パラダイムとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > パラダイムの意味・解説 

パラダイム [3] 【paradigm】

アメリカ科学史家クーン科学理論歴史的発展分析するために導入した方法概念科学研究一定期間導く,規範となる業績を意味する。のちに一般化され,ある一時代人々のものの見方考え方根本的規定している概念的枠組みをさすようになった
語形変化の型を代表的語例示し一覧表日本語用言活用表,印欧語格変化表などがその例。

パラダイム 【paradigm】

ある一時代人々のものの見方考え方根本的規定している枠組としての認識体系米国科学史研究者トーマス-クーン一九六二年に発表した考え方天動説地動説などがその例だが、中世ではアリストテレス自然学神学加えスコラ哲学がそれであり、教会はこれをバックにして権威を保った。範例

パラダイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/25 02:20 UTC 版)

パラダイム (paradigm) とは、科学史家科学哲学者トーマス・クーンによって提唱された、科学史及び科学哲学上の概念。一般には「模範」「範」を意味する語だが、1962年に刊行されたクーンの『科学革命の構造The structure of scientific revolutions)』で科学史の特別な用語として用いられたことで有名になった。しかし、同時に多くの誤解釈や誤解に基づく非難に直面したこと、また、概念の曖昧さなどの問題があったために、8年後の1970年に公刊された改訂版では撤回が宣言され、別の用語で問題意識を再定式化することが目指された。




  1. ^ 『科学革命の構造』の序文
  2. ^ 『科学革命の構造』、第二章。
  3. ^ 野家啓一 『現代思想の冒険者たち24 クーン』 講談社、1981年、214~218頁。ISBN 4-06-265924-7 
  4. ^ 野家啓一 『現代思想の冒険者たち24 クーン』 講談社、1981年、219頁。ISBN 4-06-265924-7 
  5. ^ アルキメデスの「砂粒を数えるもの」に引用されている。アリスタルコスの論文(「太陽と月の大きさと距離について」)はひとつ残されているが、そこには地動説の主張はない。
  6. ^ 天羽康夫(1976) スミス『天文学史』についての一考察、高知大学学術研究報告 社会科学・社会科学篇(25). p.101-102.


「パラダイム」の続きの解説一覧

パラダイム

出典:『Wiktionary』 (2010/11/07 04:17 UTC 版)

名詞

  1. 理論枠組
  2. 模範範例

語源

類義語

翻訳




パラダイムと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パラダイム」の関連用語

パラダイムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



パラダイムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパラダイム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのパラダイム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS