スクリーンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > スクリーン > スクリーンの意味・解説 

スクリーン【screen】


スクリーン(すくりーん)

英字screen
コーヒー生豆大きさによって仕分ける場合に使う穴のあいたふるいのことです。穴のサイズ数段階に区分され一般的に商業用はスクリーン1418とされています。数字大きいほど、大粒のとなります

スクリーン 【screen】


スクリーン (Screen)

家庭用では60150インチ床置き形か壁掛け形、あるいは吊下げ込み形が用いられるサイズ対角線表し100インチの例では、4:3タイプでは横2,032縦1,524mm、16:9タイプで横2,210縦1,245mmである。スクリーンには大きく分けてマットビーズの2タイプがあり、マットタイプはさらにホワイトパールの2タイプにわかれる。ホワイト視野角広く自然な色合いであるが反射率低く(低ゲイン)外光に弱いパール天井吊り形に向き視野角左右30程度であるが反射率は高い。ビーズ床置き形などに用いられ視野角はさらに狭いが反射率高く(高ゲイン)外光に強い。

フルラゾール

分子式C12H7ClF3NO2S
その他の名称フルラゾール、Screen、Flurazole、スクリーン、2-Chloro-4-(trifluoromethyl)-5-thiazolecarboxylic acid phenylmethyl ester
体系名:2-クロロ-4-(トリフルオロメチル)-5-チアゾールカルボン酸フェニルメチル


スクリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/07 23:49 UTC 版)

スクリーン: projection screen)は、映写機プロジェクターから投射される映像映画など)を映し出す平面のこと。映写幕銀幕投射スクリーンともいう。映像を映し出す平面という意味から、コンピュータの表示画面をスクリーンと呼ぶこともある。




「スクリーン」の続きの解説一覧

スクリーン(Screen)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/02 03:04 UTC 版)

ブレンドモード」の記事における「スクリーン(Screen)」の解説

スクリーン(Screen)のブレンドモードは、2つレイヤーピクセルの値をいったん反転させて乗算し、その後もう一度反転するこれにより乗算とは逆の効果得られ画像明るくなる。 f ( a , b ) = 1 − ( 1 − a ) ( 1 − b ) {\displaystyle f(a,b)=1-(1-a)(1-b)} なおこの数式において、「a」とは下のレイヤーのカラーチャンネルの値であり、「b」とは上のレイヤー対応するカラーチャンネルの値である。 このブレンドモードは「対称的シンメトリック)」である。つまり、2つレイヤー順番交換して結果は同じとなる。もし片方レイヤーグレー1色で構成されていて、これをスクリーンで合成した場合上に白1色のレイヤー載せて通常ブレンドモード設定し下のグレー1色レイヤー明度を白1色レイヤー不透明度として使った場合と同じ結果得られる上のレイヤー 下のレイヤー 2つレイヤーを「乗算ブレンドモードで合成した場合 2つレイヤーを「スクリーン」ブレンドモードで合成した場合

※この「スクリーン(Screen)」の解説は、「ブレンドモード」の解説の一部です。
「スクリーン(Screen)」を含む「ブレンドモード」の記事については、「ブレンドモード」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スクリーン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「スクリーン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



スクリーンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

スクリーンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スクリーンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2022 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2022 K'sBookshelf All Rights Reserved.
ダイキアクシスダイキアクシス
Copyright (C) DAIKI AXIS Co., LTD Allrights reserved.
サラウンドWebサラウンドWeb
Copyright Japan Audio Society All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスクリーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブレンドモード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS