小林一三とは?

小林一三

以下の映画小林一三関連しています。


小林一三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/02 02:09 UTC 版)

小林 一三(こばやし いちぞう、1873年明治6年)1月3日 - 1957年昭和32年)1月25日)は、日本実業家政治家阪急電鉄宝塚歌劇団阪急百貨店東宝をはじめとする阪急東宝グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創業者。逸翁、別号に靄渓学人靄渓山人。旧邸雅俗山荘は逸翁美術館




注釈

  1. ^ ただし決して関係がなかったとは言えず、小林と根津はを通じて親密な関係にあった。小林が設立したナニワ工機(現・アルナ車両)で製造された鉄道車両が、根津が社長を務めていた東武鉄道へ数多く納入されていたことからも、両者の間には深い関係があったことが窺える。
  2. ^ 加賀美平八郎は南八代村の素封家で、山梨県の自由民権運動を主導した人物のひとり。成器舎は加賀美は居村において経営した私塾で、一三の同期には堀内良平河西豊太郎など山梨県の政財界で活躍した人物が多い。
  3. ^ この理由として難工事と説明されているが、地形については難工事に該当する区間が特に存在しないため、有馬温泉の住民から反対があり断念したとの説が有力である。
  4. ^ 同時期に日本初のプロ野球機構となる「日本職業野球連盟」が創立。
  5. ^ しかし、ブレーブスは1988年(昭和63年)、孫娘の夫である小林公平が「使命を終えた」として、オリエント・リース(現・オリックス)に売却した。
  6. ^ 小林没後の1987年(昭和62年)に分割民営化により国鉄の鉄道事業は北海道東日本東海西日本四国九州貨物の7社に再編された。

出典

  1. ^ 『官報』第5799号、昭和21年5月17日。
  2. ^ 1景 甲州韮崎、p.14。
  3. ^ 1景 甲州韮崎、pp.15,25。
  4. ^ 2景 海を見た日・3景 上方へ、pp.27-60。
  5. ^ 3景 上方へ・5景 箕面電車、pp.61,115-129。
  6. ^ 5景 箕面電車、pp.107-125。
  7. ^ 5景 箕面電車、pp.128-129。
  8. ^ 6景 宝塚新温泉、pp.149-153。
  9. ^ 6景 宝塚新温泉、pp.153-175。
  10. ^ 8景 「我らの阪急」、pp.216-232,237。
  11. ^ 8景 「我らの阪急」、pp.233-236。
  12. ^ 『渋沢栄一伝記資料』第53巻 目次詳細 第13節 土木・築港・土地会社 第3款 田園都市株式会社
  13. ^ 日本一のブランド力を誇る「田園調布」- 東京の高級住宅街、住むならどこがベスト
  14. ^ 『中野武営と商業会議所』1017頁
  15. ^ 大阪府池田市にある小林一三記念館パネル展示(2011年9月閲覧)
  16. ^ これら小林の手法に加え、五島慶太は、大学も沿線に誘致し東横線沿線の価値をより高めた。 - 『日本の私鉄 東京急行電鉄』毎日新聞社 2011年1月30日[要ページ番号]
  17. ^ 11景 大臣落第記、pp.381-415。





小林一三と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小林一三」の関連用語

小林一三のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



小林一三のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小林一三 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS