カーナビとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > タクシー用語 > カーナビの意味・解説 

カーナビ

かーなび - タクシー機器

GPS利用して経度緯度測定し、自車の位置ディスプレイ画面デジタル地図上に表示し、目的地までドライバーを道に迷わないよう誘導するシステムです。
カーナビは電波利用する特性上、ビル谷間トンネル高架下などでは測位できないという問題あります。この問題解決する為に車速パルス信号)とジャイロセンサー使用した自律航法利用されています。
これ以外にマップマッチングにより、自車位置地図道路上に強制的表示させ、海岸道路ドライブしているのに 自車が海の上表示されるようなことを避けさせています。

カーナビ

別名:カーナビゲーションカーナビゲーションシステム
【英】Automotive navigation system, car navigation

カーナビとは、主に自動車搭載され、経路案内行い運転を支援するシステムのことである。

カーナビは、主にGPS地図情報自動車進行状況などを参照して、現在位置目的地までの距離などを案内する。液晶パネル地図表示すると共に交差点などの要所では音声読み上げる機能備えている場合が多い。一般的なカーナビでは、進行方向矢印を示すターンバイターン呼ばれる表示方式多く採用されている。

最近では、車内オーディオとの一体型モバイルでのカーナビ機能実現持ち運びが可能な「PND」と呼ばれる小型カーナビなど、様々なタイプのカーナビが登場している。

ネットワークシステムのほかの用語一覧
カーナビ・カーシステム:  FAST  HDDカーナビ  iナビリンク  カーナビ  nav-u  POIX  PND

カーナビゲーション

(カーナビ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/03 12:06 UTC 版)

カーナビゲーション英語: Automotive navigation system)とは、電子的に自動車の走行時に現在位置や目的地への経路案内を行なう機能であり、また「カーナビゲーション・システム」と呼ばれる電子機器のことである。略して「カーナビ」と呼ばれることが多い。「ナビ」と略されることもあり、ナビという言葉自体がカーナビゲーションを表すようになってきている。本項では主に機器について記す。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ AV一体型カーナビは、日本では転売目的の車上荒らしによる盗難被害が指摘されており、防犯対策が求められている。特に後付けタイプでは、窃取するため取り外す際に一体型であるがゆえに短時間で済むことも増加傾向に拍車をかけていると言われている。
  2. ^ 特にHDDタイプはHDDの取り外しを販売店で依頼すると更に高額となる
  3. ^ ポータブル型には、三洋電機の『ゴリラ』やソニーの『nav-u』、クラリオンの『DrivTrax』、ナビタイムジャパンの『CAR NAVITIME』などがある。
  4. ^ ソニー モバイルの"nav-u"では、スタンドをゲル吸盤で固定する。
  5. ^ 車載電子機器は高温・低温・振動といった環境下での使用が求められるため、一般に高品質・高信頼性の部品が選ばれるが、車載可能なPNDのすべてがこういった過酷な環境を想定しているかは不明であり、購入と使用に際しては性能や機能とは別に機器の寿命や耐久性まで考慮することが求められる。
  6. ^ スマートフォン用のプラットフォームで大きな位置を占める米Google社は、基本的に無料であるAndroidの初期リリース時からPND相当機能"Maps Navigation"を含めて開発しており、2009年10月に発表されすでに登場しているAndroid 2.0では通信切断後も端末ローカル上で地図データを保持することでPNDとしての利便性を実用的なものとしている。スマートフォン上でのナビゲーション機能アプリによる更なる市場の拡大は、純技術的な意味での障害は予想されないが、日本のカーナビ・メーカーはカーナビゲーション・システムに関する特許を合計1万件ほど保有しており、実際にパイオニア社は特許侵害として携帯ナビ・サービスの提供やPND機器を販売している複数社を訴訟している。こういった訴訟において、車載でないPNDやスマートフォン上での同等の機能がどのように扱われるかにより、今後、非固定型のナビ・システムの展開が変わる可能性が高い。
  7. ^ 過去にはスポット通信サービス・DSRCスポットサービス・ITSスポットサービスなどと呼ばれていた。
  8. ^ 世界で初めて民生用カーナビを販売したのは、日本の本田技研工業である。かつては全世界のカーナビ製品の8-9割は、日本のメーカーが製造していた。そしてその半数も日本国内で販売されており、海外でのカーナビ普及率は低かった。当時、日本は世界一のカーナビ大国であるといわれていた。
  9. ^ 携帯電話PHS等の無線接続によって専用サーバーに各車が相互接続することでVICSとは別のより詳しい道路情報が得られる「テレマティクス」と呼ばれるサービスを、日本の自動車メーカー数社が提供しはじめた。
  10. ^ BMWレクサスの上位機種(レクサス・GS等)には全モデル標準装備され、エアコンやパワーシートの制御画面と一体化している[9]

出典

  1. ^ a b c 清水直茂著、『スマートフォン・ナビに死角 パイオニア特許訴訟の余波』、日経エレクトロニクス2010年1月11日号
  2. ^ アップル「CarPlay」を使ってみた--メルセデス・ベンツ搭載版の第一印象
  3. ^ Android Autoは、アプリでクルマを止めない曲がらせない
  4. ^ a b c 原克『暮らしのテクノロジー:20世紀ポピュラー・サイエンスの神話』 大修館書店 2007年 ISBN 9784469213102 pp.246-255,270-289.
  5. ^ 「ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ」が第8回電気技術顕彰「でんきの礎(いしずえ)」を受賞 - 本田技研工業プレスリリースアーカイブ(2015年03月25日版 / 2015年12月1日閲覧)
  6. ^ http://googlejapan.blogspot.jp/2010/09/google_15.html
  7. ^ iPhoneとカーナビが統合 アップル“CarPlay”発表
  8. ^ 【ビデオ】グーグルが新車載システム「Android Auto」を発表! 年内に導入へ
  9. ^ http://lexus.jp/models/gs/comfort/navigation/display.html
  10. ^ 富士キメラ総研_車載電装デバイス&コンポーネンツ Select 2012(上巻)
  11. ^ http://response.jp/article/2011/01/12/150268.html
  12. ^ ポータブルナビゲーションシステム「ナブ・ユー」に関するお知らせ
  13. ^ 走行中にテレビ 世界に類を見ない日本の自動車運転習慣
  14. ^ “パイオニアが自転車市場参入、サイクルナビゲーション販売へ”. (2011年10月25日). http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20111025_486229.html 2011年10月25日閲覧。 


「カーナビゲーション」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カーナビ」の関連用語

カーナビのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

arrows Tab F-04H

ThinkCentre M90z All-In-One

Xbox 360

BlackBerry Bold 9700

Windows Server 2003

iMac Retina 5Kディスプレイモデル

プロジェクター

キッズケータイ F-03J





カーナビのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
タクシーサイトタクシーサイト
Copyright(c) 2000-2017 taxisite Inc. All Rights Reserved.
タクシー業界用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリカーナビの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカーナビゲーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS