日本画とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 日本画の意味・解説 

にほん‐が〔‐グワ〕【日本画】

古代以来中国朝鮮からの影響を受けながら日本発達した、独自の様式有する絵画。絹や紙に毛筆で描き、主として岩絵の具顔料)を用いる。西洋画洋画に対していう。


日本画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/05 02:37 UTC 版)

日本画(にほんが)は、日本の伝統的な様式を汲んだ絵画である。明治期に洋画が発展するなかで生まれた概念。多くは岩絵具和紙絵絹などの伝統的材料や技法が用いられる[1]。彩色画と水墨画に分けられる。


  1. ^ 日本画, コトバンク, 朝日新聞社, 2016年1月6日閲覧.
  2. ^ a b 富山県博物館協会『日本画の成立とその名称』(下記#外部リンク-2010年6月6日閲覧)
  3. ^ a b 陰里鉄郎「日本画」(『日本史大事典 5』(平凡社、1993年) ISBN 978-4-582-13105-5
  4. ^ 『広辞苑 第五版』新村 出 岩波書店 1998/11 ISBN 4000801120 ISBN 978-4000801126 「日本画」より。
  5. ^ 原田実「日本画」(『国史大辞典 11』(吉川弘文館、1990年) ISBN 978-4-642-00511-1
  6. ^ 膠はゼラチンの粗製品
  7. ^ 膠を水に溶いたもの


「日本画」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本画」の関連用語

日本画のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS