融点とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 温度 > 融点の意味・解説 

ゆう‐てん【融点】

読み方:ゆうてん

固体融解しはじめるときの温度固体液体とが共存する温度。ふつう1気圧のときの値で示す。融解点


融点


融点

英訳・(英)同義/類義語:melting point

物質固体固相)から液体液相)に変換するときの温度

融解

同義/類義語:融点
英訳・(英)同義/類義語:melt, melting temperature

物質固体から液体になること。その時温度が融点。
「生物学用語辞典」の他の用語
実験方法装置単位など:  蛍光試薬  蛍光顕微鏡  融点  融解  融解曲線  血圧  血圧計

融 点

固体が熱によって液体なり始める温度の事。カカオマス中のココアバタ-の融点は結晶の形によって異なる例えα型結晶は約16だが、最も安定なβ型35である。洋生コ-チングではその温度達するとサ-ッと溶けてしまわないよう施してある。

融点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/02 13:46 UTC 版)

融点(ゆうてん、: Schmelzpunkt: point de fusion: melting point)とは、固体融解液体になる時の温度のことをいう。ヒステリシスが無い場合には凝固点液体固体になる時の温度)と一致する。また、三重点すなわち平衡蒸気圧下の融点は物質固有の値を取り、不純物が含まれている場合は凝固点降下により融点が低下することから物質を同定したり、純度を確認したりする手段として用いられる。




「融点」の続きの解説一覧

融点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 01:16 UTC 版)

金属」の記事における「融点」の解説

系の自由度規定するギブスの相律では、物質の状態は以下の式で示されるF = C − P + 2 {\displaystyle F\,=C-P+2} ただし、 F {\displaystyle F} は、自由度平衡状態中に取り得外的因子の数)。 C {\displaystyle C} は、成分の数。 P {\displaystyle P} は、その体系中において存在する相の数。 金属の相律考える際、わずかな圧力変化及ぼ影響無視してかまわないため、変数2が表す示強性のうち圧力減らした次式用いる。 F = C − P + 1 {\displaystyle F\,=C-P+1} 純金属の成分 C {\displaystyle C} は1となるため、上式変形するF = 2 − P {\displaystyle F\,=2-P} となり、 P {\displaystyle P} = 2 すなわち固相液相共存する態で自由度 F {\displaystyle F} は0になる。これは、純金属が一定の融点を持つことを示す一方合金では C {\displaystyle C} は2、 F {\displaystyle F} は1となり、融け始め温度固相温度)と完全に融ける温度液相温度)が異なるため、固相温度を融点と置いている。これら相の変化は、溶融状態の金属徐々に冷却しながら凝固させ得られる冷却曲線から分析する。 この、一定である純金属の融点(凝固点)は、温度定点として利用されている。国際温度目盛1990年改訂 (ITS-90) ではスズアルミニウム、金、銀などの凝固点採用されている。融点から沸点の間で液体状になった金属、または狭義では室温付近液体状になる金属液体金属という。

※この「融点」の解説は、「金属」の解説の一部です。
「融点」を含む「金属」の記事については、「金属」の概要を参照ください。


融点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 14:38 UTC 版)

水の性質」の記事における「融点」の解説

1気圧の融点は 273.152519 K、すなわち 0.002519 °C である。

※この「融点」の解説は、「水の性質」の解説の一部です。
「融点」を含む「水の性質」の記事については、「水の性質」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「融点」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

融点

出典:『Wiktionary』 (2021/06/12 23:47 UTC 版)

名詞

 ゆうてん

  1. 固体融解始める温度

発音(?)

ゆ↘ーてん

類義語

関連語

翻訳


「融点」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



融点と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「融点」の関連用語

融点のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



融点のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
材料屋.com材料屋.com
Copyright(c) 2004-2023 (有)イーマテリアル
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
イシハライシハラ
Copyright (C) 2023 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの融点 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの金属 (改訂履歴)、水の性質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの融点 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS