と言うとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 連語 > 連語(繋ぎ) > と言うの意味・解説 

と‐いう〔‐いふ〕【と言う】

連語

人が…と呼ぶ。…と呼ばれる。「のっぽさんと言うあだ名」「大国主命(おおくにぬしのみこと)と言う神」

「と」の受ける事柄取り立てて強調する意を表す。「人と言うのはわからないものだ」

数量を表す語に付いて、…に達する、…にも及ぶ、などの意を表す。「八千メートルと言う高所」「何万人と言う観光客

時を表す同じ語を前後に置いて、それを強調する意を表す。「今日と言う今日は逃さない」

事物を表す同じ語を前後に置いて、そのものはすべて、の意を表す。「店と言う店は閉まっている」





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「と言う」に関係したコラム

  • CFDの銀取引とは

    銀取引には、現物取引と先物取引の2つの取引があります。銀の現物取引はロンドン市場で行われ、1日1回、日本時間の21時(夏時間は20時)に価格が決定されます。一方、銀の先物市場は、ニューヨークや東京、シ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「と言う」の関連用語

と言うのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



と言うのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS