通称とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 文法 > > 通称の意味・解説 

つう‐しょう【通称】


つう‐しょう【通称】

〔名〕

人名などで、実名とは別に日常となえている名前。

先哲叢談後編1830)一「名素有、字時中、通称大学後称三郎左衛門土佐人

新聞雑誌四五号・明治五年(1872五月従来通称名両様相用ひ来り候輩」

一般通用している名称。一般流布している呼び名とおり名。〔文明本節用集室町中)〕

評判記色道大鏡(1678)一「只(ただ)傾城の通称(ツウセウ)として、女郎といはんに」〔白虎通‐号〕

広く一般通行している言説。〔嵆康‐養生論〕


通称(つうしょう)


通称

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/27 08:23 UTC 版)

通称(つうしょう)は、正式な名称ではないが、特定の人や物、事象に対する呼び名として世間一般において通用しているのことである。別名(べつめい)とも、俗称(ぞくしょう)ともいう。


注釈

  1. ^ たとえば、蓮舫の本名は「村田蓮舫」→「齊藤蓮舫」、扇千景の本名は「林寛子」、不破哲三の本名は「上田建二郎」、丸川珠代の本名は「大塚珠代」といった事例が挙げられる
  2. ^ 例えば、森田健作千葉県知事)の本名は「鈴木栄治」であるが、立候補時には通常通用している「森田健作」で、選挙長の認定を受けた上で立候補した。しかしながら、千葉県条例など法令の署名などは本名である「鈴木栄治」を使用している
  3. ^ 山手貨物線赤羽線東北本線(支線)を走る埼京線や、鹿児島本線筑豊本線篠栗線をまたいで走る福北ゆたか線など。

出典

  1. ^ 『ヤクザ大全』著・山平重樹幻冬舎アウトロー文庫)より。ISBN 4-87728-826-0
  2. ^ 二宮周平「氏名の自己決定権としての通称使用の権利」立命館法学 一九九五年三号(二四一号)
  3. ^ ○被保険者証の氏名表記について〔健康保険法〕”. 厚生労働省. 2019年3月12日閲覧。


「通称」の続きの解説一覧

通称

出典:『Wiktionary』 (2018/04/06 07:40 UTC 版)

名詞

つうしょう

  1. 正式名称ではないが世間一般通用している名称。

発音

つ↗ーしょー

類義語




通称と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「通称」の関連用語

通称のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



通称のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
岡山県神社庁岡山県神社庁
since 2021 (C)Okayamaken Jinjacho
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの通称 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの通称 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS