電気自動車とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > > 自動車 > 電気自動車の意味・解説 

電気自動車

読み方:でんきじどうしゃ
英語:Electric VehicleEV

ガソリンエンジン搭載せず、電気駆動モーターで動く自動車。特に、リチウムイオンバッテリーなどの二次電池搭載した乗用車を指すことが多い。

従来登場してきた、電気モーターガソリンエンジン併用するハイブリッドカー化石燃料代わりに再生可能エネルギーであるバイオマス燃料バイオマスエタノール)を使用するバイオエタノールのようなエコカーも、多少排気ガス排出する。これに対して電気自動車は走行中に二酸化炭素を全く排出しないゼロ・エミッション車である。

また、自宅家庭用電源使用して充電が可能、などといった利点もある。電気自動車はガソリン車などに比べてマフラーマニホールドエキゾーストマニホールド)も必要なく、騒音をほとんど生まない。その静音性は静かすぎて逆に問題視されるほどである。

難点としては、2010年現在本体価格がまだ高価である点、出先充電できる設備十分に普及していないなどの点がある。前者については、経済産業省が「2010年度クリーンエネルギー自動車導入促進対策費補助金」を設けて購入促しており、後者については、時間貸駐車場事業者充電設備設置する実証実験を行うなど、普及向けた試み各所進められている。

電気自動車には、モーター磁石ネオジムリチウムイオンバッテリーにはコバルト、などのように要所においてレアアース使用されている。中国レアアース輸出規制などによってレアアース価格高騰入手困難などへの懸念増しており、レアアース代替材料開発や、レアメタルリサイクル、あるいは、レアアース使用せず代替部品製造する新技術開発などが急がれている。

国内では三菱自動車が「i-MiEV」(アイミーブ)の一般向け販売開始しているほか、日産リーフホンダフィッツEVトヨタ自動車の「RAV4EV」などが発表されている。米国ではテスラモーターズがスポーツタイプの「テスラ ロードスター」を発表しており、トヨタのRAV4EVは手すらモーターズ共同開発されたSUVである。

でんき‐じどうしゃ【電気自動車】

読み方:でんきじどうしゃ

蓄電池などの電力源積載しモーター原動機とする自動車排ガス出さないEVelectric vehicle)。


電気自動車(でんきじどうしゃ)(electric vehicle; EV)

電気エネルギー動力変換して走行する自動車

バッテリー蓄えた電気モーター回転させて、自動車走行させる燃料にはガソリン代わりに電気を使う。クリーンな自動車として注目浴びている。

通常のガソリン機構自動車比べて排気ガス出さず騒音少ないといった特徴がある。実際二酸化炭素のような温室効果ガス自動車からは出ないし、エンジン内でガソリン爆発させる方式比べれば騒音ほとんどない。そのため、「地球にやさしい自動車」として、環境の面からも注目されることが多い。

バッテリー直接充電する方式をはじめ、燃料電池を使うもの、ハイブリッド方式採用したものなど電気自動車の種類は多い。まだ、速度走行距離など性能の面で本格的な普及には達していないが、量産による低廉化進めば普及弾みがつく見られている。今後ガソリンスタンドならぬ電気スタンドが街のいたるところ現れるかもしれない

玩具大手タカラは、電気自動車「Qi(キューノ)」を11月99限定発売する発表したおもちゃの「チョロQ」をモデルにして開発したもの。1人乗りオープンカーで、大型おもちゃ店や家電量販店などで129万円販売するという。

関連キーワード「燃料電池
関連キーワード「燃料電池自動車

(2002.07.11更新


電気自動車

英語 electric vehicles

電気モーター主動力とする自動車のなかで、充電式の電池積んだものを電気自動車と呼んでいる。走行中にまったく排気出さないという点が最大利点であるが、ただし充電のための電力生産するときにはなんらかの公害発生しているはずであり、無公害とは言い切れない。しかし、エネルギー効率観点考えると表に示すとおり、ガソリン車総合効率13程度であるのに対して充電式の電気自動車は、かりに石油火力発電所電力のみで充電する場合考えても、総合効率19程度高く石油消費環境負荷少なということができる。充電式電気自動車の弱点は、充電長い時間がかかることと、バッテリー相当重量ガソリン車比べて航続距離比較的短いことである。EVと略称する

電気自動車

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

電気自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/08 13:27 UTC 版)

電気自動車(でんきじどうしゃ)とは、電気をエネルギー源とし、電動機(電気モーター)で走行する自動車である。略称は一般的にEV(Electric Vehicle、イーブイ)が用いられる。化石燃料を燃焼させる内燃機関(内燃エンジン)を持たないことから[注 1]、走行時に二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物が出ないゼロエミッション車の1種である[1]。近い将来排出ガス規制や他の追随を許さないエネルギー効率の高さ[2][3]全固体電池の実用化目処が立ったことなどから次世代自動車として最も期待されている[4]


注釈

  1. ^ a b 欧米ではエンジンをモーターともいう。ゆえに、ガソリンエンジンディーゼルエンジン自動車競技モータースポーツと呼ばれてきたのである。電気自動車の電気モーターも自動車エンジンの一種である。
  2. ^ 日本の法令において、トロリーバスは無軌条電車と呼ばれる鉄道として扱われ、自動車として扱われないため、電気自動車には含まれてはいないが、メカニズムは電気自動車そのものである。
  3. ^ しかし2023年に、2026年からの復帰を発表している。
  4. ^ 100 Vより200 V給電の方が電力ロスが少ない。
  5. ^ 充電器側はキャパシタなどを内蔵することで短時間に大電流を供給できるが、このような急速充電による車載蓄電池側の発熱などが問題とならないか不明であり、一般には十数分程度の充電時間とされている。
  6. ^ 市販エンジン車を改造したコンバートEVの制作は法的には「(燃料の変更を伴う)エンジンスワップ」となる。

出典

  1. ^ 日産自動車株式会社. “日産 | ゼロ・エミッション | ゼロ・エミッションとは”. www.nissan-global.com. 2018年12月6日閲覧。
  2. ^ 電気自動車はガソリン車より大幅にエネルギー効率がいい、その理由とは? - GIGAZINE”. gigazine.net (2022年8月24日). 2023年9月27日閲覧。
  3. ^ 「ガソリンが安い時代」にはもう戻らない…欧州が「金持ちしか買えないEV」に突き進む本当の理由”. プレジデントオンライン (2023年9月24日). 2024年1月9日閲覧。
  4. ^ 日経クロステック(xTECH) (2023年6月19日). “全固体電池で「EVをエンジン車より安く」、日産平井専務”. 日経クロステック(xTECH). 2023年9月27日閲覧。
  5. ^ https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1318605/000119312510149105/d424b4.htm
  6. ^ ドイツ最新電動技術に仰天!? トラックなのか?それとも…??激変する物流の姿”. ベストカー (2019年8月22日). 2021年8月4日閲覧。
  7. ^ エンジンレス・フル電動リジッドダンプトラックの共同開発を開始”. 日立建機 (2021年6月23日). 2021年8月4日閲覧。
  8. ^ 欧州のスマートグリッド戦略 7” (PDF). 日本貿易振興機構 (2011年7月). 2021年8月4日閲覧。
  9. ^ 自動車分野のカーボンニュートラルに向けた国内外の動向等について” (PDF). 経済産業省 資源エネルギー庁 製造産業局 商務情報政策局 (2023年4月5日). 2023年7月9日閲覧。
  10. ^ 令和4年度エネルギーに関する年次報告 (エネルギー白書2023)PDF版 第2章 国際エネルギー動向” (PDF). 経済産業省 資源エネルギー庁 (2023年5月26日). 2023年7月9日閲覧。
  11. ^ a b Electric Vehicles for Everyone? The Impossible Dream | Mark P. Mills”. 2023年8月15日閲覧。
  12. ^ Majeau-Bettez, Guillaume; Hawkins, Troy R.; Strømman, Anders Hammer (2011-05-15). “Life Cycle Environmental Assessment of Lithium-Ion and Nickel Metal Hydride Batteries for Plug-In Hybrid and Battery Electric Vehicles” (英語). Environmental Science & Technology 45 (10): 4548–4554. doi:10.1021/es103607c. ISSN 0013-936X. https://pubs.acs.org/doi/10.1021/es103607c. 
  13. ^ 論文内ではテスラとフォード・マスタング Mach-Eが、米国の消費者が購入するEVのほぼ4分の3を占め、それらは60 - 90 kWhのバッテリーを搭載しているとしている。
  14. ^ Ford says auto future hinges on electric car | freep.com | Detroit Free Press”. Detroit Free Press. 2010年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月18日閲覧。
  15. ^ By Martin LaMonica (2009年2月2日). “Plotting the long road to one million electric cars”. CNN. https://edition.cnn.com/2009/TECH/02/02/electric.vehicles/index.html 2010年4月18日閲覧。 
  16. ^ “Obama pushes electric cars, battery power this week”. USAトゥデイ. (2010年7月14日). http://content.usatoday.com/communities/driveon/post/2010/07/obama-pushes-electric-cars-battery-power-this-week-/1 
  17. ^ Freidman OpEd: China's 'Moon Shot' Versus America's”. 2010年11月29日閲覧。
  18. ^ 日経クロステック(xTECH). “中国NIO発表の衝撃の車載向け固体電池、製造はあのメーカーか”. 日経クロステック(xTECH). 2022年7月20日閲覧。
  19. ^ 見てわかる全固体電池 EV向け本命、トヨタなど開発急ぐ”. 日本経済新聞 (2021年1月13日). 2022年7月20日閲覧。
  20. ^ 「BMWグループ、電動化攻勢をさらに加速。2030年までに電動モデルの比率を全販売の50%に」 GENROQ Web(ゲンロク ウェブ)2020年8月17日公開/2021年4月24日閲覧
  21. ^ 高級車ブランド ジャガー「4年後からすべて電気自動車に」 NHK(2021年2月16日配信)2021年4月24日閲覧
  22. ^ ホンダ26位、トヨタ27位 –時事ドットコム2023年2月16日付記事 2023年6月16日閲覧
  23. ^ 「下請け」から、自国ブランドで「先進国入り」の野望 –朝日新聞GlLOBE 2022年10月16日付記事 2023年6月16日閲覧
  24. ^ ブラザーやコーンズが自動車産業に参入する意味東洋経済ONLINE 2022年2月24日 2024年1月28日閲覧
  25. ^ 既存事業の縮小避けられぬ自動車部品メーカー、新たな収益源は昆虫食?医療?ニュースイッチ 日刊工業新聞社 2021年9月27日配信 2024年1月28日閲覧
  26. ^ 千歳の自動車部品メーカー ワイン事業に参入 安平でブドウ栽培 町の活性化後押しへ –毎日新聞 2022年5月27日付記事 2024年1月28日閲覧
  27. ^ 森本雅之(東海大学)『最初の電気自動車についての考察 』(2021年4月24日閲覧)
  28. ^ a b c 【古今東西あの出来事】現存最古の国産EV発売(1947年)戦後の余剰電力を利用日本経済新聞』朝刊2021年4月23日ニュースな科学面(2021年4月24日閲覧)
  29. ^ History of Railway Electric Traction
  30. ^ Inventors - Electric Cars (1890 - 1930)
  31. ^ Shahan, Zachary. “The Evolution of Electric Cars”. Sustainnovate. http://sustainnovate.ae/en/innovators-blog/detail/evolution-of-electric-cars 2015年6月5日閲覧。 
  32. ^ Escaping Lock-in: the Case of the Electric Vehicle
  33. ^ 「ソニー・日産電池撤退、電気自動車は韓中主導で再編加速か」ダイヤモンドオンライン(2016年8月19日版)2016年11月5日閲覧
  34. ^ 「5分の充電で800km」新キャパシタ電気自動車 2007年9月7日 WIRED.jp
  35. ^ 世界初の「キャパシターハイブリッドトラック」 UDトラックス(旧 : 日産ディーゼル)
  36. ^ https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2009/pr20090224/pr20090224.html
  37. ^ http://www.designnewsjapan.com/content/l_news/2009/02/o14nbe000001i82r.html
  38. ^ Tesla Motors、電気スポーツカー「Tesla Roadster」の商用生産を開始 2008年3月19日 CNET JAPAN
  39. ^ a b [1]
  40. ^ “News Edge「三菱自 社運乗せ、電気自動車発進」”, 日経産業新聞: 20, (2009年6月5日) 
  41. ^ http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2010/_STORY/101203-01-j.html
  42. ^ ハイブリッドではもう遅い?電気自動車で出遅れた日本 Yomiuri Online 2017年6月2日
  43. ^ 焦点:電気自動車の勝利か、英国が脱ディーゼル・ガソリン宣言 ロイター 2017年7月27日
  44. ^ トヨタ、日産、ホンダ…大競争時代に突入 海外企業を巻き込む「自動車三国志」 (1/5ページ) SankeiBiz 2017年11月3日
  45. ^ 走りでもEV、「GT-R」級のパワーに-日産自コンセプト車で訴求 Bloomberg 2017年10月25日
  46. ^ トヨタ創始者の夢「佐吉電池」 能力2倍の次世代型開発 日本経済新聞 2017年10月25日
  47. ^ EV大国へ国家あげてひた走る中国——世界の4割保有、上位占める中国ブランド”. Businessinsider Japan (2018年4月15日). 2019年3月31日閲覧。
  48. ^ a b c d 日本放送協会. “50万円でクルマが買える? 中国EV市場で今、起きていること”. NHKニュース. 2021年5月2日閲覧。
  49. ^ “世界初”トヨタの液体水素車、24時間耐久レースに挑む 豊田章男会長「世界の温暖化にもうひとつの選択肢を」“仲間”には岩谷産業も”. 日テレにゅース (2023年6月3日). 2024年1月9日閲覧。
  50. ^ https://www.news24.jp/articles/2020/12/19/06789022.html
  51. ^ 日本放送協会. “トヨタ中心トラックEV技術開発会社 スズキとダイハツ資本参加”. NHKニュース. 2021年8月3日閲覧。
  52. ^ 日本放送協会. “トヨタ 世界展開を目指す専用ブランドEVを販売へ 来年半ばから”. NHKニュース. 2021年10月29日閲覧。
  53. ^ ログイン画面”. bizboard.nikkeibp.co.jp. 2021年6月23日閲覧。
  54. ^ COP26 declaration on accelerating the transition to 100% zero emission cars and vans”. GOV.UK (2022年11月17日). 2024年1月18日閲覧。
  55. ^ COP26 新車販売 EVなどにする目標で英など合意 日本参加見送り”. NHK NEWS WEB. 2022年8月5日閲覧。
  56. ^ ホンダ「NSX」、22年末で生産終了 電動化へシフト:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2021年8月3日閲覧。
  57. ^ ホンダが下した「究極の判断」 F1撤退と真の存在意義:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2021年7月3日閲覧。
  58. ^ 資源エネルギー庁. “SS過疎地対策について”. 2022年1月22日閲覧。
  59. ^ EVシフト、地方が先行 岐阜・愛知は東京の2倍普及」1面、『日本経済新聞』、2022年1月22日。
  60. ^ “半導体不足はなぜ起きた?影響や原因、いつ解消するかについて”. 識学総研. (2022年1月14日). https://souken.shikigaku.jp/11771/ 
  61. ^ a b “電動化加速でさらに高まる半導体需要、EVメーカーの対応は”. EE Times Japan. (2021年10月15日). https://eetimes.itmedia.co.jp/ee/articles/2110/15/news061.html 
  62. ^ “テスラはいかにして世界的半導体危機を回避したのか EV年間販売87%増の93.6万台 過去最高を更新”. JDIR powered by Jbpress. (2022年1月6日). https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/68337 
  63. ^ CASEとは?意味は?(2022年最新版) コネクテッドや自動運転を示す略語”. 自動運転LAB (2022年2月13日). 2022年10月31日閲覧。
  64. ^ 自動車の“脱炭素化”のいま(前編)~日本の戦略は?電動車はどのくらい売れている?”. 資源エネルギー庁 (2022年10月28日). 2022年10月31日閲覧。
  65. ^ 2035年に内燃機関車禁止へ EUで合意 電気自動車への切り替え加速”. AUTOCAR JAPAN (2022年10月28日). 2022年10月31日閲覧。
  66. ^ EU、エンジン車容認で合意 合成燃料限定で35年以降も”. 日本経済新聞 (2023年3月29日). 2023年12月30日閲覧。
  67. ^ 自動車産業の未来 部品網の構造変化に備え (2017年9月26日 日本経済新聞「経済教室」に掲載). 独立行政法人経済産業研究所.
  68. ^ EVシフトの不都合な真実 エンジン車のビジネスモデルの延長線上では存続難しく 日本メーカーも覚悟が必要 (2021.08.23). 日刊自動車新聞 電子版.
  69. ^ e-Pedal Step | イノベーション | 日産自動車企業情報サイト”. www.nissan-global.com. 2022年7月10日閲覧。
  70. ^ @IT MONOist. 2日分の家庭用電力をEVから引き出す. https://monoist.itmedia.co.jp/mn/articles/1108/02/news085.html. 
  71. ^ e-Pedal | イノベーション | 日産自動車企業情報サイト”. www.nissan-global.com. 2022年7月10日閲覧。
  72. ^ パイクス参戦の増岡「ドラッグを上回るパワー」 - オートスポーツ・2014年6月26日
  73. ^ 22.5インチホイール組込形大型バス用インホイールモータシステムの開発 (PDF)東洋電機技報 第113号(2006年3月)P.9
  74. ^ 雪国でもある日本でEVは本当の本当に普及するのか?ベストカーWeb(講談社ビーシー)、2021年1月12日
  75. ^ 「ゼロエミッション=電動車」は深刻な誤解。災害大国日本で「内燃機関からの脱却」が悪手といえる理由Business Insider、2021年1月19日
  76. ^ EVはタイヤ交換地獄? ユーザーリポートから見えてきた単純明快な真実、北米計算では「2か月に1回」の可能性も - Merkmal,2024.3.3
  77. ^ 電気自動車には専用タイヤが必要ですか?
  78. ^ ECOPIA EV-01
  79. ^ 高性能電気自動車 IONIQ 5 Nの物語、ヒョンデ・モビリティ・ジャパン公式、2024.04.26閲覧
  80. ^ NYC investigating what caused parking garage collapse - CBSニューヨークYouTubeチャンネル。動画概要欄でもニューヨーク市が既存の駐車場がSUVやEVの重量に耐えられるかの調査を開始したとある。
  81. ^ 川辺 謙一『図解まるわかり 電気自動車のしくみ』翔泳社、2023年6月12日、16頁。ISBN 978-4798176031 
  82. ^ 中古「EV車」(電気自動車)の乗船一時休止に関して - 近海郵船、2023.12.18
  83. ^ 岩崎電気、使用済みEV電池を再利用 停電時の電源装置に”. 日本経済新聞 (2022年7月19日). 2022年7月20日閲覧。
  84. ^ []https://www.sankei.com/article/20230324-FAOPFYWGQRNUDN5A3SFHYXXZO4/ 全国で相次いだ充電スタンド撤去 異業種タッグで反転後押し] 2023/3/24 11:00、産経新聞
  85. ^ HVに接近音義務付け 18年3月から、国交省 日本経済新聞 2016年6月28日
  86. ^ 電中研ニュースNo.433, 2006年9月 (PDF) 電力中央研究所
  87. ^ 藤井英敏 リチウムイオン電池の価格を下げる「脱コバルト」レースの勝者は? 2009年8月18日公開
  88. ^ 日経BP TechOn 用語 リチウムイオン2次電池用電極材料 2007/01/11 11:56公開
  89. ^ 産業技術総合研究所 プレスリリース リチウムイオン電池用高容量正極の安価な新材料を開発 2006年11月6日 発表
  90. ^ よくあるご質問・回答【低圧電気取扱業務特別教育】 - (財)中小建設業特別教育協会
  91. ^ 日立らが希土類磁石を使わないモータを試作、効率は5ポイント向上
  92. ^ 自動車の高効率化と電気自動車ファミリーの技術動向 (PDF)
  93. ^ 電気自動車の駆動系-どんなモータが最適か- (PDF)
  94. ^ 社名テスラと誘導モーター
  95. ^ 【インプレッション・リポート】テスラ・モーターズ「モデルS」内の写真を参照
  96. ^ 国際エネルギー機関 IEA
  97. ^ 市場調査会社SNE リサーチ IDC
  98. ^ テスラ「モデルS ロングレンジプラス」が航続距離400マイルの壁を突破 Gigazine 2020年6月16日
  99. ^ a b 日本放送協会. “180万円の電気自動車・EV 日産・三菱 “逆張りの戦略”で実現 | NHK | ビジネス特集”. NHKニュース. 2022年6月9日閲覧。
  100. ^ 電気料金-国際比較- (PDF)
  101. ^ http://jp.autoblog.com/2014/12/24/tesla-real-world-beta-testing-model-s-battery-swap/
  102. ^ 電気自動車への改造に当たっての留意点” (PDF). 国土交通省. 2018年11月8日閲覧。
  103. ^ [2]
  104. ^ 郵便物の配達をカーボンニュートラル化へ…EV導入とエネルギーマネジメント”. レスポンス(Response.jp) (2022年7月22日). 2023年8月19日閲覧。
  105. ^ “中国製EV、日本に本格上陸 佐川急便が7200台採用”. 日本経済新聞. (2021年4月13日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC136SH0T10C21A4000000/ 2021年4月13日閲覧。 
  106. ^ 値段も普通の救急車の4倍!? 日本初8000万円超のEV救急車を東京消防庁が導入した理由とは”. くるまのニュース (2020年4月10日). 2023年8月19日閲覧。
  107. ^ ヤマト運輸、トヨタ、日野が協力して電動(EV)小型トラックの実証運行を開始”. 日野自動車 (2013年3月1日). 2019年3月27日閲覧。
  108. ^ 西濃運輸、日野自動車が協力して電動(EV)小型トラックの実証運行を開始”. 日野自動車 (2013年5月21日). 2019年3月27日閲覧。
  109. ^ 日野自動車、物流現場での使い勝手を追求した超低床・ウォークスルーの小型EVトラックを開発”. 日野自動車 (2021年4月15日). 2021年4月15日閲覧。
  110. ^ 日本初、宅配に特化した小型商用EVトラックを導入~環境負荷の低減と働き方改革を両立し、持続可能な社会の実現に貢献します~”. ヤマト運輸 (2019年11月19日). 2020年4月2日閲覧。
  111. ^ ヤマトが導入した日本初の「ドイツ製EV車」の哀しきいま”. FRIDAY (2021年10月26日). 2021年10月26日閲覧。
  112. ^ テスラのEVトラック『セミ』、米国で納車開始…航続805kmを達成”. レスポンス(Response.jp) (2022年12月4日). 2023年8月19日閲覧。
  113. ^ 連結総重量44トン・航続距離500kmの大型長距離EVトラックがついに発売! 「メルセデス・ベンツeアクトロス600」の先進性能とは?”. 自動車情報誌「ベストカー」 (2023年10月12日). 2023年10月12日閲覧。
  114. ^ ダイムラーの大型EVトラック、航続400km…量産開始”. レスポンス(Response.jp) (2023年11月1日). 2023年11月3日閲覧。
  115. ^ The 6 Coolest Electric Race Cars Throughout History
  116. ^ PPIHC Results 1916‐2021
  117. ^ THIRTY-EIGHT YEARS OF ELECTRIC CARS IN THE PIKES PEAK HILL CLIMB
  118. ^ 日本電気自動車レース協会”. 日本電気自動車レース協会. 2020年10月3日閲覧。
  119. ^ レース結果 - JEVRA
  120. ^ 電気自動車初、9000kmのダカールラリー完走
  121. ^ 燃料電池車は本当に日本で浸透するのか? デンマークでは「水素ステーション」がすでに閉鎖という、辛らつ現実”. Merkmal (2023年10月3日). 2024年1月9日閲覧。
  122. ^ ホンダ、FCV生産中止 販売低調で”. 日本経済新聞 (2021年6月15日). 2022年4月29日閲覧。
  123. ^ テスラのEVトラック『セミ』、米国で納車開始…航続805kmを達成”. レスポンス(Response.jp) (2022年12月4日). 2023年10月2日閲覧。
  124. ^ 世界の水素自動車は「マイナス成長」…現代自動車のシェアも38.1%に低下”. ハンギョレ新聞. 2024年1月9日閲覧。
  125. ^ 水素ステーションの整備拡大に60億円、燃料電池車の普及を待つ”. スマートジャパン (2015年7月2日). 2023年7月9日閲覧。
  126. ^ 電気自動車vs水素自動車の戦い!Society5.0で10年後どうなる?”. www.yupiteru.co.jp. 2023年7月9日閲覧。
  127. ^ 水素・燃料電池に関する経済産業省の取組について” (PDF). 経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 新エネルギーシステム課 水素・燃料電池戦略室 (2019年5月). 2023年7月20日閲覧。
  128. ^ 岩谷瓦斯株式会社 - 水素ステーション”. www.iwatanigas.co.jp. 2022年4月29日閲覧。
  129. ^ ガソリン車ゼロ時代:EVの“先” 「水素社会」目指すトヨタ 燃料電池車を突破口に=永井隆”. 週刊エコノミスト Online. 2022年7月15日閲覧。
  130. ^ 水素ステーション建設費4億円 普及阻むコストの巨壁”. 日本経済新聞 (2021年6月10日). 2022年4月29日閲覧。
  131. ^ エア・ウォーター移動式水素ステーション|札幌・室蘭の水素充填予約サイト”. awi-h2station.resv.jp. 2022年7月12日閲覧。
  132. ^ 燃料電池の効率”. www.mech.nias.ac.jp. 2022年5月11日閲覧。
  133. ^ トヨタMIRAI第2世代登場、FCEVは今度こそ普及させることができるか”. ダイヤモンド・オンライン (2021年1月2日). 2023年10月30日閲覧。
  134. ^ 次世代エネルギー「水素」、そもそもどうやってつくる?”. 経済産業省 資源エネルギー庁 (2021年10月12日). 2023年7月9日閲覧。
  135. ^ 地域再エネ水素ステーション導入事業における技術的検証結果等の公表”. 環境省. 2022年12月14日閲覧。
  136. ^ 18.地域再エネ水素ステーション導入事業の廃止及び技術的検証(処置済)” (PDF). 会計検査院 (2020年11月6日). 2023年7月9日閲覧。
  137. ^ 令和元年度決算検査報告” (PDF). 会計検査院. p. 367 (2020年11月10日). 2023年7月9日閲覧。
  138. ^ 「再エネ水素ステーション事業」廃止、大多数が再エネで賄えず”. 日経BP (2020年11月18日). 2023年7月9日閲覧。
  139. ^ FCV・水素ステーション事業の現状について”. 経済産業省 資源エネルギー庁 新エネルギーシステム課/水素・燃料電池戦略室 (2021年3月18日). 2023年7月9日閲覧。
  140. ^ 出力制御について”. 九州電力送配電. 2023年7月9日閲覧。
  141. ^ 2050年カーボンニュートラルの実現に向けた検討” (PDF). 経済産業省 資源エネルギー庁 (2021年5月13日). 2023年7月9日閲覧。
  142. ^ 三重大学 地域イノベーション学研究科 坂内正明 (2015年3月24日). “三重県 第1回 水素エネルギー社会研究会 水素エネルギーの現状と今後” (PDF). 三重県. 2023年7月9日閲覧。
  143. ^ CORPORATION, TOYOTA MOTOR. “世界最高水準の高効率太陽電池を搭載した電動車の公道走行実証を開始 | コーポレート | グローバルニュースルーム”. トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト. 2020年12月4日閲覧。
  144. ^ ガソリンも充電も不要! 太陽光のみで走るソーラーカー「Sion」”. 2020年11月30日閲覧。
  145. ^ 非接触充電技術の車載化加速―各地でバス走行実験相次ぐ ガズー 自動車業界ニュース 「2009 年5月14日 16時21分 日刊自動車新聞」
  146. ^ ワセダのEV…短距離、非接触にこだわる電動バス - レスポンス 2010年2月18日 (木) 09時00分
  147. ^ 「Korea OLEV concept vehicle sees the future, and it's magnets」 - The Christian Science Monitor - March 12, 2010 発表
  148. ^ 高速道路自体がリニアモーター:未来の電気自動車システム(動画) 2009年8月11日
  149. ^ Trolleybuses Are Back to Prague After 50 Years prague morning
  150. ^ 川島研究室ホームページ 8.間欠給電式バスシステムに関する研究(太陽エネルギー研究開発センター関連) http://www.me.kanagawa-it.ac.jp/kawashima/Study.html
  151. ^ 実用新案 第3156251(日本);第1427632(中国)
  152. ^ 船瀬俊介著 『疾れ!電気自動車』 築地書館 2004年7月14日初版発行 ISBN 4806712906



電気自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 22:50 UTC 版)

大阪万博の交通」の記事における「電気自動車」の解説

6人乗りの電気自動車が、観客タクシー輸送用70台、関係者用に130用意された。 観客車 種別小型四輪電気自動車 料金10分間200円・以後5分毎に100円 利用時間午前10時-午後8時 定員:6人 車寸法全長3.2m、全幅1.42m、全高1.9m 空車重量:820kg 巡航速度:6-8kg 動力源鉛蓄電池 航続距離:120km以上 充電時間:8時間 製造ダイハツ工業 業務用料金1日6000長期契約1-3か月5%引き、4-5か月10%引き、全期間20%引き 用途報道機関トラック10出展社・協業務用120

※この「電気自動車」の解説は、「大阪万博の交通」の解説の一部です。
「電気自動車」を含む「大阪万博の交通」の記事については、「大阪万博の交通」の概要を参照ください。


電気自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 03:19 UTC 版)

トルクベクタリング」の記事における「電気自動車」の解説

電気自動車の全輪駆動は、通常、各車軸1つずつ、独立した2つ電動機行われる。この場合前車軸と後車軸の間のトルクベクタリングは、2つモーター間の電力配分電子的に制御するだけで、ミリ秒単位で行うことができる。 トルクベクタリングは、同じ車軸上に配置され2つ電気モータードライブを介して作動させると、さらに効果的である。ミュンヘン工科大学実験MUTEでは,特殊なトランスミッションユニットを採用しており,大きい方のモーター駆動力を,小さい方のモータートルクベクタリング機能実現している。4つ電気モーター駆動する電気自動車の場合、無限の車輪トルク配分によって、同じ合計車輪トルクとヨーモーメントを発生させることができる。エネルギー効率は、車輪トルク配分する際の基準として使用することができる。

※この「電気自動車」の解説は、「トルクベクタリング」の解説の一部です。
「電気自動車」を含む「トルクベクタリング」の記事については、「トルクベクタリング」の概要を参照ください。


電気自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 15:06 UTC 版)

新ピークオイル論」の記事における「電気自動車」の解説

石油製品であるガソリンを必要としないことから電気自動車の普及により石油需要減少する

※この「電気自動車」の解説は、「新ピークオイル論」の解説の一部です。
「電気自動車」を含む「新ピークオイル論」の記事については、「新ピークオイル論」の概要を参照ください。


電気自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 03:58 UTC 版)

ビンファスト」の記事における「電気自動車」の解説

充電スタンド2021年度中にベトナム国2000個所まで増やす予定コネクタ形状直流でCCS2、交流IEC Type 2採用している。出力は、直流250kW、60kW、30kWおよび交流11kWが用意されており、高速道路パーキングエリアロードサイド店舗ショッピングモールアパートメントの各駐車場設置されている。

※この「電気自動車」の解説は、「ビンファスト」の解説の一部です。
「電気自動車」を含む「ビンファスト」の記事については、「ビンファスト」の概要を参照ください。


電気自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/23 08:49 UTC 版)

ユーリエ」の記事における「電気自動車」の解説

ユーリエ・ミア(Heuliez Mia以前の名はFriendly ) - 航続距離97〜240km(60150マイル)で最高速度約105km/h (65mph)。 ユーリエ・ポンディシェリー(Heuliez Pondicherry ) - 近距離電気自動車 アーバン・ピックアップ。

※この「電気自動車」の解説は、「ユーリエ」の解説の一部です。
「電気自動車」を含む「ユーリエ」の記事については、「ユーリエ」の概要を参照ください。


電気自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 14:45 UTC 版)

モータースポーツにおけるメルセデス・ベンツ」の記事における「電気自動車」の解説

メルセデスと電気自動車によるモータースポーツとの関わりは、1902年ウィーンの森のエクセルベルク(ドイツ語版)で開催されたエクセルベルクレース(Exelberg Race)までさかのぼる。このヒルクライムレースでは、フェルディナント・ポルシェ自身開発したローナーポルシェ電動インホイールモーターメルセデス・シンプレックス28馬力)に組み込んだハイブリッド車両(Porsche-Mixte)をエントリーさせ、ポルシェ自身の運転により優勝収めた。この車両は、1906年アウストロ・ダイムラー技術部となったポルシェ自身の手により、ダイムラー初の市販ハイブリッド車であるメルセデス・ミクステ(ドイツ語版)(Mercédès-Mixte)に発展した。 それから100年以上経った2009年、F1で回生ブレーキによってエネルギー回収する運動エネルギー回生システムKERS)の搭載許可された。当時ワークスチームであるマクラーレンにはメルセデス・ベンツ・ハイパフォーマンス・エンジンズ(HPE)製のハイブリッドエンジン供給され、同エンジン搭載したマクラーレン・MP4-24同年ハンガリーグランプリ回生システム搭載車としてはF1史上初となる優勝遂げたその後2014年からF1では熱エネルギー回生含めたエネルギー回生システムERS)の搭載義務化され、「パワーユニット時代となり、メルセデスチームは原動機電動ハイブリッド化されたF1を席巻することとなる。(→#F1・現在のファクトリーチーム

※この「電気自動車」の解説は、「モータースポーツにおけるメルセデス・ベンツ」の解説の一部です。
「電気自動車」を含む「モータースポーツにおけるメルセデス・ベンツ」の記事については、「モータースポーツにおけるメルセデス・ベンツ」の概要を参照ください。


電気自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 01:42 UTC 版)

シンメトリカルAWD」の記事における「電気自動車」の解説

トヨタ自動車共同開発した二次電池式電気自動車ソルテラについて、米国スバルは「シンメトリカルAWD」を謳っている。日本スバルは、パワートレインを「シンメトリカルレイアウト」にして高い直進安定性実現した、と述べている。ソルテラ前後2モーター四輪駆動であるため、差動装置デファレンシャルギア)を必要とするが、トヨタデファレンシャルギア中央から少しずらした配置提示したに対してスバルドライブシャフト左右等長となるようにデファレンシャルギア真ん中に置く「シンメトリカル配置こだわった

※この「電気自動車」の解説は、「シンメトリカルAWD」の解説の一部です。
「電気自動車」を含む「シンメトリカルAWD」の記事については、「シンメトリカルAWD」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「電気自動車」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

電気自動車

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 12:01 UTC 版)

名詞

電気 自動車 (でんきじどうしゃ)

  1. エネルギー電気用い電動機動力にして走行する自動車

「電気自動車」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



電気自動車と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「電気自動車」の関連用語

電気自動車のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



電気自動車のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2024 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2024 時事用語のABC All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電気自動車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大阪万博の交通 (改訂履歴)、トルクベクタリング (改訂履歴)、新ピークオイル論 (改訂履歴)、ビンファスト (改訂履歴)、ユーリエ (改訂履歴)、モータースポーツにおけるメルセデス・ベンツ (改訂履歴)、シンメトリカルAWD (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの電気自動車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS