数量とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 数量の意味・解説 

すう‐りょう〔‐リヤウ〕【数量】

読み方:すうりょう

数と量。また、分量


(数量 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/21 13:42 UTC 版)

この記事では(りょう、: quantitas: quantity: Quantität)について解説する。


  1. ^ この「質」は、あえて言えば「品質」の「質」である。
  2. ^ [誰?]性質というものも、複数の「量」を組み合わせて総合的に判断したものと見ることもできる。[要出典]
  3. ^ 領域ごと、学問分野ごとに、扱うのは離散量が多いか、連続量が多いか、異なっている。
  4. ^ なお、量同士の演算においては、これら助数詞も離散量の単位と見なして式の変形などにおいて単位と同様に扱うことが可能である。
  5. ^ [誰?]"一定の体系の下で"とは実際上は国際単位系の下でということであり[要出典]"次元が確定し"とは基本量およびその組立量である[要出典]解釈できる。これは複数の物理的条件により変動するため測定条件を約束事として定義する工業量との区別を意識した定義であろう。[要出典]」 また"定められ単位の倍数として表すことができる"ということは比例尺度または間隔尺度だと言うことであり、例えば順序尺度でしかないモース硬度JIS-Z8103の定義では物理量とは言えない。
  6. ^ この物理量の定義は、心理量と比較すれば、測定者によらない物理現象や物質固有の属性であるという点に特徴を見た定義だと言える。[要出典]」心理量は「心理的要素によって評価される量」とされ、測定対象の物理現象や物質が同じでも測定者が異なれば異なりうる量である。
  7. ^ [誰?]感覚量は、感覚を生ずる物理化学的刺激の強さとほぼ相関している[要出典] [要検証]」と考えている。
  8. ^ [いつ?] [誰?]物理的実体はなく、物理量ではないと言える。[要出典]」と言った人がいる? 「ただし「コインの数」「紙幣の枚数」などは物理量であるとも言える。」とも。
  9. ^ [誰?]は「人為的に定められた量で物理的実体はなく、物理量ではないと言える。[要出典]」とコメントした。
  1. ^ a b 広辞苑第六版「りょう【量】」
  2. ^ a b c d e f g h i j JIS Z8000-1 量及び単位-第1部:一般
  3. ^ a b c d JIS Z8103 計測用語
  4. ^ 計量学-早わかり 第3版 6.用語集、p.70、Quantity(measurable) の説明、訳編者は産総研 計量標準総合センターと製品評価技術基盤機構 認定センター、2008年7月、ISBN 978-87-988154-5-7(オリジナル版)
  5. ^ a b 二村隆夫『丸善 単位の辞典』丸善、2002年3月
  6. ^ Stevens, S. S. (1946). “On the Theory of Scales of Measurement”. Science 103 (2684): 677–680. Bibcode1946Sci...103..677S. doi:10.1126/science.103.2684.677. PMID 17750512. http://www.sciencemag.org/cgi/rapidpdf/103/2684/677. 
  7. ^ 新計量法とSI化の進め方-重力単位系から国際単位系(SI)へ- pp.8-11、通商産業省 SI単位等普及推進委員会、1999年3月発行
  8. ^ 長倉三郎、他(編)『岩波理化学辞典-第5版』岩波書店、1998年2月
  9. ^ a b c d e f g h i j k l ブリタニカ百科事典
  10. ^ NIST Guide to the SI 8 いくつかの量とその単位についての注
  11. ^ 「IUPAC 物理化学で用いられる量・単位・記号 第3版 日本化学会監修 産業技術総合研究所計量標準総合センター訳
  12. ^ a b c 遠山啓(Toyama, Hiraku)『遠山啓著作集数学教育論シリーズ(6)量とはなにか』太郎次郎社、1981年7月,p16,69
  13. ^ a b 銀林浩『量の世界-構造主義的分析-』むぎ書房、1986年
  14. ^ 星田直彦『単位171の新知識』講談社ブルーバックス、2005年 ISBN 4-06-257484-5
  15. ^ 久保和良『量の理論とアナロジー』コロナ社、2021年、42-43頁。ISBN 9784339033830 



数量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/18 04:27 UTC 版)

オーダー」の記事における「数量」の解説

ランダウの記号O-記法)- 数学極限関連した概念オーダー (物理学) - 科学での大雑把な量の基準数量の比較 - 桁数比較の一覧。指標

※この「数量」の解説は、「オーダー」の解説の一部です。
「数量」を含む「オーダー」の記事については、「オーダー」の概要を参照ください。


数量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/06 09:03 UTC 版)

正規化」の記事における「数量」の解説

数量を代表値で割るなどして無次元量化し互いに比較できるようにすることを、正規化という。 正規化した結果単位系によらない。そのため、正規化することで、たとえば身長と体重など、次元違いそのままでは比較できない数量を比較できる次元が同じでも、夏と冬の1日気温変化のように、条件が違うデータ正規化により比較しやすくなる正規化は特に多変量解析前処理として行われ、この用途正規化特徴軸の正規化と言う正規化方法さまざまなものがあるが、 二乗平均平方根が 1 になるよう、線形変換(比例変換)する 平均が 0、分散が 1 になるよう、アフィン変換する の2つ基本的な正規化である。どちらが適しているかはどんなデータをどんな解析のために正規化するかによるが、多変量解析には2.が使われる用途によっては、同じよう線形変換アフィン変換をするのでも、最大値を1、最小値を0(あるいは-1)のような正規化をすることもある。また、べき乗して歪度を0にする、あらかじめ与えられ分布一致させるなど、もっと強い正規化使われることもある。

※この「数量」の解説は、「正規化」の解説の一部です。
「数量」を含む「正規化」の記事については、「正規化」の概要を参照ください。


数量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 03:58 UTC 版)

学術雑誌」の記事における「数量」の解説

2003年調査によれば世界で刊行状況について次のようなデータ挙げられている。 逐次刊行物:180,200内学雑誌43,500査読付き雑誌21,000日本国内については、国立国会図書館のNDL-OPACに収載されている雑誌数が2007年12月1日時点で約13件であるが、これらの中には誌名改めたり合併分割行ったもの、既に刊行終了したもの含まれているため、発行されている雑誌数は一部である。国会図書館編集している『日本科学技術逐次刊行物総覧』では科学技術関係雑誌収録したものだが、その数は2007年3月4日時点で6,798件とされている。また、日本国内では複数書誌情報データベース作成機関専門雑誌情報採録しているが、その状況機関によってばらつきがあることが報告されている。これらのデータベース雑誌整理した結果2005年時点日本国内発行されている雑誌20,549件で、その内訳は人文・社会系が7,781件、科学技術医学系12,768件である。更に科学技術医学分野雑誌種別下記のように分類されている。 論文誌:2,899 大学等論文誌603 大学紀要:2,886 研究所紀要:1,360 病院紀要226 データ集:36 会社技報:457 大会抄録予稿集:1,385 一般雑誌:1,766 ニュース会報、雑:1,150

※この「数量」の解説は、「学術雑誌」の解説の一部です。
「数量」を含む「学術雑誌」の記事については、「学術雑誌」の概要を参照ください。


数量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 02:53 UTC 版)

作戦機」の記事における「数量」の解説

防衛計画の大綱における別表作戦機関連のみ)自衛隊配備昭和52年1977年)度~平成8年1996年)度~平成17年2005年)度~平成23年2011年)度~平成26年2014年)度~平成31年2019年)度~航空 基幹部隊 警戒管制 1個飛行隊要撃戦闘 10飛行隊支援戦闘 3個飛行隊航空偵察 1個飛行隊航空輸送 3個飛行隊 警戒管制 1個飛行隊要撃戦闘 9個飛行隊支援戦闘 3個飛行隊航空偵察 1個飛行隊航空輸送 3個飛行隊 警戒管制1個警戒航空隊(2個飛行隊戦闘任務 12飛行隊航空偵察 1個飛行隊航空輸送 3個飛行隊空中給油輸送 1個飛行隊 警戒管制1個警戒航空隊(2個飛行隊)戦闘任務 12飛行隊航空偵察 1個飛行隊航空輸送 3個飛行隊空中給油輸送 1個飛行隊 警戒管制1個警戒航空隊(3個飛行隊)戦闘任務 13飛行隊航空輸送 3個飛行隊空中給油輸送 2個飛行隊 警戒管制1個警戒航空団(3個飛行隊)戦闘任務 13飛行隊航空輸送 3個飛行隊空中給油輸送 2個飛行隊無人機部隊 1個飛行隊 主要装備 作戦機 約430機 作戦機400機(うち戦闘機300機) 作戦機350機(うち戦闘機260機) 作戦機340機(うち戦闘機260機) 作戦機360機(うち戦闘機280機) 作戦機370機(うち戦闘機290機) 海上 基幹部隊 哨戒機 16個隊 哨戒機 13個隊 哨戒機 9個隊 主要装備 作戦機220機 作戦機170機 作戦機150機 作戦機170機 作戦機190機 作戦機の数量は、長期にわたり減少傾向にあったが、平成26年度以降係る防衛計画の大綱では増加転じた07大綱下の平成16年作戦機保有数は、防衛庁作成の「自衛隊主要部隊装備現状によれば以下であった航空自衛隊400機(戦闘機300機(要撃戦闘機230機、支援戦闘機80機)、偵察機30機、輸送機60機、早期警戒管制)機約20機) 海上自衛隊170機(固定翼哨戒機80機、回転翼哨戒機80機、回転翼掃海輸送機10機) また、2019年防衛白書記述における、作戦機最多保有国アメリカ合衆国でその数は3,521機、2位中国で2,890機である。日本作戦機保有数は約390機である。ただしこの数量は、日本について航空自衛隊作戦機のうち輸送機除き海上自衛隊固定翼作戦機のみを加えた実勢力である。また他国については、イギリス国際戦略研究所発行する年報の『ミリタリーバランス』などを資料とし、同種の機体数を推定したのである考えられる

※この「数量」の解説は、「作戦機」の解説の一部です。
「数量」を含む「作戦機」の記事については、「作戦機」の概要を参照ください。


数量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 03:30 UTC 版)

東京ドーム (単位)」の記事における「数量」の解説

体積ドーム部分の単純体積である124 m3を用いる。 面積建築面積である46,755 m2 = 約4.7 ha用いる。これにはスタンドより外周部分含まれるグラウンド部分 (13,000 m2) を使う場合は、『東京ドームグラウンドの何倍』と断り書き入れことがある上の図で水色部分は、ドームを覆う白い屋根のある部分。この箇所けならば面積は約3.5 ha

※この「数量」の解説は、「東京ドーム (単位)」の解説の一部です。
「数量」を含む「東京ドーム (単位)」の記事については、「東京ドーム (単位)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「数量」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

数量

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 10:17 UTC 版)

名詞

 すうりょう

  1. 物の個数および分量

発音(?)

す↗ーりょ↘ー

「数量」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



数量と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「数量」に関係したコラム

  • 株365の取引で用いられる用語

    株365の取引画面や取引明細書に記載されている専門用語の意味や計算方法について解説をします。▼総資産証拠金預託金額と建玉の損益を合計した金額です。総資産=証拠金預託金額+建玉損益▼証拠金預託金額購入前...

  • 株式取引の板の見方

    株式取引の板とは、銘柄の価格帯ごとの売り数量と買い数量を表示した表のことです。売数量株価買数量14100341534000341021900340565200340087000339576600339...

  • CFDで日本国内の株式を取引するには

    CFDで日本株の株式取引をするには、日本株を取り扱っているCFD業者と取引を行います。CFDでの日本株の取引は、現物株取引と比較すると、売りから取引できることや少額で売買できるなどのメリットがあります...

  • 株365の取引をシミュレーションするには

    株365を取り扱う証券会社では2012年9月現在、株365用のデモ口座を用意していません。そのため、事前に株365の取引を体験することができません。しかし、東京金融取引所では株365のWebサイトで実...

  • 海外のCFD業者の一覧

    海外のCFD業者を使ってCFD取引を行うメリットは、日本国内のCFD業者よりもレバレッジが高い点が挙げられます。レバレッジが高ければ、少ない証拠金で取引ができます。中には、日本国内のCFD業者のレバレ...

  • CFDのオーバーナイト金利とは

    CFDのオーバーナイト金利とは、CFDの取引において、日をまたいでポジションを保有した場合に発生するお金のことで、金利調整額ともいいます。FXでいうところのスワップに当たります。オーバーナイト金利の発...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「数量」の関連用語

1
96% |||||

2
92% |||||

3
92% |||||

4
90% |||||

5
90% |||||


7
90% |||||

8
90% |||||

数量のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



数量のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの量 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオーダー (改訂履歴)、正規化 (改訂履歴)、学術雑誌 (改訂履歴)、作戦機 (改訂履歴)、東京ドーム (単位) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの数量 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS