価値観とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 判断 > 価値観の意味・解説 

かち かん -くわん [3][2] 【価値観】

いかなる物事価値認めるかという個人個人評価判断。 「 -の相違

価値観

読み方:かちかん

どのような物事価値認めるか、という個人それぞれの判断基準を表す言葉対人関係において、何に価値見出すかという点が他人異なることを「価値観の違い」と表現することがあるまた、自分が持つ価値観を他人に押し付けることを「価値観の押し付けと言う

価値観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/23 15:04 UTC 版)

価値観(かちかん、英:sense of values[1])とは、何に価値があると認めるかに関する考え方[2]。価値(善・悪、好ましいこと・好ましくないこと、といった価値)を判断するときの根底となる ものの見方[2]。ものごとを評価・判断するときに基準とする、何にどういう価値がある(何には価値がない)、という判断[3]


  1. ^ プログレッシブ英和中辞典「価値観」
  2. ^ a b 広辞苑第六版「価値観」
  3. ^ 大辞泉
  4. ^ 電通総研, 日本リサーチセンター『世界60カ国 価値観データブック』同友館, 2004, ISBN 4496036649
  5. ^ 日本能率協会総合研究所『日本人の価値観 データで見る30年間の変遷』生活情報センター, 2005, ISBN 4861262224
  6. ^ 古矢旬、亀井俊介、鈴木健次『史料で読むアメリカ文化史〈5〉アメリカ的価値観の変容―一九六〇年代‐二〇世紀末』東京大学出版会, 2006, ISBN 4130250450
  7. ^ 親子間の価値観の相違が、様々なせめぎあいとなって現れる例は、志茂田景樹『親と子の価値観戦争』KIBA BOOK,1998, ISBN 4916158261などで扱われている
  8. ^ このようなことを指して「類は友を呼ぶ」などと言ったりする
  9. ^ ヨーロッパ諸語の源流のひとつであるラテン語において、community(共同体)は、communico (共有する、わかちあう) と同系の言葉である。研究社羅和辞典』より。
  10. ^ 『バリュー・マネジメント―価値観と組織文化の経営革新』春秋社, 2005, ISBN 4393641280
  11. ^ カーメン・R. ディジョージオ『結婚テスト―永遠の愛を誓う前に、彼と私の価値観を最終検定』ブックマン社, 2005, ISBN 4893085832


「価値観」の続きの解説一覧



価値観と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「価値観」の関連用語

価値観のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



価値観のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの価値観 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS