体系とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 体系 > 体系の意味・解説 

システム

(体系 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 03:31 UTC 版)

システム: system)は、相互に影響を及ぼしあう要素から構成される、まとまりや仕組みの全体。一般性の高い概念であるため、文脈に応じて体系制度方式機構組織といった多種の言葉に該当する。系 (自然科学) の記事も参照。




「システム」の続きの解説一覧

体系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/27 03:41 UTC 版)

内田(1974)は以下のような体系を採用している。前述のように、ここに含まれた綱は、現在ではどれも独立門、あるいはそれに近い扱いとなっている。 Phylum Aschelminthes 袋形動物Subphylum Arhynchaschelminthes 無吻袋虫亜門Class Rotatiria 輪虫Class Gastrotricha 腹毛Class Nematoda 線虫Class Nematomorpha 線形虫Subphylum Rhynchaschelminthes 有吻袋虫亜門Class Kinorhyncha 動吻綱 Class Priapuloidea プリアプルス綱 Class Acanthocephala 鉤頭虫

※この「体系」の解説は、「袋形動物」の解説の一部です。» 「袋形動物」の概要を見る


体系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 07:11 UTC 版)

青年団」と呼ばれる組織大きく次のように分類される町内会自治会・字単位組織されるもの。かつては集落単位組織されていたこれが地域青年団原型である。個人参加構成されている。この中には地域の祭事際にのみ集まり祭事運営もしくは祭事参加するものも含まれるまた、青年団」という独立した組織ではなく町内会自治会)の「青年部」という位置づけ組織広義では青年団と言えるだろう。これらは単独で完結している場合が多いため、実数所属人数などは地元市町村おいても把握し切れていない事がほとんどである。 地域に住む青年がこの青年団入団するはもちろん任意だが、地域によっては一定年齢達すれば自動的に団員」として登録され祭事など町内会事業強制的に借り出され本人自覚しないまま青年団活動携わるというところもある。 逆に都会からの転入者の場合、青年団入って地域溶け込みたいと考えていても各地域因習序列により加入認められない加入後回しになる事例がある。 市町村内の公民館または小・中学校学区単位組織されるもの。構成上記の青年団と同様個人参加によるが、これらは一般的に市町村単位連合体組織している場合が多い。とは言え、これらが必ず連合体に加。盟しなければいけないわけではなく市町村に連合体があるにもかかわらず単独で活動していくところもある。また、この単位大掛かりな祭事を行うところはその必要性から、これが町内会単位連合組織である場合もある。 市町村単位組織されるもの、もしくは単位連合組織。本来は公民館小・中学校区単位組織された青年団連合組織であり、○○市(町・村連合青年団、または○○市(町・村青年団協議会呼称されている場合がほとんどである。さらに、近隣郡市郡・市町村連合青年団青年団協議会)が協議会形成しているところもある。地方公共団体社会教育法に基づき補助金交付するのは一部例外除きこの単位組織された青年団である。 しかし近年構成すべき公民館小・中学校区単位組織された青年団がない市町村も多いので、市町村単位青年相集い、個人参加組織されている市町村青年団発生している。 道府県単位組織されるもの。郡・市町村青年団によって構成されている連合組織であり、○○県(道・府)連合青年団青年団協議会などと呼称されている多く郡・市町村単位青年団相互連絡強化機関としての性格が強い。本来は全ての都道府県組織されいたものであるが、東京都における連合青年団組織昭和30年代解散しているため、これらは一般的に道府県団」と総称されている。 近年東京都のほかにも埼玉県連合青年団1991年平成3年)に活動停止2006年平成18年)に兵庫県連合青年団2007年平成19年)に富山県青年団協議会それぞれ活動低迷理由正式に日本青年団協議会脱退しており、正式な表明ないものの実質活動休止状態の県連合組織も少なくない。ただ、これらは都や県内において青年団なくなった事を示しているわけではない全国組織(=日本青年団協議会全国道府県連合青年団によって組織されている。

※この「体系」の解説は、「青年団」の解説の一部です。» 「青年団」の概要を見る


体系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 09:52 UTC 版)

哲学の原理』の仏語訳者宛てた手紙中に示されるように、哲学全体一本木に例えられ、根に形而上学、幹に自然学諸々のその他の学問当てられ、そこには機械学医学道徳という果実実り哲学成果は、に実る諸学問から得られる、と考えたデカルト哲学体系は人文学系の学問含まない。これは、『方法序説第一部にも明らかなように、デカルト歴史学文献学興味持たずもっぱら数学・幾何学研究によって得られ明晰判明さの概念の上にその体系を考えたことが原因として挙げられる。これに対して後にヴィーコなどが反論することとなった

※この「体系」の解説は、「ルネ・デカルト」の解説の一部です。» 「ルネ・デカルト」の概要を見る


体系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 09:55 UTC 版)

東国正韻漢字音の体系において特徴的なことは、漢字音初声中声終声3部位に分割している点である。中国音韻学漢字音声母韻母2部位に分割するのとは異なっており、当時学者漢字音解釈において中国音韻学そのまま援用しなかったことが伺えるまた、朝鮮語の表記とは異なり漢字音表記にあっては初声中声終声3部位すべてを兼ね備えており終声持たない漢字音がないことも、東国正韻漢字音特徴1つである。東国正韻漢字音中古音音韻体系理想音としつつも、『古今韻会挙要』(1297年)、『洪武正韻』(1375年)の体系や朝鮮伝来漢字音の音形も考慮に入れる形で作られたと思われる

※この「体系」の解説は、「東国正韻」の解説の一部です。» 「東国正韻」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

体系

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 08:18 UTC 版)

名詞

たいけい

  1. 個々のものを統一した組織
  2. 一定原理基づい組織された理論思想全体

類義語

語義1:

語義2:

発音(?)

た↗いけー

翻訳


「体系」の例文・使い方・用例・文例




体系と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

体系のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



体系のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシステム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの袋形動物 (改訂履歴)、青年団 (改訂履歴)、ルネ・デカルト (改訂履歴)、東国正韻 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの体系 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS