雅号とは? わかりやすく解説

が‐ごう〔‐ガウ〕【雅号】

読み方:がごう

文筆家画家学者などが、本名以外につける風雅な名。森鴎外の「鴎外」など。号。


雅号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/05 14:16 UTC 版)

雅号(がごう)とは、文人画家書家などが、本名以外につける風雅な名のことである。




「雅号」の続きの解説一覧

雅号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/28 07:06 UTC 版)

ベル・串田」の記事における「雅号」の解説

串田岩彦戸川串田、ベル・フランセス・イワヒコ・クシダ→ベル串田 藤田嗣治東郷青児からは「ハイカラさん」という渾名呼ばれていた。

※この「雅号」の解説は、「ベル・串田」の解説の一部です。
「雅号」を含む「ベル・串田」の記事については、「ベル・串田」の概要を参照ください。


雅号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/25 13:37 UTC 版)

ルーシ」の記事における「雅号」の解説

ルーシ - キエフ大公国祖国とする現代のウクライナ・ベラルーシ・ロシアの別称、あるいは雅称キエフ・ルーシ - キエフ大公国のこと。本来のルーシ」。研究史上の人的な用語。 ハールィチ・ルーシ - ハールィチ・ヴォルィーニ大公国のこと。研究史上の人的な用語。 ヴラジーミル・ルーシ - ヴラジーミル大公国のこと。研究史上の人的な用語。 モスクワ・ルーシ - キエフ・ルーシ後継であることを主張したモスコーヴィヤモスクワ大公国自称研究史上の人的な用語。 ルーシ・ウクライナ - ウクライナキエフ・ルーシ後継であることを主張した近代ウクライナ歴史学概念

※この「雅号」の解説は、「ルーシ」の解説の一部です。
「雅号」を含む「ルーシ」の記事については、「ルーシ」の概要を参照ください。


雅号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 04:47 UTC 版)

正岡子規」の記事における「雅号」の解説

雅号の子規とはホトトギス異称で、結核病み喀血した自分自身を、鳴いて血を吐くといわれるホトトギス喩えものである。 また別号として、獺祭書屋主人竹の里人香雲・地風升・越智之助(おち ところのすけ)なども用いた。「獺祭書屋主人」の「」とは川獺のことである。これは『禮記月令に見える獺祭魚」なる一文語源とする。かつて中国においてカワウソ捕らえた並べてから食べ習性があり、その様はまるで人が祭祀行い、天に供物捧げるときのようである信じられていた。「カワウソですら祭祀を行う、いわんや人間をや」というわけである。そして後世唐代の大詩人である李商隠尊敬する詩人作品短冊書き左右に並べ散らしながら詩想耽ったため、短冊の並ぶさまを先の禮記』の故事なぞらえ、自らを「獺祭魚庵」と號したここから獺祭魚」には「書物散らかるさま」という意味転じる。「獺祭書屋主人」という號は単に「書物散らかった部屋主人という意味ではなく李商隠のごとく高名な詩人たらんとする子規気概現れである病臥枕元資料多く置いてのようだといったわけである。 その他、随筆『筆まかせ』の「雅号」にて自身54種類の号を用いていることを示し、さらに多くのペンネーム用いられているとされる上述の「野球(のぼーる)」もこの中含まれる

※この「雅号」の解説は、「正岡子規」の解説の一部です。
「雅号」を含む「正岡子規」の記事については、「正岡子規」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「雅号」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「雅号」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「雅号」の関連用語

雅号のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



雅号のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雅号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのベル・串田 (改訂履歴)、ルーシ (改訂履歴)、正岡子規 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS