日本の刑務所とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の刑務所の意味・解説 

日本の刑務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/13 02:22 UTC 版)

本項では日本の刑務所(にほんのけいむしょ)について解説する。




  1. ^ 法務省矯正統計統計表 2015年9月
  2. ^ “熊本の刑務所に「柔軟な対応」「素晴らしい」と賞賛の声 地震うけ「全国で初」の行動とは”. (2016年4月19日). http://www.j-cast.com/2016/04/19264576.html?p=all 2016年5月5日閲覧。 
  3. ^ 万寿3年8月26日左看督長紀延正等解」『平安遺文』505号
  4. ^ 小右記長和2年8月15日条・『宇槐記抄仁平2年5月12日条など
  5. ^ 上杉和彦『日本中世法体系成立史論』校倉書房、1996年 「京中獄所の構造と特質」(初出:1992年)「摂関政治期における拘禁処分をめぐって」(初出:1991年)
  6. ^ 牢獄研究会 『図解 牢獄・脱獄』 新紀元社、東京、2011年5月2日
  7. ^ 横田勉 『行刑施設とそれが置かれる地域との関係性 : 北海道での取り組みを例として』 北海道大学、2014年9月25日doi:10.14943/doctoral.k115612018年8月18日閲覧。
  8. ^ 安丸良夫(1999)『一揆、監獄、コスモロジー、周辺性の歴史学』、朝日新聞社、東京.
  9. ^ a b c d 刑務所」、『昭和43年版犯罪白書』、2018年8月1日閲覧。
  10. ^ 川口恭子(2009)「細川重賢の「訓戒書」について」、『肥後学講座Ⅲ』、p.149、熊本日日新聞社、熊本.
  11. ^ 川口恭子(2008)「重賢公逸話」(熊日新書)、熊本日日新聞社、熊本.
  12. ^ 北條浩、宮平真弥「日本近代刑法の成立過程」、『流経法學』第9巻第1号、流通経済大学、2009年8月、 13-57頁、 ISSN 1347281XNAID 110010007867
  13. ^ a b c 自由刑の発見」、『昭和35年版犯罪白書』、2018年8月1日閲覧。
  14. ^ 岩井宜子「日本の矯正 (小特集 刑務所) (PDF) 」 、『専修大学法学研究所所報』第53号、専修大学、2016年12月20日ISSN 0913-7165NAID 400213872202018年8月1日閲覧。
  15. ^ 明治5年太政官布告第378号監獄則図式』、1872年11月29日2018年8月1日閲覧。
  16. ^ 懲治場(特別幼年監)における「感化教育」の試行と挫折 (PDF) 」 、『天理大学学報』第66巻第1号、天理大学、2014年10月ISSN 0387-4311NAID 1200058585752018年8月3日閲覧。
  17. ^ 監獄則改正・御署名原本・明治二十二年・勅令第九十三号”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1889年). 2018年8月1日閲覧。
  18. ^ 史料解説~何の品物リスト?”. 東京都公文書館. 2018年8月1日閲覧。
  19. ^ 函館市史デジタル版通説編第2巻”. 2018年8月1日閲覧。
  20. ^ 明治6年太政官布告第71号”. 2018年8月1日閲覧。
  21. ^ 地方官官制制定まで囚獄所・懲役署・監獄所など道府県により名称のゆれがある。レファレンス共同データベース”. 国立国会図書館. 2018年8月1日閲覧。
  22. ^ 集治監官制・御署名原本・明治十九年・勅令第七十七号”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1886年). 2018年8月3日閲覧。
  23. ^ 北海道集治監官制・御署名原本・明治二十四年・勅令第百八号”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1891年). 2018年8月3日閲覧。
  24. ^ 1895年に両官制は統合され、集治監仮留監官制となる。集治監仮留監官制改正北海道集治監官制廃止・御署名原本・明治二十八年・勅令第九十八号”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1895年). 2018年8月3日閲覧。
  25. ^ 地方官官制・御署名原本・明治十九年・勅令第五十四号”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1893年). 2018年8月3日閲覧。
  26. ^ 府県監獄費及府県監獄建築修繕費国庫支弁ニ関スル件・御署名原本・明治三十三年・法律第四号”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1900年). 2018年8月3日閲覧。
  27. ^ 倉持史朗「帝国議会における監獄費国庫支弁問題」、『天理大学社会福祉学研究室紀要』第14号、天理大学、2012年3月ISSN 1345-6628NAID 1200058587102018年8月18日閲覧。
  28. ^ 赤司友徳 『近代日本監獄史の研究』 九州大学、2018年1月24日2018年8月18日閲覧。
  29. ^ 監獄官制制定集治監仮留監官制及明治二十九年勅令第三百六十二号(集治監仮留監並庁府県看守定員)廃止・御署名原本・明治三十六年・勅令第三十五号”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1903年). 2018年8月1日閲覧。
  30. ^ 監獄官制は後に以下の通り全面改正されている。
    刑務所及び拘置所令(昭和23年政令第268号)」、『官報』第6487号、1948年8月28日2018年8月7日閲覧。
    刑務所、少年刑務所及び拘置所組織規程(昭和24年法務府令第4号)」、『官報』号外第70号、1949年6月1日2018年8月7日閲覧。
    「刑務所、少年刑務所及び拘置所組織規則(平成5年法務省令第13号)」、2018年8月7日閲覧。
    刑務所、少年刑務所及び拘置所組織規則(平成13年法務省令第3号)」、2018年8月7日閲覧。
  31. ^ 亀屋惠三子、櫻井誠「近代日本における監獄建築の空間分析に関する基礎的研究」、『研究紀要』第46巻、神戸市立工業高等専門学校、2008年3月ISSN 09101160NAID 1100069780272018年8月7日閲覧。
  32. ^ 姫嶋瑞穂「不平等条約改正後における外国人処遇対策と明治二二年「監獄則」改正」、『奈良法学会雑誌』第22巻第3・4号、奈良産業大学法学会、2010年3月30日ISSN 0914-921XNAID 1200058279282018年8月7日閲覧。
  33. ^ 江川紹子 (2017年3月12日). “文化遺産となった美しい刑務所~設計者の孫・山下洋輔さんに聴く”. 2018年8月7日閲覧。
  34. ^ 重松一義 『日本獄制史の研究』 吉川弘文館、東京、2005年11月1日ISBN 978-4642034067
  35. ^ 孔穎「晩清中央政府の法制官董康の日本監獄視察について」、『或問』第18号、関西大学近代東西言語文化接触研究会、2010年7月ISSN 1345-98992018年8月18日閲覧。
  36. ^ a b 岩本税ほか(2007)「トピックスで読む熊本県の歴史」弦書房、東京.
  37. ^ 小口千明「集治監を核とした集落の形成と住民の集治監像 (PDF) 」 、『歴史地理学紀要』第25号、歴史地理学会、1983年、 47-49頁、 ISSN 048634612018年8月1日閲覧。
  38. ^ 桑原真人「上川道路の建設過程について」、『経済と経営』第21巻第1号、札幌大学、1990年6月ISSN 038911192018年8月7日閲覧。
  39. ^ 月形歴史物語 開拓の基盤を作った囚人道路”. 北海道月形町. 2018年8月7日閲覧。
  40. ^ 町のなりたちは集治監から”. 北海道標茶町. 2018年8月1日閲覧。
  41. ^ a b c d 宗教教誨小史”. 浄土真宗本願寺派社会部社会事業担当. 2018年8月7日閲覧。
  42. ^ 間野闡門 (1900年11月). “日本監獄教誨史”. 法蔵館. 2018年8月7日閲覧。
  43. ^ 繁田真爾「監獄教誨の誕生 : 明治前期の国家・仏教・統治」、『宗教研究』第85巻第4号、日本宗教学会、2012年3月30日doi:10.20716/rsjars.85.4_987ISSN 03873293NAID 1100094399442018年8月7日閲覧。
  44. ^ 三吉明「北海道の集治監とキリスト教」、『北星論集』第3号、北星学園大学、1966年9月、 143-156頁、 ISSN 0387-18862018年8月7日閲覧。
  45. ^ 江連崇「監獄内における福祉的活動はなぜ生まれたのか」、『道北福祉』第8号、名寄市立大学、2017年3月、 21-31頁、 NAID 1200063579042018年8月7日閲覧。
  46. ^ 全国教誨師連盟について(全国連合の体制に向けて)”. 全日本仏教会. 2018年8月7日閲覧。
  47. ^ a b 宗教教誨と教誨師連盟の沿革”. 公益財団法人全国教誨師連盟. 2018年8月7日閲覧。
  48. ^ 『女子刑務所ライフ!』(2018) 中野瑠美 イースト・プレス
  49. ^ 行刑施設を沼田町へ”. 沼田町. 2009年10月13日閲覧。
  50. ^ a b 『監獄ビジネス』 153頁。
  51. ^ 『監獄ビジネス』 92-108・148-150頁。
  52. ^ 無期懲役の「定義」”. 無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのホームページ. 2009年10月13日閲覧。
  53. ^ 無期懲役仮釈放者の在所期間(1990年~)”. 無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのホームページ. 2009年10月13日閲覧。
  54. ^ 「刑務所ゼロ」、奈良に波紋 独自の教育惜しむ声 - 朝日新聞デジタル(2016年7月27日)
  55. ^ 旭川刑務所 (PDF)”. 矯正局. 法務省 (2012年4月16日). 2012年11月1日閲覧。
  56. ^ 宮城刑務所 (PDF)”. 矯正局. 法務省 (2012年4月16日). 2012年11月1日閲覧。
  57. ^ 盛岡少年刑務所 (PDF)”. 矯正局. 法務省 (2012年4月16日). 2012年11月1日閲覧。
  58. ^ 横浜刑務所 (PDF)”. 矯正局. 法務省 (2012年4月16日). 2012年11月1日閲覧。
  59. ^ 松本少年刑務所 (PDF)”. 矯正局. 法務省 (2012年4月16日). 2012年11月1日閲覧。
  60. ^ 岐阜刑務所 (PDF)”. 矯正局. 法務省 (2012年4月16日). 2012年11月1日閲覧。
  61. ^ 神戸刑務所 (PDF)”. 矯正局. 法務省 (2012年4月16日). 2012年11月1日閲覧。
  62. ^ 姫路少年刑務所 (PDF)”. 矯正局. 法務省 (2012年4月16日). 2012年11月1日閲覧。
  63. ^ 德島刑務所 (PDF)”. 矯正局. 法務省 (2012年4月16日). 2012年11月1日閲覧。
  64. ^ 熊本刑務所 (PDF)”. 法務省矯正局 (2012年4月16日). 2012年11月1日閲覧。
  65. ^ 沖縄刑務所 (PDF)”. 矯正局. 法務省 (2012年4月16日). 2012年11月1日閲覧。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本の刑務所」の関連用語

日本の刑務所のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本の刑務所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の刑務所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS