圧力とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 物理学 > 圧力 > 圧力の意味・解説 

あつ‐りょく【圧力】

読み方:あつりょく

押さえつける力。気体液体または固体が、ある面を境にして、その両側から垂直に押し合う力。単位パスカルのほか、アト水銀柱メートルなどを用いる。

威圧して服従させようとする力。「大国の―に屈する


あつりょく 圧力 pressure

単位面積あたりの力の大きさ通常「P」と表現し使われる単位Paパスカル)。大気の圧力のことを大気圧というほかに、絶対圧力ゲージ圧力などがある。

圧力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/06 05:01 UTC 版)

圧力(あつりょく、: pressure)とは、


  1. ^ a b c ブリタニカ国際百科事典【圧力】
  2. ^ 広辞苑 第六版【圧力】
  3. ^ 田崎晴明「熱力学=現代的な視点から」培風館 2000年
  4. ^ O. H. Nielsen and R. M. Martin, Phys. Rev. B32 (1985) 3780.
  5. ^ O. H. Nielsen and R. M. Martin, Phys. Rev. B32 (1985) 3792.



圧力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/01 01:37 UTC 版)

重力単位系」の記事における「圧力」の解説

力を面積除すると圧力となる。重量キログラム毎平方センチメートル (kgf/cm2) には工学気圧 (at) という単位名称がある。 1 at := 1 kgf/cm² = 10 000 × gn kg/m² = 98 066.5 kg/(m·) = 98.066 5 kPa

※この「圧力」の解説は、「重力単位系」の解説の一部です。
「圧力」を含む「重力単位系」の記事については、「重力単位系」の概要を参照ください。


圧力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 16:02 UTC 版)

NTV (ロシア)」の記事における「圧力」の解説

しかし、2000年ウラジーミル・プーチン大統領就任1ヶ月後、当時NTVオーナーだったグシンスキー横領詐欺疑い逮捕された。逮捕されオーナーは、保釈引き換えにNTV株式手放したまた、最終的には株式半数国営企業であるガスプロム社が保持することとなり、旧経営陣経営難理由一掃された。なお、プーチン自身の自論のなかで「報道の自由には健全な経営が必要」と語っている。こうした圧力の中で当時NTV社長だったエブゲーニ・キセリョフやエレーナ・マシューク、タチアナ・ミトコーワなどが市民とともに大規模な抗議集会開き反対運動展開したこうした反対運動の中、キセリョフやマシュークは他のNTV社員と共にクレムリン宮殿プーチン抗議する機会設けられたこともあった。プーチン当初キセリョフらをなだめるような態度接したが、説得不可能と分かる敵意に満ちた態度をとるようになったこの後グシンスキー横領事件との関連で、連日記者たちが検察庁取り調べられたりした。こうした圧力の中、NTV全社員1000人のうち、キセリョフやマシュークを含む300人社員NTV去った。ミトコーワも当初NTVを去るつもりだったが、新し経営陣からの直接説得NTVに残ることを決めたNTV残留決めたミトコーワは、その直後に報道部長抜擢され最終的にはニュース編集責任者にまで昇進した逆にNTV去ったキセリョフは、当初別のテレビ局移籍した。しかし、そのテレビ局放送免許が突然取り上げられるなどの目にあった。 こうした一連の事件については、日本2008年5月12日総合テレビNHKスペシャルにおいて「言論支配せよプーチン帝国”とメディア」というタイトル放送された。 NTVに限らずプーチン政権発足後政府によるメディア支配政策推し進められ、ロシアでは言論の自由報道の自由失われつつある。

※この「圧力」の解説は、「NTV (ロシア)」の解説の一部です。
「圧力」を含む「NTV (ロシア)」の記事については、「NTV (ロシア)」の概要を参照ください。


圧力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 15:44 UTC 版)

真空」の記事における「圧力」の解説

詳細は「圧力」を参照 気体存在する気体分子同士運動により動き回りそれらの衝突により当たった対象気体分子重さ応じた衝撃加わる。気体中に壁があっても同様であり気体分子は常に壁に衝突し、その衝撃により壁に力が加わる。その力を単位面積割った力が圧力である。 JISにおいては空間内のある点を含む仮想の微小平面両側の方向から通過する分子によって、単位面積当たり、単位時間輸送される運動量の面に垂直な成分総和空間内定常的気体の流れがあるときは、流れの方に対して面の傾き規定する。」となっている。 真空では圧力の単位国際単位系Paパスカル)で表されるが、トリチェリによる真空発見功績にちなむ Torrトル)は昔から使用されており、古い書籍昔ながら真空技術者今でも使用している真空排気され真空チャンバー内側分子量減って外側からの力が大きくなるため常に外側か差分の圧力を受けることになる。ほとんどの真空装置では100 Pa以下に排気されるため、事実上1気圧力を受けることになる。

※この「圧力」の解説は、「真空」の解説の一部です。
「圧力」を含む「真空」の記事については、「真空」の概要を参照ください。


圧力(静水圧)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 04:17 UTC 版)

極限環境微生物」の記事における「圧力(静水圧)」の解説

一般には有名とはいえないが、増殖パラメータに圧力を有する生物存在する深海生息している魚や微生物小動物高圧力下でよく生育するこうした生物1気圧では正常な生育示さないまた、発見された好圧性生物ほとんどは深海からスクリーニングされたため10上で増殖できない好冷性生物でもある。ただし、Pyrococcus yayanosii(80 - 107°C、15 - 150MPaで生育の様絶対好圧性の超好熱菌もいる。 好圧性:1気圧以上の圧力条件下生育至適を持つもの。絶対好圧性:大気圧下では増殖できない偏性好圧性:500気圧以上の至適増殖圧力を有する通性好圧性:500気圧の圧力下でも生育できる。 耐圧性1気圧至適増殖を示すが、ある程度の圧力(500気圧)に耐えうる。ただし、500気圧いうのは便宜的なものであり、あまり研究進んでいないため、曖昧な定義である。200気圧でも生物にとっては高圧条件である。 好圧、あるいは耐圧パラメータを示す生化学的資質理解進んでいないが、加圧加熱生物与え影響としては似ており、耐熱性パラメータに似ている可能性がある。しかし、耐熱性保ちながら好冷性を確保するのは難しく、この点については新し生化学的資質見つか可能性もある。

※この「圧力(静水圧)」の解説は、「極限環境微生物」の解説の一部です。
「圧力(静水圧)」を含む「極限環境微生物」の記事については、「極限環境微生物」の概要を参照ください。


圧力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/28 03:06 UTC 版)

心臓カテーテル検査」の記事における「圧力」の解説

CVP中心静脈圧) 正常値は5~10cmH2O(4~8mmHg)である。起座位における測定では右房の高さをもって測定する中心静脈圧は右房圧(RAP)、胸腔内代静脈に等しいとされている三尖弁狭窄症などがない限り右室拡張末期圧(RVEDP)にも等しいとされている。CVP上昇する病態として循環血液量増加右心不全心タンポナーデでありCVP減少する病態として循環血液量減少大量出血熱傷などがあげられる中心静脈カテーテルからの測定可能なため、病棟では重宝するRAP右房圧) 平均圧は2~8mmHgである。 RVP右室圧) 15~30/2~8mmHgが正常であるPAP肺動脈圧15~30/3~12mmHgである。目安として大動脈圧の20%25%である。 PCWP肺動脈楔入圧 はいどうみゃくせつにゅうあつ) 左房圧を反映するといわれている。僧帽弁狭窄症などがない限り左室拡張末期圧(LVEDPに等しいとされている平均圧は正常では2~15mmHgである。PCWP増加する病態として左房への流入血液量増加する病態具体的に僧帽弁閉鎖不全症僧帽弁狭窄症大動脈弁閉鎖不全症心室中隔欠損症動脈管開存症などがあげられる左室収縮低下でも増加し左心不全拡張型心筋症虚血性心疾患などもあげられる限界あるものPCWP心臓の前負荷指標一つである。PCWP平均圧が22mmHgを超える肺水腫出現し始めるといわれている。PCWP減少する病態として循環血流低下があり、大量出血熱傷などがあげられるLAP左房圧) 平均圧で2~12mmHgが通常である。PCWP代用することが多い。 LVP左室圧) 100~140/2~12mmHgが正常であるAP大動脈圧) 100~140/60~90mmHgであり平均大動脈圧は70~105mmHgである。 LVEDP(左室拡張末期圧) 前負荷指標一つである。本来の前負荷指標はLVEDV(左室拡張末期容積)であるが、測定が難しいためLVEDP代用することが多い。正常な循環器であればLVEDPPCWPCVP等しくなるそのためCVP用いた体液管理良くされるのだが左心機能低下するCVPLVEDP乖離大きくなるそのためPCWP用いてLVEDP推定することが肺動脈カテーテル用い根拠の一つとなる。

※この「圧力」の解説は、「心臓カテーテル検査」の解説の一部です。
「圧力」を含む「心臓カテーテル検査」の記事については、「心臓カテーテル検査」の概要を参照ください。


圧力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 01:01 UTC 版)

送風機」の記事における「圧力」の解説

送風機の圧力は、吸い込み口吹き出し口との圧力差で表す。

※この「圧力」の解説は、「送風機」の解説の一部です。
「圧力」を含む「送風機」の記事については、「送風機」の概要を参照ください。


圧力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 13:08 UTC 版)

気体」の記事における「圧力」の解説

詳細は「圧力」を参照 圧力を表す記号は "p " または "P " を使いSI単位パスカル (Pa=N/m2) である。 気体何らかの容器入っているとき、気体の圧力は気体容器表面及ぼ単位面積当たりの平均的な力に等しい。その容積の中で気体粒子直線的に運動していて、容器衝突して力を及ぼしていると考えれば理解しやすい。その衝突の際に気体粒子から容器与えられた力の分だけ粒子の運動量が変化する古典力学では、運動量質量速度の積と定義されている。衝突に際して粒子速度の壁と垂直な成分だけが変化する。壁に平行な方向に進む粒子の運動量は変化しないしたがって、粒子衝突によって容器表面にかかる力の平均は、気体粒子衝突による線運動量変化平均に他ならない。より正確には、粒子容器表面衝突した際の力の垂直成分合計表面積割った値が圧力となる。

※この「圧力」の解説は、「気体」の解説の一部です。
「圧力」を含む「気体」の記事については、「気体」の概要を参照ください。


圧力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 05:53 UTC 版)

化学反応」の記事における「圧力」の解説

通常気体関与する反応は、圧力を上げると速くなる気体の場合では圧力の上昇は事実上濃度増加に等しいため、濃度と同様議論成り立つ。始原系生成系モル数異な場合は、平衡状態達したときの各化合物割合に圧力が影響する

※この「圧力」の解説は、「化学反応」の解説の一部です。
「圧力」を含む「化学反応」の記事については、「化学反応」の概要を参照ください。


圧力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/23 09:16 UTC 版)

雨仕舞」の記事における「圧力」の解説

雨水は、毛細管現象の様態によって浸入するほか、降雨量比して風圧が強い場合風圧により隙間へと浸入する風圧が弱い場合隙間入った雨水自由落下により外部流れ落ちるが、風圧強くなるしたがい隙間入った雨水流れ落ちる前に奥に押し込まれていくことがある高層建築物の上階のように風圧強くなる部位ではこのような現象が日的に起こる。このため超高層建築物採用されることの多いカーテンウォールに代表される外壁部材では接合部雨仕舞のため、雨水浸入を防ぐ(密閉性)よりも、浸入した雨水すばやく外部排出させることを優先する、ドライジョイントと呼ぶ仕組み考案された。

※この「圧力」の解説は、「雨仕舞」の解説の一部です。
「圧力」を含む「雨仕舞」の記事については、「雨仕舞」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「圧力」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

圧力

出典:『Wiktionary』 (2021/10/01 13:20 UTC 版)

この単語漢字
あつ
第五学年
りょく
第一学年
音読み

発音

名詞

(あつりょく)

  1. (物理学) 単位面積あたりに掛かる
  2. 威圧して屈服させようとする力。

関連語

語義1

語義2

翻訳


「圧力」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



圧力と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「圧力」に関係したコラム

  • FXやCFDのPAINとは

    FXやCFDのPAINとは、当日の始値、高値、安値、終値の4本値を用いて売り圧力、あるいは、買い圧力を計測するためのテクニカル指標のことです。PAINは、Price Action Indicator(...

  • FXのチャートのもみ合いとは

    FX(外国為替証拠金取引)のチャートがレンジで推移していることを「もみ合い」といいます。もみ合いは長い期間続くこともありますが、いつかはもみ合いが解消されて下降するか、上昇するかのいずれかの方向へ値動...

  • FXやCFDのリパルスとは

    FXやCFDのリパルス(repulse)とは、相場の売り圧力や買い圧力を知るためのテクニカル指標のことです。リパルスでは、ローソク足が大きな陽線を形成したときには強い買い圧力と判断して値が増加します。

  • FXのADXの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のADXとは、為替レートのトレンドの強さを数値として算出したテクニカル指標のことで、一般的にはチャートの下側に折れ線グラフで表します。また、ADXはDMIというテクニカル指標...

  • FXやCFDのトレンドトリガーファクターとは

    FXやCFDのトレンドトリガーファクター(TTF、Trend Trigger Factor)とは、相場の圧力を知るためのテクニカル指標のことです。上の図は、DAX指数(ドイツ株価指数)のチャートにトレ...

  • 株365の日経225証拠金取引と信用残との関係は

    株365の日経225証拠金取引と信用残とはどのような関係にあるでしょうか。そもそも信用残とは何でしょうか。信用残とは、信用取引における売り残と買い残の総称です。売り残は、信用取引における売り方の取引残...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「圧力」の関連用語

圧力のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



圧力のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの圧力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの重力単位系 (改訂履歴)、NTV (ロシア) (改訂履歴)、真空 (改訂履歴)、極限環境微生物 (改訂履歴)、心臓カテーテル検査 (改訂履歴)、送風機 (改訂履歴)、気体 (改訂履歴)、化学反応 (改訂履歴)、雨仕舞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの圧力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS