内燃機関とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 機構 > 機関 > 内燃機関の意味・解説 

ないねん‐きかん〔‐キクワン〕【内燃機関】

内燃によって得た熱エネルギー機械的仕事変換させる装置ガソリン機関ディーゼル機関・ジェットエンジン・ガスタービンなど。⇔外燃機関


【内燃機関】(ないねんきかん)

機械内部燃料燃焼させ、その燃焼ガス空気熱膨張によって生じる力を動力として取り出す機関
レシプロエンジンジェットエンジンロケットエンジンなど、通常我々が目にするエンジンは大抵これに属している。

外気熱膨張利用する場合空気密度の濃い条件、すなわち低空や(着氷点火不良がない範囲での)低温状態で効率良くなる性質がある。
これは、高密度な空気の方が低密度空気よりも熱膨張率が高く、大きな力を生み出せるためである。
逆に言えば空気密度の薄い高空高温での出力低下する傾向にあり、航空機用エンジン開発は、この特性との戦いでもあった。

関連外燃機関


内燃機関

英語 internal combusiton engine

熱機関は、作動流体加熱方法によって内燃機関と外燃機関分けられる。内燃機関では、機関内に作動流体として空気吸入して燃料反応させ、その反応熱により作動流体加熱して高熱源にする。機械的仕事取り出したあと、大気中への排気によって低熱源への放熱が行われる。このため高熱源からの受熱、低熱源への放熱のための熱交換器を必要とせず、小型軽量にできるが、燃焼生成物作動流体として用いるので良質燃料を必要とする。内燃機関は、作動流体与えられた熱エネルギー機械的仕事変換する方法により、ガソリンエンジンディーゼルエンジンなどの容積型内燃機関と、ガスタービンなどの速度型内燃機関に分類される。

同義語 ICエンジン
参照 外燃機関熱機関
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

内燃機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/07 15:52 UTC 版)

内燃機関(ないねんきかん)とは、シリンダなど機関内においてガソリンなどの燃料を燃焼させ、それによって発生した燃焼ガスを用いて直接に機械仕事を得る原動機をいう[1]。内燃機関では燃焼ガスを直接作動流体として用いて、その熱エネルギーによって仕事をする[1][2]。これに対して、蒸気タービンのように燃焼ガスと作動流体がまったく異なる原動機を外燃機関という[1]




  1. ^ a b c d e f 『熱機関工学』西脇仁一編著、朝倉書店、1970年、p. 42
  2. ^ 意匠分類定義カード(K8) 特許庁
  3. ^ 山崎毅六、三井光. 内燃機関による天然ガスの変成 燃料協会誌 37.7 (1958): 417-422, doi:10.3775/jie.37.417
  4. ^ 究極効率のエンジンを生む新圧縮燃焼原理を発見!
  5. ^ デトネーションを利用した新しい内燃機関
  6. ^ プロパン−空気混合気を用いたパルスデトネーションタービンエンジンの作動実験 (PDF)
  7. ^ chapters 1–2, Blazing the trail: the early history of spacecraft and rocketry, Mike Gruntman, AIAA, 2004, ISBN 156347705X.
  8. ^ Electric Pistol
  9. ^ The History of the Automobile - Gas Engines”. About.com (2009年9月11日). 2009年10月19日閲覧。
  10. ^ DE patent 67207 Rudolf Diesel: „Arbeitsverfahren und Ausführungsart für Verbrennungskraftmaschinen“ pg 4.
  11. ^ JET PROPULSION FOR AIRPLANES
  12. ^ (Swedish) Scania fordonshistoria 1891-1991. (1992). ISBN 91-7886-074-1  (Translated title: Vehicle history of Scania 1891-1991)
  13. ^ (Swedish) Volvo – Lastbilarna igår och idag. (1987). ISBN 91-86442-76-7  (Translated title: Volvo trucks yesterday and today))


「内燃機関」の続きの解説一覧

内燃機関

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 06:45 UTC 版)

名詞

   ないねんきかん

  1. 装置シリンダ)の内部発生させる燃焼ガス利用して動力を得る、熱機関原動機ガソリン機関ディーゼル機関などが該当する。

関連語

翻訳




内燃機関と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「内燃機関」の関連用語

内燃機関のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



内燃機関のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの内燃機関 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの内燃機関 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS