原理とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 原理 > 原理の意味・解説 

げん り [1] 【原理】

事象やそれについての認識成り立たせる,根本となるしくみ。主として人間活動にあてはまる原則とは多少意味の違いがある。 「多数決の-」 「相対性-」
〘哲〙 世界現象根本原因根拠であるもの。本源アルケー。 〔「哲学字彙」(1881年)に英語 principle訳語一つとして載る〕 → 原則補説


原理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/10 13:23 UTC 版)

原理(げんり、: principium: principe: principle: Prinzip)とは、哲学数学において、学問議論を展開する時に予め置かれるべき言明。 そこから他のものが導き出され規定される始原。他を必要とせず、なおかつ他が必要とする第一のものである。




  1. ^ 続く音が子音の場合「prin-」とし、母音の場合は「prim-」とする。
  2. ^ ラテン語principiumおよびそれに対応する現代西欧諸語。英語 principleなど
  3. ^ ここで言う「プラトン主義」というのは、世界というのはまず根本に的な世界があり、それこそが実在であって、我々の見ているこの世界(物質的な世界)はそれの不完全な写しである、と考える哲学的な信念、形而上学的な信念、宗教的信条のこと。
  4. ^ ルシャトリエの原理など
  5. ^ 物質」は、18世紀~19世紀ころには「実在」と考える信奉者の数がやたらと増えたが、20世紀には、対物質によって消滅してしまうことがある、と知られるようになり、消滅してしまうことがあるようなものは根本原理には据えられないと考えられるようになり、位置づけがすっかり低下した。
  1. ^ a b c d 岩波 哲学思想事典 p.474
  2. ^ アリストテレス『形而上学』A3、983b6
  3. ^ a b c d e f 山口裕之『ひとは生命をどのように理解してきたか』講談社、2011年 pp.80-113
  4. ^ 平凡社『世界大百科事典』【物質】
  5. ^ 熱力学の第一法則第二法則第三法則など


「原理」の続きの解説一覧

原理

出典:『Wiktionary』 (2012/03/26 12:01 UTC 版)

名詞

(げんり)

  1. 多くものごと当てはまる根本となる理論

発音

げ↘んり

翻訳

関連語






原理と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「原理」の関連用語

原理のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

W64T

ミックスチーズ

融雪剤散布システム

クトナ・アクティノーサ

カキ

スレンダーライン

921T

203mm自走りゅう弾砲





原理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの原理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの原理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS