COPとは?

国連気候変動枠組み条約締約国会議


シー‐オー‐ピー【COP】


コップ【cop】

警官


コップ【COP】

Conference of the Parties条約批准した国が集まる会議一般条約ごとに設けられる、その条約の最高意思決定機関。「COP5(第5回締約国会議)」のように、末尾会議開催回数をつけて表す。気候変動枠組条約締約国会議生物多様性条約締約国会議などがある。条約締約国会議


COP

英語 conformity of production

生産車などの法規適合性認可を受けたあとに量産されたクルマ部品の、法規適合性品質管理体制などを監査する仕組み総称していう。認証制度適用しているほとんどの国が実施しており、欧州規則対するCOPテストアメリ力の排出ガス規制対すSEA監査オーストラリアTFI監査などがある。また、日本では型式指定監査が相当する。

参照 SEATFI指定条件
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

COP coefficient of performance

 #成績係数をみよ!

せいせきけいすう 成績係数 coefficient of performance、COP

冷凍サイクル消費された動力(入力)と冷凍能力の比。
              冷凍能力 kcal/h        冷凍能力 kw
成績係数 = ─────────── = ───────
            入力 kw×860kw/h・kw        入力 kw

COP

しー・おー・ぴー

シリコン単結晶洗浄工程エッチングによりウェハ表面に生じる結晶起因欠陥のうち、パーティクルカウンターによりパーティクルとして計数されるもの。パーティクルを意味する crystal-originated particle の略語であるが、実体0.20.5μm大きさピットである。

COP

Coefficient Of Performance
成績係数

りん化コバルト

分子式CoP
その他の名称:りん化コバルト、Cobalt phosphide、りん化コバルト(III)、Phosphinidynecobalt(III)
体系名:ホスフィニジンコバルト(III)


クレアチノールホスファート

分子式C4H12N3O4P
その他の名称:クレアチノールホスファート、Creatinolfosfate、Creatinol phosphate、アプロダン、COP、Aplodan、クレアチノールホスフェート、1-(2-Hydroxyethyl)-1-methylguanidine dihydrogen phosphate、1-[2-(Phosphonooxy)ethyl]-1-methylguanidine、クレアチノールO-ホスファート、Creatinol O-phosphate
体系名:1-[2-(ホスホノオキシ)エチル]-1-メチルグアニジン、1-(2-ヒドロキシエチル)-1-メチルグアニジン二水素ホスファート


Cop

名前 コップ

COP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 06:08 UTC 版)

COP, cop, CoPコップ、シーオーピー)




「COP」の続きの解説一覧

実践共同体

(COP から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 01:58 UTC 版)

実践共同体(じっせんきょうどうたい、Community of Practice、CoP)とは、「あるテーマに関する関心や問題、熱意などを共有し、その分野の知識や技能を持続的な相互交流を通じて深めていく人々の集団[1]」のことであり、「学習のための共同体[1]」と言い換えることもできる。




「実践共同体」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「COP」の関連用語

COPのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



COPのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ISO用語辞典ISO用語辞典
2022 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
産業技術総合研究所産業技術総合研究所
Copyright © 2000-2022 , 独立行政法人 産業技術総合研究所
デジタルものづくり研究センター加工技術データベース
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2022 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCOP (改訂履歴)、実践共同体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS