監査とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 監査 > 監査の意味・解説 

かん‐さ【監査】

読み方:かんさ

[名](スル)

監督し検査すること。

特に、会計監査業務監査のこと。→法定監査任意監査


監査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/10 14:10 UTC 版)

監査(かんさ、audit または auditing)とは、ある事象・対象に関し、遵守すべき法令や社内規程などの規準に照らして、業務や成果物がそれらに則っているかどうかの証拠を収集し、その証拠に基づいて、監査対象の有効性を利害関係者に合理的に保証すること。


  1. ^ 監査部門の名称は、監査部、検査部、監察部、監理部、品質保証部、品質管理部など様々であり、場合によっては管理部門内の一部署(課)として置かれる場合や、代表取締役直属の室とされる場合もある。
  2. ^ システム監査基準 (PDF)”. 経済産業省 (2018年4月30日). 2021年11月16日閲覧。
  3. ^ 情報セキュリティ監査基準V1.0 (PDF)”. 経済産業省 (2003年). 2021年11月16日閲覧。



監査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 01:36 UTC 版)

公認会計士」の記事における「監査」の解説

監査・証明業務ともよばれるこの場合Audit&Assuranceと英語で表記され、監査と(会計証明業務という関連する二つ業務を指す。監査(かんさ、auditまたはauditing)とは、ある事象対象に関して一定の規準に照らして証拠収集し、その証拠に基づいて何らかの評価行い評価結果利害関係者伝達すること。これが会計学においては財務会計基準てらして行われる監査証明業務と、管理会計基準てらしておこなわれる業務監査内部監査)に分かれる会計証明業務とは、他人求め応じ報酬得て特定の基準に沿って財務書類の監査および証明を行うことである。ほとんどの国でこの業務公認会計士が行なければならない法律定められているだけでなく、株式市場上場している企業においては公認会計士による会計監査を受けることが法律義務付けられている。また日本の公認会計士は、独占業務として財務書類監査・証明業務通称1項業務)を行える一方業務監査とは「組織体経営目標効果的な達成役立つこと目的として、合法性合理性観点から公正かつ独立立場で、経営諸活動遂行状況検討評価し、これに基づいて意見述べ助言勧告を行う監査業務、および特定の経営諸活動支援を行う診断業務」がその本とされるものであるこの中で一般会社員に最も身近なものは社内での不正・背任行為に関する調査である。証券業においては末端の社員数百億円の資金毎日動かすことができるため、業務監査怠った企業数千億円の損失をかぶるなどして倒産するなどのことが時折おこる。またコンプライアンス徹底し不祥事を防ぐなどその役割がある。日本では業務監査社内人員が行が日本国外で業務監査会計事務所などの第三者委託して客観性高め場合もある。 監査・証明業務公認会計士キャリア基礎となる業務である。公認会計士の卵はたいて大規模な会計事務所勤務して監査証明業務を行うのが普通であるこの場合最終的には監査法人従業員から社員パートナー)になることをキャリアとして目指す業務内容としては、どの業界企業の監査を行うのか、さらに監査対象の企業規模によって異なる東証一部上場企業でも、日本国内活動するだけの企業多国籍企業の監査は規模大い違いが出る。 監査法人社員になると、単に監査を指揮するだけでなく、監査契約獲得営業大きな部分占めてくる。かつては営業能力有無社員出世分け目となることもあった。近年このような監査営業によって監査法人独立性損なわれているのではないかとの批判なされており、受注審査などの品質管理強化されるようになったこれにより社員としての営業能力有無はかつてほど重要視されなくなったと言われている。 公認会計士は監査だけでなく経営全般に関する深い見識を顧客に示すことが要求される

※この「監査」の解説は、「公認会計士」の解説の一部です。
「監査」を含む「公認会計士」の記事については、「公認会計士」の概要を参照ください。


監査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 00:07 UTC 版)

Windowsのセキュリティ機能」の記事における「監査」の解説

Windowsではユーザプロセス振る舞い監査するため、監視者が予め指定した行為をユーザが行った場合には監査ログ記述する事ができる。 何を監査ログ書き込むのかは管理者が監査ポリシーとして事前にしてする必要がある。監査ポリシーコンピュータ構成\Windows設定\セキュリティ設定\ローカル ポリシー \監査ポリシー閲覧設定可能である。監査ポリシー記述可能なイベントとしては アカウントログオンイベント アカウント管理イベント Active Directoryオブジェクトへのアクセスイベント ポリシー変更 特権変更 プロセス追跡 システムイベント Active Directoryでは監査ポリシーはSACL(システムアクセス制御リスト)として記述される

※この「監査」の解説は、「Windowsのセキュリティ機能」の解説の一部です。
「監査」を含む「Windowsのセキュリティ機能」の記事については、「Windowsのセキュリティ機能」の概要を参照ください。


監査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2009/02/18 15:51 UTC 版)

事業報告」の記事における「監査」の解説

監査役設置会社の場合、監査役の監査を受けなければならない。(会社法436条) ただし、旧商法において必要とされた会計監査不要となっている。 監査役の監査を受けた事業報告および附属明細書は、取締役会承認得なければならない旧商法下では、監査の前に取締役会による計算書類承認が必要とされていたが、効率的な運用のため監査前承認法的に不要となっている。

※この「監査」の解説は、「事業報告」の解説の一部です。
「監査」を含む「事業報告」の記事については、「事業報告」の概要を参照ください。


監査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 15:18 UTC 版)

特定目的会社」の記事における「監査」の解説

資産流動化法監査会計監査人設置会社でない特定目的会社監査役は、毎年計算書類および事業報告書並びにそれらの附属明細書について監査を行う必要がある特定目的会社の監査に関する規則平成18年4月20日内閣府令45号)第6条)。 会計監査人設置会社監査役の場合、計算書類およびその附属明細書については、会計監査人によって監査が行われるため、監査役はその監査結果について相当かどうかについて意見を述べる必要がある特定目的会社の監査に関する規則第10条)。 会計監査人設置会社においては毎年計算書類事業報告を除く)に関して公認会計士による会計監査必要とする資産流動化法102条第5項第1号)。 金融商品取引法監査特定社債または優先出資募集または売出しに際し有価証券届出書提出する場合金融商品取引法上の会計監査を行う必要がある

※この「監査」の解説は、「特定目的会社」の解説の一部です。
「監査」を含む「特定目的会社」の記事については、「特定目的会社」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「監査」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

監査

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 08:02 UTC 版)

名詞

  1. 監督検査すること。


関連語

翻訳


「監査」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



監査と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「監査」の関連用語

監査のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



監査のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
投信資料館投信資料館
Copyright(C) 2023 Tokyo Investor Network Limited. All rights reserved.
ISO用語辞典ISO用語辞典
2023 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2023 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの監査 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの公認会計士 (改訂履歴)、Windowsのセキュリティ機能 (改訂履歴)、事業報告 (改訂履歴)、特定目的会社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの監査 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS