江見水蔭とは?

えみ‐すいいん【江見水蔭】

[1869~1934]小説家本名は忠功(ただかつ)。岡山生まれ硯友社(けんゆうしゃ)同人大衆文学先駆者。著「女房殺し」「炭焼の煙」など。


江見水蔭

読み方えみ すいいん

小説家岡山県生。江見馬の子。名は忠功、落水子等ペンネームがある。巌谷小波を知り、硯友社社員となり文筆生活を送る。昭和9年(1934)歿、66才。

江見水蔭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/15 15:19 UTC 版)

江見 水蔭(えみ すいいん、明治2年8月12日(1869年9月17日) - 昭和9年(1934年)11月3日)は、岡山市生まれの小説家翻訳家編集者冒険家。本名忠功(ただかつ)。


  1. ^ 柳田泉「明治に於ける社会主義文学の勃興と展開」(『明治社会主義文学集(1) 明治文学全集83』筑摩書房 1965年)
  2. ^ 齋藤秀明(『明治深刻悲惨小説集』講談社 2016年)
  3. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)56頁
  4. ^ 第153回常設展示 「国技・相撲」 -近代以降の事件と名力士- | 本の万華鏡 | 国立国会図書館”. rnavi.ndl.go.jp. 2018年9月27日閲覧。


「江見水蔭」の続きの解説一覧



江見水蔭と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「江見水蔭」の関連用語

江見水蔭のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



江見水蔭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2020 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの江見水蔭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS