタインが行った調査では、同時期のものとして159新聞挙げられている。 ナチス党のプロパガンディストとして最も知られているのがヨーゼフ・ゲッベルスである。ゲッベルスは「ボリシェヴィキどもからは、とくにそのプロパガンダにおいて、多くを学ぶことができる。」と日記記しており、政敵共産党の手法を利用し、かつそれを凌駕する規模行った戸別訪問、党専属楽団膨大な量のビラ・ポスターの配布や、対立する政治家に対す猛烈なネガティブ・キャンペーンラジオ利用した政見放送航空機利用した遊説旅行、町の壁を埋め尽くすポスター等は他党のそれを上まわる強烈なインパクト与えた。また娯楽中にさりげなく党の宣伝織り交ぜる手法宣伝効果浸透させる手法用いている。 宣伝全国指導者であったゲッベルス1927年首都ベルリン新聞デア・アングリフ』紙を発刊した。この新聞は『フェルキッシャー・ベオバハター』と同じくプロパガンダとして成功した珍しい例である。新聞他の新聞他の政党大きな活字口汚く罵るもので、攻撃され新聞反論記事書けば書くほど、ナチス宣伝になってしまう効果もあったため、わざと讒言他紙を「釣る」ことすらあった。また、時にはテロに訴えることもあった。1930年2月23日党員ホルスト・ヴェッセル共産党員アルブレヒト・ヘーラー(de:Albrecht Höhler)に暗殺されるが、ゲッベルスヴェッセル殉教者祭り上げ盛大な葬儀行って共産党に対する憎悪煽り立てた。ヴェッセル作詞した旗を高く掲げよ」は、最も著名なナチ党党歌として知られる1932年にはナチス新聞78万部発行していた。 さらにナチ党政府権力用いた言論統制や、退廃芸術等に見られるような価値観統一政策、「強制的同一化」に乗りだしている。1933年3月には国民啓蒙・宣伝省設置されゲッベルスが国啓蒙宣伝大臣任命された。政権獲得後1933年にはナチス新聞の発行部数319万部にのぼり、さらに他の新聞や雑誌次々とナチス支配下に置かれた。ただし幹部同士新聞紙上で争うことは続いており、ゲッベルスも対応を行うことを検討している

※この「プロパガンダ」の解説は、「国民社会主義ドイツ労働者党」の解説の一部です。
「プロパガンダ」を含む「国民社会主義ドイツ労働者党」の記事については、「国民社会主義ドイツ労働者党」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「プロパガンダ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「プロパガンダ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



プロパガンダと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プロパガンダ」の関連用語

プロパガンダのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プロパガンダのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプロパガンダ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの文化大革命 (改訂履歴)、日本人戦争捕虜尋問レポート No.49 (改訂履歴)、ポスター (改訂履歴)、ソビエト連邦 (改訂履歴)、ナチス・ドイツの軍事 (改訂履歴)、国民社会主義ドイツ労働者党 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS