日本における漢字とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本における漢字の意味・解説 

日本における漢字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/28 14:32 UTC 版)

日本における漢字(にほんにおけるかんじ)では、日本で使用される漢字を総合的に説明する。




注釈

  1. ^ いわゆる助動詞を含む

出典

  1. ^ 東京大学文学部講義、「中国音韻学の諸問題」、1948年。
  2. ^ 森浩一『日本神話の考古学』朝日新聞社、1999年。
  3. ^ 宝賀寿男「第一章 戦後の神武天皇」『「神武東征」の原像』青垣出版、2006年。
  4. ^ 『新明解国語辞典』三省堂「真名」より
  5. ^ Gunarto, Hary (2004-02). “Building dictionaries as basic tools for machine translation in natural language processing applications”. 立命館言語文化研究 (立命館大学国際言語文化研究所) 15 (03): 177-185. https://bibdb.ninjal.ac.jp/bunken/ja/article/100000146695 2020年4月4日閲覧。. 
  6. ^ Gunarto's Kanji Learning Systems
  7. ^ 安岡孝一 (2011年2月24日). “「鉄」と「鐵」”. 三省堂 WORD-WISE WEB. ことばのコラム 人名用漢字の新字旧字 第82回. 2020年4月4日閲覧。
  8. ^ “日本初の漢字学会設立 京都、漢検協会呼び掛けで”. 日本経済新聞. 共同通信. (2018年3月30日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28781350Q8A330C1AC1000/ 2018年6月2日閲覧。 
  9. ^ 押木秀樹 横書き移行に伴う変化について
  10. ^ 白川(文字逍遥) PP..353-354


「日本における漢字」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本における漢字」の関連用語

日本における漢字のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本における漢字のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本における漢字 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS