熱機関とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 機構 > 機関 > 熱機関の意味・解説 

ねつ きかん-きくわん [4][3] 【熱機関】


熱機関

英語 heat engine

作動流体媒介として熱エネルギー機械的仕事変換する装置総称。熱機関において、作動流体高熱源から熱エネルギーを受けて膨張し、熱エネルギー一部機械的仕事変換したのち、残り熱エネルギーを低熱源放出して初めの状態にもどり、サイクル完結する。熱機関は、作動流体から低熱源への熱の放出方式によって開放サイクル密閉サイクル分けられ、また作動流体加熱する方式によって内燃機関外燃機関分けられる。

参照 外燃機関内燃機関
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

熱機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/27 00:39 UTC 版)

熱機関(ねつきかん、英語:heat engine)とは、エネルギー源とした機関である。装置外から熱を取り込むものと、装置内で(通常は燃料燃焼によって)生成した熱エネルギーを使用するものとがある。 [要検証 ]






「熱機関」の続きの解説一覧

熱機関

出典:『Wiktionary』 (2009/03/06 08:21 UTC 版)

名詞

熱機関

  1. 熱エネルギー機械的エネルギー変換する装置原動機の一。蒸気機関など。

翻訳






熱機関と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「熱機関」の関連用語

熱機関のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

後流

オートエアコン

メタリック塗装

プレジデント

サーモスタット

2番巻き

セミトレーリングアーム式サスペンション

インサイト





熱機関のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの熱機関 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの熱機関 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS