投影とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 投影 > 投影の意味・解説 

とう‐えい【投影】

読み方:とうえい

[名](スル)

物の影を平面映し出すこと。また、その影。

ある物の存在影響が、他の物の上に現れ出ること。「子供に親の性格が—される」

数学で、物体平行光線当てて、その影を平面上に映すこと。また、その影の図。

心理学で、考え方や行動に心の内面が表現されること。自分性質他人性質にしてしまうこと。投射。→同一視


投影

作者松本清張

収載図書張込み 71改版
出版社新潮社
刊行年月2001.8
シリーズ名新潮文庫

収載図書危険な斜面 新装版
出版社文藝春秋
刊行年月2007.11
シリーズ名文春文庫


投影

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/10 08:03 UTC 版)

夢判断 日常生活の精神病理学英語版 性道徳に関する3つの論文英語版 快原理の彼岸英語版


  1. ^ B.J.Kaplan; V.A.Sadock『カプラン臨床精神医学テキスト DSM-5診断基準の臨床への展開』(3版)メディカルサイエンスインターナショナル、2016年5月31日、Chapt.4。ISBN 978-4895928526 
  2. ^ Sigmund Freud, Case Histories II (PFL 9) p. 132
  3. ^ a b 吉松和哉; 小泉典章; 川野雅資『精神看護学I』(6版)ヌーヴェルヒロカワ、2010年、Chapt.1.3。ISBN 978-4-86174-064-0 
  4. ^ Erik Erikson, Childhood and Society (1973) p. 241
  5. ^ Peter Gay, Freud: A Life for Our Time, page 281n
  6. ^ Glen O. Gabbard, Long-Term Psychodynamic Psychotherapy (London 2010) p. 33
  7. ^ The Pursuit of Health, June Bingham & Norman Tamarkin, M.D., Walker Press
  8. ^ Sigmund Freud, On Psychopathology (Middlesex 1987) p. 198
  9. ^ Paul Gilbert, Overcoming Depression (1999) p. 185–6
  10. ^ a b Carl G. Jung ed., Man and his Symbols (London 1978) p. 181–2
  11. ^ Patrick Casement, Further Learning from the Patient (1990) p. 142
  12. ^ Patrick Casement, Further Learning from the Patient (1990) p. 122


「投影」の続きの解説一覧

投影

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/09 06:37 UTC 版)

二次元NMR」の記事における「投影」の解説

2D-NMRスペクトルのある軸に平行な複数1D-スペクトル和などの演算ほどこしてひとつの1D-スペクトル作り出す処理。ここでスペクトルの和というのは、異なスペクトル同一座標強度値の和を結果スペクトル当該座標の値とする演算をいう。つまりスペクトルデータ座標軸上のデータ点数だけの次元ベクトル量見なし時のベクトル和をいう。 単純に和を取る処理が最もよく使われ、この場合ノイズ平均化されて減少するためS/N比改善される。和の他の演算としては、複数1D-スペクトル中の最大値を取るものも使われる。 単に投影と言えば、ある軸に平行な全ての1D-スペクトルに処理をほどこす場合を指すことが多い。それに対して、あるシグナル存在する範囲だけなどの一定範囲1D-スペクトルのみを投影に使うこともある。その一定範囲が狭い場合は、1個の1D-スペクトルのみを取り出す、つまり断面 (cross section) を取り出す理に近くなる。 投影処理は以下のような場合有用である。 J分解スペクトル化学シフト軸への投影はスピン分裂消えて単純化されものになる。特に1H-NMRのように同種同士スピン結合複雑になるスペクトルでは、各シグナル明確に分離できる効用がある。 同種核相スペクトルの投影もスピン分裂消えて単純化されものになる

※この「投影」の解説は、「二次元NMR」の解説の一部です。
「投影」を含む「二次元NMR」の記事については、「二次元NMR」の概要を参照ください。


投影(フリスタ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 08:42 UTC 版)

まじもじるるも」の記事における「投影(フリスタ)」の解説

風景人物像空中映し出す魔法

※この「投影(フリスタ)」の解説は、「まじもじるるも」の解説の一部です。
「投影(フリスタ)」を含む「まじもじるるも」の記事については、「まじもじるるも」の概要を参照ください。


投影

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/30 09:27 UTC 版)

「影」の記事における「投影」の解説

影については、光源を「点光源」として考えると分かりやすい一つの点より光が放射され、それが四方八方空間広がって行くとき、このような光源は「点光源」である。 また影が映る地面または壁としては、抽象化して、「平面スクリーン」を考える。もちろん、地面も壁も、具体的に存在するものは決し純粋な平面ではなくでこぼこ表面にあったり、大きく円盤状に湾曲していたり、あるいは波状起伏している場合もあるが、理想化して純粋な平面スクリーンに映ると考える。 このように考えると、影の形は、光源スクリーンのあいだにあって、光を遮る物体あるいは人等の「輪郭」を、スクリーン平面投影した形となる。

※この「投影」の解説は、「影」の解説の一部です。
「投影」を含む「影」の記事については、「影」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「投影」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

投影

出典:『Wiktionary』 (2021/11/22 06:49 UTC 版)

名詞

とうえい

  1. ものの姿を、ある平面映すこと。
  2. 比喩物事影響あらわれでること。
  3. 数学、物理学物体光を当てて影を映すこと、またその影。射影
  4. 心理学自分認めたくない性質を、他人性質あるよう認識すること。また、内面心理が行動の一端現れること。投射

関連語


「投影」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



投影と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「投影」の関連用語

1
100% |||||

投影のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



投影のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの投影 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの二次元NMR (改訂履歴)、まじもじるるも (改訂履歴)、影 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの投影 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS