上映とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > > 上映の意味・解説 

じょう‐えい〔ジヤウ‐〕【上映】

読み方:じょうえい

[名](スル)映画うつして観客見せること。「話題作が―される」「好評―中」


映写

(上映 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/20 12:20 UTC 版)

映写(えいしゃ、projection)とは、写真映画スクリーンに映すことである。特に、映画を映画館などで公に写すことを上映(じょうえい)という。ここでは、映写を行うのに必要な映写装置と、それを扱う映写技師についても述べる。






「映写」の続きの解説一覧

上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/09 06:18 UTC 版)

戦場と二人のドクター」の記事における「上映」の解説

戦場と二人のドクター」は複数の国にて映画館公開されており、12月25日ブラジル12月26日オーストラリアデンマーク12月27日から28日にかけてアメリカ合衆国とカナダ公開された映画館での公開ではエピソード舞台裏映像や、ピーター・カパルディスティーヴン・モファット任期を祝う特別映像上映された。 日本では放送こそされていないが、2018年4月19日Huluで「戦場と二人のドクター」の独占配信開始された。

※この「上映」の解説は、「戦場と二人のドクター」の解説の一部です。
「上映」を含む「戦場と二人のドクター」の記事については、「戦場と二人のドクター」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/23 09:07 UTC 版)

ゆずの葉ゆれて」の記事における「上映」の解説

地元鹿児島市では2016年8月2日天文館シネマパラダイス完成披露試写会が行われ、キャスト松原智恵子山時聡真主題歌歌った奄美大島在住歌手元ちとせ神園浩司監督舞台挨拶行った2016年8月20日全国公開初日東京有楽町スバル座神園浩司監督松原智恵子山時聡真辻本祐樹中村美沙らによる舞台挨拶がおこなれ、立ち見がでるほとの盛況となったまた、8月21日には、鹿児島市天文館シネマパラダイスで、神園浩司監督山時聡真地元出演者らによる公開記念舞台挨拶が行われた。

※この「上映」の解説は、「ゆずの葉ゆれて」の解説の一部です。
「上映」を含む「ゆずの葉ゆれて」の記事については、「ゆずの葉ゆれて」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/26 16:12 UTC 版)

センコロール」の記事における「上映」の解説

センコロール』は2009年7月28日カナダファンタジア映画祭で英語字付きワールドプレミア上映された。日本では2009年8月22日東京のテアトルダイヤと大阪テアトル梅田それぞれ上映された。アメリカ合衆国では2009年9月25日ニューヨーク・アニメ・フェスティバルで英語字付き公開された

※この「上映」の解説は、「センコロール」の解説の一部です。
「上映」を含む「センコロール」の記事については、「センコロール」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/18 15:30 UTC 版)

別に、友達とかじゃない」の記事における「上映」の解説

シネマテークたかさき(群馬県)にて、2021年3月27日4月2日まで上映。

※この「上映」の解説は、「別に、友達とかじゃない」の解説の一部です。
「上映」を含む「別に、友達とかじゃない」の記事については、「別に、友達とかじゃない」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/18 08:54 UTC 版)

人魚姫 (2016年の映画)」の記事における「上映」の解説

2016年2月8日中国公開された公開11日後には、中国歴代興行収入の第1位記録したアメリカ合衆国では2016年2月19日公開された日本では2017年1月7日公開された

※この「上映」の解説は、「人魚姫 (2016年の映画)」の解説の一部です。
「上映」を含む「人魚姫 (2016年の映画)」の記事については、「人魚姫 (2016年の映画)」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/21 18:22 UTC 版)

ダゲレオタイプの女」の記事における「上映」の解説

2016年9月11日第41回トロント国際映画祭プラットフォーム部門にて、本作ワールド・プレミア上映が行われた。日本では9月15日ヒューマントラストシネマ渋谷プレミア上映が行われて、10月15日一般公開された。9月24日から10月28日までのあいだ、本作公開記念したフランス幻想怪奇映画特集」がアンスティチュ・フランセ東京にて開催された。10月8日第21回釜山国際映画祭ガラプレゼンテーション部門にて上映された。同映画祭では、黒沢清のハンドプリンティング(手形取り)も行われており、これは日本人映画監督としては北野武今村昌平鈴木清順若松孝二に続く5人目のことである。10月27日第29回東京国際映画祭Japan Now部門にて上映された。

※この「上映」の解説は、「ダゲレオタイプの女」の解説の一部です。
「上映」を含む「ダゲレオタイプの女」の記事については、「ダゲレオタイプの女」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 08:18 UTC 版)

イット・フォローズ」の記事における「上映」の解説

2014年5月17日第67回カンヌ国際映画祭の「批評家週間部門にて上映された。アメリカ合衆国では、2015年3月13日一般公開された。

※この「上映」の解説は、「イット・フォローズ」の解説の一部です。
「上映」を含む「イット・フォローズ」の記事については、「イット・フォローズ」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 09:15 UTC 版)

団地 (映画)」の記事における「上映」の解説

2016年5月26日本作完成披露試写が行われた。6月4日一般公開された。

※この「上映」の解説は、「団地 (映画)」の解説の一部です。
「上映」を含む「団地 (映画)」の記事については、「団地 (映画)」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/30 10:09 UTC 版)

暗号名 黒猫を追え!」の記事における「上映」の解説

日本共産党機関紙しんぶん赤旗」の社会部は、地方自治体後援取り付けて各地上映会開き、券は統一教会員が「アフリカ難民募金」を称するインチキ募金などとセットにして売り歩いた述べている。 2008年9月東京渋谷名画座シネマヴェーラで開催されるカルト映画特集」において、ようやく映画館の上映が実現した

※この「上映」の解説は、「暗号名 黒猫を追え!」の解説の一部です。
「上映」を含む「暗号名 黒猫を追え!」の記事については、「暗号名 黒猫を追え!」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/07 07:49 UTC 版)

追悼のざわめき」の記事における「上映」の解説

1988年中野武蔵野ホールにて公開される以後2004年閉館まで、同館毎年5月上映されていた。本作は、同館最高の観客動員数記録打ち立てた一方激し論争起こした2007年には、デジタル・リマスター版が日全国上映された。

※この「上映」の解説は、「追悼のざわめき」の解説の一部です。
「上映」を含む「追悼のざわめき」の記事については、「追悼のざわめき」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/12 22:32 UTC 版)

HOMESICK」の記事における「上映」の解説

2012年9月27日第34回ぴあフィルムフェスティバル上映された。

※この「上映」の解説は、「HOMESICK」の解説の一部です。
「上映」を含む「HOMESICK」の記事については、「HOMESICK」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/09 17:57 UTC 版)

約束 (ドクター・フーのエピソード)」の記事における「上映」の解説

「約束」テレビでの放送後、アメリカ合衆国2017年4月17日19日映画館上映された。「約束」の上映の後はスピンオフシリーズ『CLASS/クラス』第1話命がけプロム英語版)」とパール・マッキー舞台裏映像、そしてシリーズを通して彼女の旅の様子が上映された。 オーストラリアでは2017年4月16日ボーナス映像 "Becoming The Companion" と共に上映された。

※この「上映」の解説は、「約束 (ドクター・フーのエピソード)」の解説の一部です。
「上映」を含む「約束 (ドクター・フーのエピソード)」の記事については、「約束 (ドクター・フーのエピソード)」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/26 09:46 UTC 版)

螺旋銀河」の記事における「上映」の解説

2014年3月12日第9回大阪アジアン映画祭のインディ・フォーラム部門にてプレミア上映される2015年9月26日より一般公開される。

※この「上映」の解説は、「螺旋銀河」の解説の一部です。
「上映」を含む「螺旋銀河」の記事については、「螺旋銀河」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 07:56 UTC 版)

ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY」の記事における「上映」の解説

当初は2014年8月1日より8月31日までTOKYO DOME CITY HALLにて限定公開予定だったが、2014年7月13日チケット発売されたところ、約25万枚チケット2日間で完売ファンからの要望多かったため、東京・大阪での公開のみだった前2作より範囲拡大し札幌名古屋福岡での地方拡大公開決定した東京TOKYO DOME CITY HALL2014年8月1日 - 31日北海道Zepp Sapporo2014年10月28日 - 11月2日福岡都久志会館ホール2014年11月3日 - 8日大阪シアターBRAVA!2014年11月5日 - 19日名古屋名古屋国際会議場センチュリーホール2014年12月20日21日5大都市合計で約36万人動員予定

※この「上映」の解説は、「ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY」の解説の一部です。
「上映」を含む「ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY」の記事については、「ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/16 12:46 UTC 版)

星の妖精と出会えた奇跡」の記事における「上映」の解説

2014年11月1日より2015年1月12日まで、期間中毎週18時20時30分毎に上映。

※この「上映」の解説は、「星の妖精と出会えた奇跡」の解説の一部です。
「上映」を含む「星の妖精と出会えた奇跡」の記事については、「星の妖精と出会えた奇跡」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/05 15:43 UTC 版)

アイ・ソー・ザ・ライト (映画)」の記事における「上映」の解説

2015年9月11日第40回トロント国際映画祭にてプレミア上映された。アメリカ合衆国では、2016年3月25日一般公開された。

※この「上映」の解説は、「アイ・ソー・ザ・ライト (映画)」の解説の一部です。
「上映」を含む「アイ・ソー・ザ・ライト (映画)」の記事については、「アイ・ソー・ザ・ライト (映画)」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/23 09:57 UTC 版)

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」の記事における「上映」の解説

2016年2月16日第66回ベルリン国際映画祭にてプレミア上映が行われた。アメリカ合衆国では6月10日公開された

※この「上映」の解説は、「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」の解説の一部です。
「上映」を含む「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」の記事については、「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/03 02:18 UTC 版)

親密さ」の記事における「上映」の解説

2012年7月28日、「濱口竜介レトロスペクティヴ」にて上映される2013年5月25日よりポレポレ東中野にて2週間単独でロードショー2013年11月13日第35回ぴあフィルムフェスティバル上映される

※この「上映」の解説は、「親密さ」の解説の一部です。
「上映」を含む「親密さ」の記事については、「親密さ」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/10 14:25 UTC 版)

人のくらしの百万年 マニ・マニ・マーチ」の記事における「上映」の解説

劇場公開1968年12月19日の『東映ちびっこまつり』内で公開された同時上映は『ピノキオの宇宙大冒険』『ガンマー第3号 宇宙大作戦』『河童の三平 妖怪大作戦』の3本

※この「上映」の解説は、「人のくらしの百万年 マニ・マニ・マーチ」の解説の一部です。
「上映」を含む「人のくらしの百万年 マニ・マニ・マーチ」の記事については、「人のくらしの百万年 マニ・マニ・マーチ」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/11 01:19 UTC 版)

ザ・ギフト (2003年の映画)」の記事における「上映」の解説

2003年2月12日第53回ベルリン国際映画祭にて上映された。そのほか100以上の映画祭上映されている。

※この「上映」の解説は、「ザ・ギフト (2003年の映画)」の解説の一部です。
「上映」を含む「ザ・ギフト (2003年の映画)」の記事については、「ザ・ギフト (2003年の映画)」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/08 04:51 UTC 版)

アンドレとウォーリーB.の冒険」の記事における「上映」の解説

本作1984年7月25日ミネアポリス開催されSIGGRAPHにて初め上映された。ただし、この時上映されたものは一部シーン未完成で完成版同年8月17日トロント上映された。

※この「上映」の解説は、「アンドレとウォーリーB.の冒険」の解説の一部です。
「上映」を含む「アンドレとウォーリーB.の冒険」の記事については、「アンドレとウォーリーB.の冒険」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/04 02:02 UTC 版)

ジェーン (映画)」の記事における「上映」の解説

2015年アメリカ合衆国先駆けてフランスでプレミア上映が予定されていた。しかし、パリ同時多発テロ事件発生を受けて11月14日予定されていた記者会見11月15日予定されていたプレミア上映は中止することになった2016年1月24日パリでプレミア上映が行われた。同年1月29日アメリカ合衆国公開された

※この「上映」の解説は、「ジェーン (映画)」の解説の一部です。
「上映」を含む「ジェーン (映画)」の記事については、「ジェーン (映画)」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/09 14:30 UTC 版)

リヴァーソングの夫」の記事における「上映」の解説

リヴァーソングの夫」はロシア、ウクライナ、ベラルーシカザフスタン2015年12月25日から2016年1月25日まで、アメリカ合衆国12月28日29日映画館上映された。上映の際にアレックス・キングストンへのインタビュー舞台裏映像公開された

※この「上映」の解説は、「リヴァーソングの夫」の解説の一部です。
「上映」を含む「リヴァーソングの夫」の記事については、「リヴァーソングの夫」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 16:19 UTC 版)

海を駆ける」の記事における「上映」の解説

2018年5月7日東京都テアトル新宿にて完成披露上映会が行われた。

※この「上映」の解説は、「海を駆ける」の解説の一部です。
「上映」を含む「海を駆ける」の記事については、「海を駆ける」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 05:48 UTC 版)

ピートと秘密の友達」の記事における「上映」の解説

2016年8月8日ロサンゼルスのエル・キャピタン・シアターにてプレミア上映が行われた。アメリカ合衆国では8月12日一般公開された。日本では12月23日公開された

※この「上映」の解説は、「ピートと秘密の友達」の解説の一部です。
「上映」を含む「ピートと秘密の友達」の記事については、「ピートと秘密の友達」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 01:22 UTC 版)

チャイルド44 森に消えた子供たち」の記事における「上映」の解説

ロシアでは、公開予定日前日にあたる2015年4月15日に、上映の中止発表された。この決定配給会社のセントラル・パートナーシップと共に下したロシア文化省は、第二次世界大戦直後ソビエト連邦舞台とした本作について史実歪めている」と非難したアメリカ合衆国では、2015年4月17日公開された

※この「上映」の解説は、「チャイルド44 森に消えた子供たち」の解説の一部です。
「上映」を含む「チャイルド44 森に消えた子供たち」の記事については、「チャイルド44 森に消えた子供たち」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/03 08:54 UTC 版)

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」の記事における「上映」の解説

2016年9月5日ロンドンにて本作プレミア上映が行われた。イギリスアメリカ合衆国では9月16日公開されたフランスでは10月5日公開された

※この「上映」の解説は、「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」の解説の一部です。
「上映」を含む「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」の記事については、「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/06 05:39 UTC 版)

ちづる (映画)」の記事における「上映」の解説

指導した池谷高い評価もあり、赤﨑後輩たちが上映委員会組織し劇場公開進められることとなった監督した赤﨑は、当初家族の姿を不特定多数観客にさらすことには抵抗感もあったという。 「妹は意外とカワイイかも」とコピーつけられた『ちづる』は、2011年10月29日から、ポレポレ東中野横浜ニューテアトル劇場公開された。 『ちづる』は、公開直後の「ぴあ」による映画満足度ランキングで、三谷幸喜監督の『ステキな金縛り』や、アニメ映画 スイートプリキュア♪』を抑え1位をとった。

※この「上映」の解説は、「ちづる (映画)」の解説の一部です。
「上映」を含む「ちづる (映画)」の記事については、「ちづる (映画)」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 02:23 UTC 版)

シャニダールの花」の記事における「上映」の解説

2013年4月18日ヒューマントラストシネマ渋谷にて完成披露試写会が行われた。7月4日テアトル新宿にて先行上映会が行われた。7月20日全国12スクリーン一般公開された。

※この「上映」の解説は、「シャニダールの花」の解説の一部です。
「上映」を含む「シャニダールの花」の記事については、「シャニダールの花」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 01:16 UTC 版)

MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間」の記事における「上映」の解説

ニューヨーク映画祭クロージング作品として、2015年10月10日本作プレミア上映が行われた。アメリカ合衆国では2016年4月1日一般公開された。公開第1週週末は4スクリーン122,751ドル、1スクリーンあたり30,688ドル興行収入記録している。

※この「上映」の解説は、「MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間」の解説の一部です。
「上映」を含む「MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間」の記事については、「MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 00:53 UTC 版)

ブルーに生まれついて」の記事における「上映」の解説

2015年9月13日第40回トロント国際映画祭にて上映された。2016年3月11日カナダ一般公開された。イギリスでは、2016年7月25日一般公開された。

※この「上映」の解説は、「ブルーに生まれついて」の解説の一部です。
「上映」を含む「ブルーに生まれついて」の記事については、「ブルーに生まれついて」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 04:15 UTC 版)

イレブン・ミニッツ」の記事における「上映」の解説

2015年9月9日第72回ヴェネツィア国際映画祭にて上映された。ポーランドでは10月23日公開されアイルランドでは12月4日公開された

※この「上映」の解説は、「イレブン・ミニッツ」の解説の一部です。
「上映」を含む「イレブン・ミニッツ」の記事については、「イレブン・ミニッツ」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 06:22 UTC 版)

ディストラクション・ベイビーズ」の記事における「上映」の解説

2016年4月21日本作完成披露上映会が行われた。5月21日全国一般公開された。

※この「上映」の解説は、「ディストラクション・ベイビーズ」の解説の一部です。
「上映」を含む「ディストラクション・ベイビーズ」の記事については、「ディストラクション・ベイビーズ」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 03:02 UTC 版)

アバター (2009年の映画)」の記事における「上映」の解説

2009年12月10日ロンドンプレミア上映され12月16日から18日にかけて全世界劇場公開された。当初撮影中の2009年5月22日公開される予定だったが、ポストプロダクション時間をかけ、世界中映画館3Dプロジェクター設置するための時間確保するために延期された。 キャメロン監督は、この映画アスペクト比3D上映では1.78:1、2D上映では2.39:1の映像抽出する述べていた。 しかし、3Dの2.39:1の映像は、コンスタント・イメージ・ハイト・スクリーン(2.39:1の映画表示するために幅を広げるスクリーン)での使用承認された。 12月16日ドイツ行われた3Dプレビュー上映では、映画デジタル著作権管理の「保護システム故障し配信され一部コピー映画館で全く見ることができなかった。この問題はパブリックプレミアに間に合うように修正された『アバター』アメリカで合計3,457館で公開されそのうち2,032館で3D上映が行われた。アバター』の前売り券総売上90%は3D上映のものだった国際的には、『アバター』106地域14,604スクリーン公開されそのうち3,671スクリーン3D上映された(最初の週末興行収入56%を生み出した)。 この映画IMAX 3Dフォーマットでも同時に公開され12月18日米国178劇場で公開された国際的なIMAX公開では、12月16日から58劇場含まれており、今後数週間でさらに25劇場追加されることになっていた。IMAX公開は、同社これまでの最大規模であり、全世界で合261劇場があった。それまでIMAX記録的なオープニングは『ハリー・ポッターと謎のプリンス』で、全米161IMAXシアター公開され海外では70IMAXシアター公開された2021年3月21日中国再上映別版として大規模上映された。新型コロナウイルスによる影響から、映画館観客を戻す施策の一つとして公開された

※この「上映」の解説は、「アバター (2009年の映画)」の解説の一部です。
「上映」を含む「アバター (2009年の映画)」の記事については、「アバター (2009年の映画)」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 06:27 UTC 版)

2つ目の窓」の記事における「上映」の解説

2014年6月23日に、衛星放送 WOWOW同作放映した有料CS放送とはいえ一般公開前にテレビで放映するのは異例また、撮影地奄美大島では全国公開先駆けて7月12日から上映が始まり龍郷町などの上映会では河瀨監督らによる舞台挨拶がおこなれた

※この「上映」の解説は、「2つ目の窓」の解説の一部です。
「上映」を含む「2つ目の窓」の記事については、「2つ目の窓」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 02:24 UTC 版)

チェ (映画)」の記事における「上映」の解説

カンヌの上映後、ソダーバーグそれぞれのフィルムから5分から7分のシーンカットしたその後第46回ニューヨーク映画祭第33回トロント国際映画祭でも15分休憩挟んで上映された。2008年11月1日アメリカ映画協会フェスティバルの一環としてグローマンズ・チャイニーズ・シアター行われたロサンゼルス・プレミアでは、チケット完売したチェ・ゲバラ故郷アルゼンチンでも2008年11月上映されたが、首都ブエノスアイレスでは、チェ扮しデル・トロ巨大なポスターそこかしこ貼られた。 2008年12月キューバ首都ハバナ行われる第30回ラテンアメリカ国際映画祭通称ハバナ映画祭 (Festival Internacional del Nuevo Cine Latinoamericano de La Habana) で、ヤラ映画館12月6日)とカール・マルクス劇場12月7日)の両日、2作とも上映されている。キューバ外相フェリペ・ペレス・ロケによると、キューバとの交易断っているアメリカ政府キューバでの撮影許可下ろさなかったために、撮影スペインボリビア行われたという。 日本公開に際してはスタジオジブリ鈴木敏夫が「ゲバラのいない時代不幸だ。だがゲバラ存在必要な現代の方が、ずっと不幸だ」と「賛辞」を寄せた

※この「上映」の解説は、「チェ (映画)」の解説の一部です。
「上映」を含む「チェ (映画)」の記事については、「チェ (映画)」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 13:46 UTC 版)

ザ・ギフト (2015年の映画)」の記事における「上映」の解説

2015年7月30日ロサンゼルスにて本作プレミア上映が行われた。アメリカ合衆国では、同年8月7日に2,503館で公開された初週統計によると、観客大半25歳上であり、53%が女性であった

※この「上映」の解説は、「ザ・ギフト (2015年の映画)」の解説の一部です。
「上映」を含む「ザ・ギフト (2015年の映画)」の記事については、「ザ・ギフト (2015年の映画)」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 04:03 UTC 版)

CUTIE HONEY -TEARS-」の記事における「上映」の解説

2016年9月15日新宿バルト9にて完成披露上映会が行われ、同年10月1日一般公開された。

※この「上映」の解説は、「CUTIE HONEY -TEARS-」の解説の一部です。
「上映」を含む「CUTIE HONEY -TEARS-」の記事については、「CUTIE HONEY -TEARS-」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/18 02:28 UTC 版)

鏡の女たち」の記事における「上映」の解説

2002年5月23日第55回カンヌ国際映画祭にて上映された。日本では2003年4月5日一般公開された。

※この「上映」の解説は、「鏡の女たち」の解説の一部です。
「上映」を含む「鏡の女たち」の記事については、「鏡の女たち」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/06 07:29 UTC 版)

コンカッション (2015年の映画)」の記事における「上映」の解説

2015年11月10日第29回AFI映画祭にてプレミア上映が行われた。アメリカ合衆国では、同年12月25日全国2,841スクリーン一般公開された。

※この「上映」の解説は、「コンカッション (2015年の映画)」の解説の一部です。
「上映」を含む「コンカッション (2015年の映画)」の記事については、「コンカッション (2015年の映画)」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/19 14:51 UTC 版)

名もなき塀の中の王」の記事における「上映」の解説

2013年10月10日ロンドン映画祭にて上映された。イギリスでは2014年3月21日一般公開された。

※この「上映」の解説は、「名もなき塀の中の王」の解説の一部です。
「上映」を含む「名もなき塀の中の王」の記事については、「名もなき塀の中の王」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/06 20:34 UTC 版)

ハイ・ライズ (映画)」の記事における「上映」の解説

2015年9月13日トロント国際映画祭にて上映された。イギリスでは、2016年3月18日一般公開された。

※この「上映」の解説は、「ハイ・ライズ (映画)」の解説の一部です。
「上映」を含む「ハイ・ライズ (映画)」の記事については、「ハイ・ライズ (映画)」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/09 10:00 UTC 版)

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」の記事における「上映」の解説

2015年9月13日第40回トロント国際映画祭にて上映された。アメリカ合衆国では2015年10月2日公開された公開第1週週末は5館で40,000ドル、1館あたり8,000ドル興行収入記録した

※この「上映」の解説は、「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」の解説の一部です。
「上映」を含む「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」の記事については、「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/05 08:33 UTC 版)

マイ・ベスト・フレンド (映画)」の記事における「上映」の解説

2015年9月12日第40回トロント国際映画祭にて上映された。イギリスでは9月25日公開された2016年10月27日第29回東京国際映画祭特別招待作品として上映された際には、日本版テーマ・ソング「STAR」担当した平原綾香舞台挨拶登壇し、同曲を歌った

※この「上映」の解説は、「マイ・ベスト・フレンド (映画)」の解説の一部です。
「上映」を含む「マイ・ベスト・フレンド (映画)」の記事については、「マイ・ベスト・フレンド (映画)」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 06:12 UTC 版)

魔術師の弟子」の記事における「上映」の解説

魔術師の弟子」は2015年8月27日エディンバラにて The Guardian Edinburgh International Television Festival の一環として劇場上映が行われた。2015年9月10日には後編魔法使いの友と共にカーディフBAFTA Cymruより上映されその後質疑応答セッション設けられた。

※この「上映」の解説は、「魔術師の弟子」の解説の一部です。
「上映」を含む「魔術師の弟子」の記事については、「魔術師の弟子」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/21 20:11 UTC 版)

Dressing Up」の記事における「上映」の解説

2012年3月11日第7回大阪アジアン映画祭にて上映される2013年11月30日第14回TAMA NEW WAVEにて上映される2015年8月15日よりシアター・イメージフォーラムにてレイトショー公開される

※この「上映」の解説は、「Dressing Up」の解説の一部です。
「上映」を含む「Dressing Up」の記事については、「Dressing Up」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/04 06:59 UTC 版)

ローリング (映画)」の記事における「上映」の解説

2015年4月11日水戸芸術館にて完成披露試写会が行われた。6月13日一般公開された。

※この「上映」の解説は、「ローリング (映画)」の解説の一部です。
「上映」を含む「ローリング (映画)」の記事については、「ローリング (映画)」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/08 08:05 UTC 版)

ターコイズの空の下で」の記事における「上映」の解説

2021年2月26日より全国順次公開

※この「上映」の解説は、「ターコイズの空の下で」の解説の一部です。
「上映」を含む「ターコイズの空の下で」の記事については、「ターコイズの空の下で」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 09:00 UTC 版)

君のままで (映画)」の記事における「上映」の解説

TOKYO FM HALL試写会) 『DEEN LIVE JOY-Break 8 ~Lookin' for Utopia~』全国ツアー会場一部会場を除く) 東別院ホール映画のみ、名古屋上田創造館長野)- 第2回交通別所線利用促進シンポジウムで。 広島南区文化センター映画のみ、広島

※この「上映」の解説は、「君のままで (映画)」の解説の一部です。
「上映」を含む「君のままで (映画)」の記事については、「君のままで (映画)」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 09:05 UTC 版)

愛の小さな歴史」の記事における「上映」の解説

東京開催され第27回東京国際映画祭2014年)の日本映画スプラッシュ部門の正式出品作品として上映。クラウドファンディング全国上映プロジェクト立ち上げ支援募り2015年5月31日目標金額突破し達成した2015年5月9日から渋谷ユーロスペースほかにて公開

※この「上映」の解説は、「愛の小さな歴史」の解説の一部です。
「上映」を含む「愛の小さな歴史」の記事については、「愛の小さな歴史」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 13:57 UTC 版)

淵に立つ」の記事における「上映」の解説

2016年9月6日東京都のユーロライブにて完成披露試写会が行われた。同年10月8日全国50スクリーン一般公開された。10月30日第29回東京国際映画祭の「Japan Now部門にて上映された。

※この「上映」の解説は、「淵に立つ」の解説の一部です。
「上映」を含む「淵に立つ」の記事については、「淵に立つ」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 01:54 UTC 版)

恋人たち (2015年の映画)」の記事における「上映」の解説

2015年10月28日第28回東京国際映画祭の「Japan Now部門にて上映された。日本では11月14日一般公開される。

※この「上映」の解説は、「恋人たち (2015年の映画)」の解説の一部です。
「上映」を含む「恋人たち (2015年の映画)」の記事については、「恋人たち (2015年の映画)」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 01:36 UTC 版)

タロウのバカ」の記事における「上映」の解説

2019年8月26日完成披露上映会経て2019年9月6日テアトル新宿ほか、全国公開

※この「上映」の解説は、「タロウのバカ」の解説の一部です。
「上映」を含む「タロウのバカ」の記事については、「タロウのバカ」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 04:12 UTC 版)

聖杯たちの騎士」の記事における「上映」の解説

2015年2月8日第65回ベルリン国際映画祭にてプレミア上映が行われた。2016年2月7日第31回サンタ・バーバラ国際映画祭上映され同年3月4日アメリカ合衆国一般公開された。

※この「上映」の解説は、「聖杯たちの騎士」の解説の一部です。
「上映」を含む「聖杯たちの騎士」の記事については、「聖杯たちの騎士」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 22:50 UTC 版)

誰のせいでもない」の記事における「上映」の解説

2015年2月10日第65回ベルリン国際映画祭にて上映された。ドイツでは同年4月2日一般公開された。日本では2016年11月12日公開された

※この「上映」の解説は、「誰のせいでもない」の解説の一部です。
「上映」を含む「誰のせいでもない」の記事については、「誰のせいでもない」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 14:56 UTC 版)

日輪の遺産」の記事における「上映」の解説

キャッチコピーは「いつか、この国が生まれかわるために」「浅田文学原点復興信念貫いた4人の男と20人の少女たちの運命。」。 全国145スクリーン公開され2011年8月2728日初日2日間で興収442222000円、動員37062人になり映画観動員ランキング興行通信社調べ)で初登場11となった。またぴあ初日満足度ランキングでは第1位高評価されている

※この「上映」の解説は、「日輪の遺産」の解説の一部です。
「上映」を含む「日輪の遺産」の記事については、「日輪の遺産」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/29 13:28 UTC 版)

ハイ・ライフ (2009年の映画)」の記事における「上映」の解説

2009年2月7日第59回ベルリン国際映画祭パノラマ部門プレミア上映された。カナダでは2010年1月15日一般公開された。

※この「上映」の解説は、「ハイ・ライフ (2009年の映画)」の解説の一部です。
「上映」を含む「ハイ・ライフ (2009年の映画)」の記事については、「ハイ・ライフ (2009年の映画)」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 17:14 UTC 版)

デジタルシネマ」の記事における「上映」の解説

キネコされてフィルム転写されデジタルシネマ従来型フィルムあるため多くの映画館で上映可能である。しかし、キネコ作業フィルムコピー配送コスト削減時間短縮のために、映像ソフトデジタル・データのままで配給および上映が試みられており、一部先進的な映画館にはDLP技術採用したビデオプロジェクタが導入されて、撮影から上映まで一切フィルム使用しない映画興行実現されている。対応している映画館では、映画の上以外にもスポーツコンサート生中継ライブビューイングの上映も行なっているデジタル上映によって、上映用フィルム原価デュープ代、輸送費デジタルなら有線データ回線による転送可能である)や保管費などのコスト削減される上、フィルム劣化損傷無く製作者意図限りなく近い状態の上映が可能である利点がある。ただし、製作者側の対応のみで済むデジタル撮影違いデジタル上映の普及には各映画館側の設備投資必要であり普及には時間を要するDVD・Blu-ray Discソフト化では、デジタルデータから直接マスタリングできる。DLP方式代ってレーザーによる単色光光源とするレーザープロジェクタの実用化向けた開発行われている。

※この「上映」の解説は、「デジタルシネマ」の解説の一部です。
「上映」を含む「デジタルシネマ」の記事については、「デジタルシネマ」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 16:19 UTC 版)

I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」の記事における「上映」の解説

本作は、新作映画劇場インターネット配信同時期公開する企画「1000taku」(センタク)の対象作品1つである。劇場での鑑料金一律1,000円で、配信サービスにより一部料金異なる。また、対象作品予告編FacebookシェアもしくはTwitterリツイートし、それを劇場窓口提示することにより、鑑賞料金500円割引される。 2013年11月6日インターネット先行配信され11月9日劇場公開された。

※この「上映」の解説は、「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」の解説の一部です。
「上映」を含む「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」の記事については、「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 03:18 UTC 版)

さよなら歌舞伎町」の記事における「上映」の解説

2014年9月7日第39回トロント国際映画祭「コンテンポラリー・ワールド・シネマ」部門にて上映された。10月6日第19回釜山国際映画祭アジア映画の窓」部門にて上映された。11月23日第15回東京フィルメックスにて特別招待作品として上映された。日本では2015年1月24日全国公開された。 2016年6月イタリアのタッカー・フィルムの配給で『TOKYO LOVE HOTEL』のタイトル公開

※この「上映」の解説は、「さよなら歌舞伎町」の解説の一部です。
「上映」を含む「さよなら歌舞伎町」の記事については、「さよなら歌舞伎町」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 07:10 UTC 版)

走れ、絶望に追いつかれない速さで」の記事における「上映」の解説

東京開催され第28回東京国際映画祭2015年日本映画スプラッシュ作品にて10月24日ワールド・プレミア上映。スイスチューリッヒ開催された「GINMAKU日本映画祭2016」にて4月16日にヨーロッパ・プレミア上映。ドイツ開催された「第17回ハンブルク日本映画祭」にて2016年6月11日に上映。 クラウドファンディング全国上映プロジェクト立ち上げ投資募り2016年6月24日目標金額突破し達成した2016年6月4日から渋谷ユーロスペースほかで全国順次公開9月3日札幌プラザ2・510月6日青山学院大学関係者限定上映・青山キャンパス本多記念国際会議場10月15日21日名古屋シネマテーク11月09日、11月13日KAWASAKIしんゆり映画祭川崎市アートセンター・アルテリオ映像館。11月23日第26回TAMA映画祭 スクリーンで輝く若手男優パルテノン多摩2017年1月21日27日山口県下関市cinema chlorine3月1日7日広島県広島市横川シネマ!!3月11日17日3月20日24日京都府京都市京都みなみ会館3月11日24日兵庫県神戸市元町映画館3月18日31日大阪府大阪市第七藝術劇場ほか。

※この「上映」の解説は、「走れ、絶望に追いつかれない速さで」の解説の一部です。
「上映」を含む「走れ、絶望に追いつかれない速さで」の記事については、「走れ、絶望に追いつかれない速さで」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 04:44 UTC 版)

黒衣の刺客」の記事における「上映」の解説

2015年5月21日第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門にてプレミア上映された。日本ではインターナショナル版削除され忽那汐里出演場面をホウ・シャオシェン監督たっての希望復刻し9月12日一般公開された。

※この「上映」の解説は、「黒衣の刺客」の解説の一部です。
「上映」を含む「黒衣の刺客」の記事については、「黒衣の刺客」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 02:12 UTC 版)

野のなななのか」の記事における「上映」の解説

2014年1月31日本作完成披露試写会が行われた。3月2日ゆうばり国際ファンタスティック映画祭クロージング作品として上映された。5月10日北海道先行公開5月17日全国公開された。

※この「上映」の解説は、「野のなななのか」の解説の一部です。
「上映」を含む「野のなななのか」の記事については、「野のなななのか」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 21:57 UTC 版)

トイレのピエタ」の記事における「上映」の解説

2015年6月6日日本公開され全国47都道府県76映画館にて上映された。また、同年10月には韓国でも公開された。さらに、2016年2月20日から1週間新宿ピカデリー凱旋公演が行われた。なお、映画祭への正式出品、正式上映は以下に記した第45回ロッテルダム国際映画祭 Voices部門 正式出品オランダ第16回全州映画祭 インターナショナル・コンペティション部門 正式出品韓国第17回台北映画祭 Future Lights部門 正式上映(台湾第28回東京国際映画祭 Japan Now部門 正式上映(日本・東京都) 第20回シュリンゲル国際映画祭 Youth部門 正式上映(ドイツ第19回オーストラリア日本映画祭 (Japanese Film Festival) 正式上映(オーストラリアJapan Cuts 2015 (Festival of New Japanese Film) 正式上映(アメリカ合衆国第21回KAWASAKIしんゆり映画祭 正式上映(日本神奈川県第10回さぬき映画祭 正式上映(日本香川県第16回ミューズ シネマ・セレクション 正式上映(日本埼玉県

※この「上映」の解説は、「トイレのピエタ」の解説の一部です。
「上映」を含む「トイレのピエタ」の記事については、「トイレのピエタ」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 09:17 UTC 版)

おとぎの世界旅行」の記事における「上映」の解説

だが本作東宝系で公開されたのは、1年半以上たった1962年8月25日、それも東宝創立30周年記念作品一つである特撮映画『キングコング対ゴジラ』1週上映延長に伴いそれまでの『私と私』(監督杉江敏男主演ザ・ピーナッツ)に代わって公開だった。しかも当時東宝プレスシートには、挿入される7本の短編内容紹介されているのにもかかわらず公開直前になって上映時間が長過ぎる」という理由だけで、7本の内「へいちゃんのゴルフ」「プンプンおやじ」がカットされてしまったのである力作だったにもかかわらず、「上映まで1年半」「怪獣映画との同時上映」「内容縮小」という憂き目遭ったおとぎプロは、これをきっかけにおとぎマンガカレンダー』といった、短編作品専念せざるを得なくなる。 なお本項では、カットされた2短編についても述べる。

※この「上映」の解説は、「おとぎの世界旅行」の解説の一部です。
「上映」を含む「おとぎの世界旅行」の記事については、「おとぎの世界旅行」の概要を参照ください。


上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 02:31 UTC 版)

ハッピーアワー (映画)」の記事における「上映」の解説

2015年12月5日兵庫県神戸市元町映画館にて先行上映された。同年12月12日一般公開された。

※この「上映」の解説は、「ハッピーアワー (映画)」の解説の一部です。
「上映」を含む「ハッピーアワー (映画)」の記事については、「ハッピーアワー (映画)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「上映」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

上映

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 03:22 UTC 版)

名詞

じょうえい

  1. 映画映写して観客見せること。

発音(?)

じょ↗ーえー

動詞

活用

サ行変格活用
上映-する

「上映」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



上映と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「上映」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



上映のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
文化庁文化庁
Copyright © 2022 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの映写 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの戦場と二人のドクター (改訂履歴)、ゆずの葉ゆれて (改訂履歴)、センコロール (改訂履歴)、別に、友達とかじゃない (改訂履歴)、人魚姫 (2016年の映画) (改訂履歴)、ダゲレオタイプの女 (改訂履歴)、イット・フォローズ (改訂履歴)、団地 (映画) (改訂履歴)、暗号名 黒猫を追え! (改訂履歴)、追悼のざわめき (改訂履歴)、HOMESICK (改訂履歴)、約束 (ドクター・フーのエピソード) (改訂履歴)、螺旋銀河 (改訂履歴)、ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY (改訂履歴)、星の妖精と出会えた奇跡 (改訂履歴)、アイ・ソー・ザ・ライト (映画) (改訂履歴)、ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ (改訂履歴)、親密さ (改訂履歴)、人のくらしの百万年 マニ・マニ・マーチ (改訂履歴)、ザ・ギフト (2003年の映画) (改訂履歴)、アンドレとウォーリーB.の冒険 (改訂履歴)、ジェーン (映画) (改訂履歴)、リヴァーソングの夫 (改訂履歴)、海を駆ける (改訂履歴)、ピートと秘密の友達 (改訂履歴)、チャイルド44 森に消えた子供たち (改訂履歴)、ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 (改訂履歴)、ちづる (映画) (改訂履歴)、シャニダールの花 (改訂履歴)、MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間 (改訂履歴)、ブルーに生まれついて (改訂履歴)、イレブン・ミニッツ (改訂履歴)、ディストラクション・ベイビーズ (改訂履歴)、アバター (2009年の映画) (改訂履歴)、2つ目の窓 (改訂履歴)、チェ (映画) (改訂履歴)、ザ・ギフト (2015年の映画) (改訂履歴)、CUTIE HONEY -TEARS- (改訂履歴)、鏡の女たち (改訂履歴)、コンカッション (2015年の映画) (改訂履歴)、名もなき塀の中の王 (改訂履歴)、ハイ・ライズ (映画) (改訂履歴)、ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気 (改訂履歴)、マイ・ベスト・フレンド (映画) (改訂履歴)、魔術師の弟子 (改訂履歴)、Dressing Up (改訂履歴)、ローリング (映画) (改訂履歴)、ターコイズの空の下で (改訂履歴)、君のままで (映画) (改訂履歴)、愛の小さな歴史 (改訂履歴)、淵に立つ (改訂履歴)、恋人たち (2015年の映画) (改訂履歴)、タロウのバカ (改訂履歴)、聖杯たちの騎士 (改訂履歴)、誰のせいでもない (改訂履歴)、日輪の遺産 (改訂履歴)、ハイ・ライフ (2009年の映画) (改訂履歴)、デジタルシネマ (改訂履歴)、I am ICHIHASHI 逮捕されるまで (改訂履歴)、さよなら歌舞伎町 (改訂履歴)、走れ、絶望に追いつかれない速さで (改訂履歴)、黒衣の刺客 (改訂履歴)、野のなななのか (改訂履歴)、トイレのピエタ (改訂履歴)、おとぎの世界旅行 (改訂履歴)、ハッピーアワー (映画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの上映 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS