田舎とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 田舎 > 田舎の意味・解説 

でん‐しゃ【田舎】

古くは「でんじゃ」とも》いなか。また、いなかの家。

さしもの名物を—の塵になさん事」〈平家・七〉


い‐なか〔ゐ‐〕【田舎】

都会から離れ地方。「田舎から町に出てくる」

田畑多くのどかな所。人家少なく、静かでへんぴな所。「便利になったとはいっても、まだまだ田舎だ」

生まれ故郷郷里父母祖父母ふるさとについてもいう。「うちの田舎は四国港町です」

名詞付き接頭語的に用いて)素粗暴・やぼなどの意を表す。「田舎料理」「田舎風(ふう)」「田舎侍


い‐なか ゐ‥ 【田舎】

〔名〕

都会から離れ土地地方。都以外の所。また、人家少なく、へんぴな所。在郷。鄙(ひな)。

書紀720垂仁二年一〇月(北野本訓)「黄牛(あめうじ)田器(たつはもの)を負て田舎(ヰナカ)に将往(ゆ)く」

伊勢物語(10C前)五八「ゐなかなりければ、田刈らんとて」

地方にある生まれ故郷、または、親などの出身地郷里。「連休にいなかへ帰る

尋常小学読本(1887)〈文部省〉六「田舎の叔母を訪はんとて」

③ (名詞の上に付けて接頭語のように用いる) 田舎でよくありそうなさま、野卑、下品、粗暴などのさまにいう語。

古事談121215頃)二「布衣之時、似田舎五位

④ 「いなかおたる田舎御樽)」の略。

御湯殿上日記文明一四年(1482)一一二日「御みやけいなか一か」

(5)いなかざけ田舎酒)」の略。

言継卿記天文一三年(1544)正月二九日「今朝広橋よりゐ中とて一」

(6)いなかじるこ田舎汁粉)」の略。

明治世相百話(1936)〈山本笑月甘党随喜名代汁粉甘党随喜した汁粉の味、〈略〉御膳、田舎、小倉塩餡乃至は白餡の上品まで」

[語誌](1)①は、中古以前は、都から離れ土地をいい、たとえば「伊勢物語五八」の例は、平安京の外にある長岡をさす。類義語「ひな」は畿外の地をいうが、次第古語となった。
(2)「ゐなか」は、「みやこ」の対として、蔑視されていたとは限らない。上代いわゆる両貫貴族本貫の地、すなわち生産を営む場をさす場合には侮蔑性は少なく都会的洗練を経ないものとしては、次第に、蔑称意識が強まり、その意味での数多く複合語をつくる。
(3)中世では京都郊外よりさらに外の地、また単に地方の意にも使われたらしい


でん‐しゃ【田舎】

〔名〕 (古くは「でんじゃ」とも) いなか。また、いなかの家。

菅家文草900頃)一一吉祥院法華会願文「須明年、予帰田舎

中院平家13C前)七「くだし給て候し御琵琶をば、〈略〉いまはでんしゃのちりにまじへ」〔史記蘇秦伝〕


田舎

読み方:イナカ(inaka)

都会から離れ地方


田舎

作者プレヴォー

収載図書諸国物語
出版社筑摩書房
刊行年月1991.12
シリーズ名ちくま文庫

収載図書仏蘭西短篇集 オンデマンド
出版社ゆまに書房
刊行年月2004.5
シリーズ名昭和初期世界名作翻訳全集


田舎

読み方:いなか

  1. 下流芸妓又ハ酌婦。〔第二類 人物風俗
  2. 下流芸妓又は酌婦を云ふ。
  3. 下流芸妓又は酌婦をいう。

田舎

読み方:いなか

  1. 二名以上共謀シテ世事ニ疎キ田舎人ナド欺キ、巧ミニ其所持ノ財物騙取スル所為ヲ云フ。之ガ手段方法一様ナラズ。〔第三類 犯罪行為
  2. 二名以上共謀して世事に疏き田舎人などを欺き其の所持品又は財物などを騙取する所為を云ふ。之れの手方法等は種々あり。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

田舎

読み方
田舎いなか

田舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 12:04 UTC 版)

田舎(いなか、: Countryside, Rural area)は、都市都会(みやこ)などの対義語となる概念


注釈

  1. ^ 漫画やライトノベルがテレビアニメ化されれば、ほとんどの作品が首都圏・関西圏のキー局独立U局(特にテレビ東京TOKYO MXなど)で、ローカル局より先行して放送されるため、視聴できる地域住民から注目を集めることになるが、その反面、作品の舞台である「地元の局」で放送されることが少ない(放送に踏みきるとしても、キー局より数日以上遅れての放送になる)。

出典

  1. ^ 広辞苑 第六版「いなか(田舎)」
  2. ^ 田島優『あて字の素性:常用漢字表「付表」の辞典』 風媒社 2019年 ISBN 978-4-8331-2105-7 pp.50-51.
  3. ^ 平野邦雄 『邪馬台国の原像』 学生社 重刷2003年(初刷2002年) ISBN 4-311-20255-5 76頁。
  4. ^ a b c 伊佐雅子 編『多文化社会と異文化コミュニケーション』、2007年、98頁。
  5. ^ 伊佐雅子 編『多文化社会と異文化コミュニケーション』、2007年、97-101頁。
  6. ^ a b c 伊佐雅子 編『多文化社会と異文化コミュニケーション』、2007年、99頁。
  7. ^ 伊佐雅子 編『多文化社会と異文化コミュニケーション』、2007年、99-100頁。
  8. ^ a b 伊佐雅子 編『多文化社会と異文化コミュニケーション』、2007年、98-99頁。


「田舎」の続きの解説一覧

田舎

出典:『Wiktionary』 (2020/05/14 06:40 UTC 版)

名詞

  1. デンシャ/デンジャ田畑とそれに付属する粗末な家。
  2. デンシャ/デンジャいなか
  3. (いなか)いなか参照



田舎と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「田舎」の関連用語

田舎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



田舎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの田舎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの田舎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS