パーティクルカウンターとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > パーティクルカウンターの意味・解説 

パーティクルカウンター

別表記:微粒子計微粒子測定器
英語:particle counter

気体液体中に塵埃などの微粒子がどの程度混入しているかを計数する装置のこと。微粒子大きさ混入割合測定できる。無塵室クリーンルーム)の空気清浄度確認するような用途で用いられることが多い。

粒度分布測定装置

(パーティクルカウンター から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/10 04:46 UTC 版)

粒度分布測定装置(りゅうどぶんぷそくていそうち)とはサンプル中の粒度分布(どれくらいの大きさの微粒子がどれくらいの割合で含まれているか)を測定する装置である。


  1. ^ 日本工業規格 JIS Z 8820-2
  2. ^ 長沢敬之助 『化学大辞典』1、化学大辞典編集委員会(編)、共立、1981年10月、縮刷版第26版、513頁。


「粒度分布測定装置」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

パーティクルカウンターのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



パーティクルカウンターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの粒度分布測定装置 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS