芸妓とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > 女性 > 芸妓の意味・解説 

げい‐ぎ【芸×妓】

読み方:げいぎ

歌舞音曲などで、酒宴の座に興を添えることを業とする女性芸者芸子


芸妓

読み方:ゲイギ(geigi)

酒宴の席舞踏音曲などにより客を楽しませる女性


芸子、芸妓

大阪弁 訳語 解説
芸子、芸妓 芸者 芸をして客を楽しませる人。


芸妓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/26 09:31 UTC 版)

芸妓(げいぎ、げいこ)は、舞踊音曲・鳴物で宴席に興を添え、客をもてなす女性。芸者・芸子のこと。酒席に侍って各種の芸を披露し、座の取持ちを行う女子のことであり、太夫遊びが下火となった江戸時代中期ごろから盛んになった職業の一つである。


  1. ^ 博多券番とは 博多券番、2021年8月1日閲覧。
  2. ^ 府警察が調停、解決へ動く『大阪毎日新聞』(昭和12年3月6日)『昭和ニュース事典第6巻 昭和12年-昭和13年』本編p46 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  3. ^ 芸妓六十人が信貴山に籠城『大阪毎日新聞』(昭和12年2月27日夕刊)『昭和ニュース事典第6巻 昭和12年-昭和13年』本編p46
  4. ^ 新検番の設立認可、芸妓側に凱歌『大阪毎日新聞』(昭和12年3月7日夕刊)『昭和ニュース事典第6巻 昭和12年-昭和13年』本編p47
  5. ^ 『運命の影に』松崎天民著 (磯部甲陽堂, 1917)
  6. ^ a b 関西学院大学先端社会研究所紀要第12号、『地方花柳界における〈芸〉と〈色〉-諏訪湖沿岸地域の事例-、谷岡優子、2015年
  7. ^ 『娯楽業者の群 : 社会研究』権田保之助著 実業之日本社 大正12
  8. ^ 清水晴風著『東京名物百人一首』明治40年8月「不見転」国立国会図書館蔵書、2018年2月10日閲覧
  9. ^ 『大宰相・原敬』 福田和也、PHP研究所, 2013/11/25、「大慈寺」の章
  10. ^ 『「家系図」と「お屋敷」で読み解く歴代総理大臣 昭和・平成篇』竹内正浩、実業之日本社, 2017/07/25、「犬養家関係の人々」の項
  11. ^ 椿山荘の女王・吉田貞子 ]『現代之人物観無遠慮に申上候』河瀬蘇北、二松堂書店、1917年
  12. ^ 深川タウン誌 11月12月号 2017年 No239
  13. ^ 夕刊讀賣新聞 2022年 8月19日号
  14. ^ 宮島悠夏, 岡崎篤行, 松井大輔、「花街の景観演出要素としての提灯の掲出 -京都五花街を中心として-」『日本建築学会技術報告集』 2016年 22巻 51号 p.739-742, doi:10.3130/aijt.22.739
  15. ^ 中村真己(2007)花街における伝統の維持・継承と変容
  16. ^ 旧花街の伝統芸能継承と街並みの形成保存維持
  17. ^ お座敷外活動の展開にみる八王子花柳界の再興要因 - 首都大学東京
  18. ^ 西尾久美子(2007)京都花街の経営学 - 東洋経済新報社
  19. ^ 加藤政洋(2005)花街: 異空間の都市史 - 朝日新聞社
  20. ^ 明田鉄男(2002)日本花街史 - 雄山閣
  21. ^ 伊豆長岡温泉 芸妓”. 伊豆長岡芸能事業協同組合. 2018年7月3日閲覧。
  22. ^ 静岡伝統芸能振興会”. 静岡商工会議所. 2018年7月3日閲覧。
  23. ^ 名妓連”. 名古屋伝統芸能振興会. 2018年7月3日閲覧。
  24. ^ 有馬芸妓”. 料有馬伝統文化振興会. 2021年1月1日閲覧。
  25. ^ 土佐芸妓”. 料亭 濱長. 2020年12月24日閲覧。
  26. ^ あきた舞妓”. 株式会社 せん. 2018年7月3日閲覧。
  27. ^ 『二代芸者 : 紅灯情話』 安藤せん子著 (新栄社, 1913)
  28. ^ 国立国会図書館. “沖縄のジュリ(尾類)についての資料はあるか。” (日本語). レファレンス協同データベース. 2021年5月28日閲覧。



芸妓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 15:39 UTC 版)

古町芸妓」の記事における「芸妓」の解説

庄内屋しん1873年 - 1938年) - 明治時代初期の芸妓置屋庄内屋に在籍していた芸妓。 1886年明治19年)。初代萬代橋架橋される際に第四国立銀行現在の第四銀行頭取八木朋直が柳原前光橋名揮毫依頼するにあたって二人の間取り持ったその後萬代橋架橋後まもなく、前光の側室として落籍される。 前光が病臥することが多くなった1889年明治22年)から1890年明治23年)の間に新潟への帰郷許され古町戻って庄内屋の芸妓に復帰した1894年明治27年)に前光が死去したのちに芸妓を廃業し義妹藤間静江庄内屋八重。のちの藤蔭静樹)の面倒を見ることとなる。 庄内屋八重1880年 - 1966年) - 1898年まで、庄内屋に在籍していた芸妓。 のちの藤蔭静樹

※この「芸妓」の解説は、「古町芸妓」の解説の一部です。
「芸妓」を含む「古町芸妓」の記事については、「古町芸妓」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「芸妓」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「芸妓」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



芸妓と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「芸妓」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||



6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||



芸妓のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



芸妓のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2023 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの芸妓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの古町芸妓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS