ウグイスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > ウグイス > ウグイスの意味・解説 

吉利子樹

読み方:ウグイス(uguisu)

ツツジ科落葉低木高山植物


ウメイロ

学名Paracaesio xanthura 英名:Yellow back fusilier
地方名:ウグイス、ウメロシーヌクワー 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目フエダイ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
浅い岩礁域に生息しているが、大きいものは水深200m位の大陸棚上で見られる。うろこは小さめで、長楕円形の体は左右に平たい。群れで泳いでいることが多いので、群れに当たると次から次に多く釣れる。3におろし刺身塩焼き煮付けにする。肉は白身でどんな料理にもあうなので洋風ムニエルにしてもおいしく食べることができる。

分布:伊豆半島以南和歌山高知インド・西太平洋熱帯亜熱帯 大きさ:50cm
漁法:釣り深海延縄 食べ方:ムニエル刺身煮付け塩焼き

サギフエ

学名Macroramphosus scolopax 英名:Bellows fish
地方名:ウグイス、チュウチュウ 
脊椎動物門硬骨魚綱トゲウオ目サギフエ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 動画

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
水深15〜150mの砂泥底に生息する。体は側偏し、頭と体には粗雑小さいうろこがある。口は管状で、口内には歯がない。背びれの2番目のとげはかなり強く大きい。体形体色個体による変異著しいが、浅海にすむものほど体高が低く、銀色を帯びる傾向がある。普段はやや斜め倒立しているが、泳ぐときは平になる。海底小動物などをエサとする。

分布:本州中部以南沖縄を除く)、インド・西太平洋 大きさ:18cm
漁法:底引き網 食べ方: 

ウグイス

ウグイス
ウグイス

映像ファイルをダウンロードして再生することができます



読み方:ウグイス(uguisu)

ヒタキ科

学名 Cettia diphone


吉利子樹

読み方:ウグイス(uguisu)

ツツジ科落葉低木高山植物

学名 Vaccinium hirtum


読み方:ウグイス(uguisu)

ウグイスカグラ別称
スイカズラ科落葉小低木

学名 Lonicera gracilipes var.glabra


ウグイス

読み方:うぐいす

  1. 梅乾ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・岡山県

分類 岡山県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ウグイス(uguisu)

ウグイス科小鳥古くからおめでたいとして親しまれ「ホーホケキョ」と美しい声で鳴くことで知られる

季節

分類 動物


黄鸝

読み方:ウグイス(uguisu)

ウグイスの別称

季節

分類 動物


人来鳥

読み方:ウグイス(uguisu)

初演 明治36.1(東京真砂座)


読み方:ウグイス(uguisu)

作者 伊藤永之介

初出 昭和13年

ジャンル 小説


読み方:ウグイス(uguisu)

作者 佐佐木信綱

初出 昭和6年

ジャンル 歌集


読み方:ウグイス(uguisu)

作者 西脇順三郎

初出 昭和36年

ジャンル


読み方:ウグイス(uguisu)

作者 林芙美子

初出 昭和9年

ジャンル 小説


読み方:ウグイス(uguisu)

作者 原民喜

初出 昭和15年

ジャンル 小説


読み方:ウグイス(uguisu)

作者 原田種夫

初出 昭和36年

ジャンル 小説


読み方:ウグイス(uguisu)

作者 三浦哲郎

初出 昭和50年

ジャンル 小説


読み方:ウグイス(uguisu)

作者 与謝野晶子

初出 昭和7年

ジャンル 随筆


ウグイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/27 06:53 UTC 版)

ウグイス(鶯、学名: Horornis diphone)は、スズメ目ウグイス科ウグイス属の1種である。


[ヘルプ]
  1. ^ a b IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.2. (Cettia diphone)” (英語). IUCN. 2012年3月30日閲覧。
  2. ^ Cettia diphone Kittlitz, 1830” (英語). ITIS. 2012年3月30日閲覧。
  3. ^ Gill, F.; Donsker, D., eds. (2012), “Birds of the World: Recommended English Names”, IOC World Bird Names, version 2.11, http://www.worldbirdnames.org/Archives/IOC%20Names%20File-2.11.xls 
  4. ^ Gill, F.; Donsker, D., eds. (2009), “Birds of the World: Recommended English Names”, IOC World Bird Names, version 2.0, http://www.worldbirdnames.org/Archives/IOC%20Names%20File-2.0.xls 
  5. ^ ウグイス 一夫多妻の鳥 (1997)、29頁
  6. ^ a b c d ひと目でわかる野鳥 (2010)、192頁
  7. ^ a b 色と大きさでわかる野鳥観察図鑑 (2002)、32頁
  8. ^ ウグイス”. サントリー. 2012年3月30日閲覧。
  9. ^ 散歩で楽しむ野鳥の本 (2008)、76頁
  10. ^ a b c 野山の鳥 (2000)、88–89頁
  11. ^ a b 鳥類図鑑 (2006)、101頁
  12. ^ a b 里山の野鳥ハンドブック (2011)、36頁
  13. ^ ウグイス 一夫多妻の鳥 (1997)、34-35頁
  14. ^ a b ウグイス 一夫多妻の鳥 (1997)、58–59頁
  15. ^ a b 庭で楽しむ野鳥の本 (2007)、32-33頁
  16. ^ ウグイスの初鳴日 (PDF)”. 気象庁. 2012年3月31日閲覧。
  17. ^ 2011年のウグイスの初鳴日 (PDF)”. 気象庁. 2012年3月31日閲覧。
  18. ^ ハワイに持ち込まれた日本のウグイスは、短期間にさえずりの進化を起こした
  19. ^ ハワイのウグイスは「ホーホピッ」 国立科学博物館・筑波研究施設
  20. ^ ハワイのウグイス、さえずり「日本より単純」
  21. ^ ウグイスが「ホーホピッ」 競争ないとさえずり手抜き?
  22. ^ a b c d e Alström, P.; Höhna, S.; Gelang, M.; Ericson, P.G.P.; Olsson, U. (2011), “Non-monophyly and intricate morphological evolution within the avian family Cettiidae revealed by multilocus analysis of a taxonomically densely sampled dataset”, BMC Evol. Biol. 11 (353), doi:10.1186/1471-2148-11-352, http://www.biomedcentral.com/1471-2148/11/352 
  23. ^ Drovetski, S.V.; Zink, R.M.; Fadeev, I.V.; Nesterov, E.V.; Koblik, E.A.; Red’kin, Y.A.; Rohwer, S. (2004), “Mitochondrial phylogeny of Locustella and related genera”, J. Avian Biol. 35: 105–110, http://hosting.uaa.alaska.edu/afsvd/SVDpublications/2004%20Drovetski%20et%20al%20JAB.pdf 
  24. ^ Alström, P.; Ericson, P.G.P.; Olsson, U.; Sundberg, P. (2006), “Phylogeny and classifcation of the avian superfamily Sylvioidea”, Mol. Phylogenet. Evol. 38: 381–397, http://www.nrm.se/download/18.4e1d3ca810c24ddc70380001143/Alstr%C3%B6m+et+al+Sylvioidea+MPEV+2006.pdf 
  25. ^ a b Gill, F.; Donsker, D., eds. (2012), “Sugarbirds, starlings, thrushes”, IOC World Bird Names, version 2.11, http://www.worldbirdnames.org/n-sugarbirds.html 
  26. ^ 日本のレッドデータ検索システム(ハシナガウグイス)”. エンビジョン環境保全事務局. 2012年3月31日閲覧。
  27. ^ a b c ウグイス 一夫多妻の鳥 (1997)、52-53頁
  28. ^ 絶滅危惧種情報 ダイトウウグイス(環境省生物多様性センター)
  29. ^ 愛玩飼養”. 環境省 (2011年). 2012年3月31日閲覧。
  30. ^ 鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律”. 環境省 (2011年11月30日). 2012年3月31日閲覧。
  31. ^ 日本のレッドデータ検索システム(ウグイス)”. エンビジョン環境保全事務局. 2012年3月30日閲覧。
  32. ^ 『これは重宝漢字に強くなる本』光文書院昭和54年6月15日発行622頁
  33. ^ 『信州の民間薬』全212頁中47頁 81頁 医療タイムス社昭和46年12月10日発行信濃生薬研究会林兼道編集


「ウグイス」の続きの解説一覧





ウグイスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ウグイスに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ウグイス」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||



8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

ウグイスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カイツブリ

コノシロ

シキシマハナダイ

ウソ

ヒバリシギ

クエ

センネンダイ

クイナ





ウグイスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
オーエンオーエン
Copyright (C) 2002-2017 Oen Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウグイス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS