白洲次郎とは?

白洲次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/09 02:16 UTC 版)

白洲 次郎(しらす じろう、1902年2月17日 - 1985年11月28日)は、日本の実業家。兵庫県芦屋市出身。


注釈

  1. ^ 古い書籍では自身でプロフィールを東京生まれとしている[1]

出典

  1. ^ 安藤良雄 『昭和経済史への証言(下)』 毎日新聞社1966年、411頁。
  2. ^ 牧山桂子ほか『白洲次郎の流儀』より
  3. ^ 『白洲次郎』コロナブックス p.24。
  4. ^ 『白洲次郎 占領を背負った男』(講談社文庫 上巻)より
  5. ^ 白洲次郎、旧白洲邸 武相荘、2014年4月18日閲覧。
  6. ^ 『白洲次郎』コロナブックス p.36。
  7. ^ ケンブリッジで白洲次郎に'出会う'神戸学院大学 連載コラム岡部准教授のブリストル・ダイアリー
  8. ^ 『白洲次郎』コロナブックス p.42。
  9. ^ 『白洲次郎』コロナブックス p.40。
  10. ^ 『白洲次郎』コロナブックス p.42。
  11. ^ 『白洲次郎 占領を背負った男』(講談社文庫 上巻)
  12. ^ 河上徹太郎「メトロのライオン 白洲次郎」 『文藝別冊 総特集 白洲次郎』、(河出書房新社 2002年)に再録。他に青柳恵介『風の男 白洲次郎』(新潮文庫)など
  13. ^ 武相荘だより 〜白洲邸 折々の記〜”. まぐまぐ. 2014年3月18日閲覧。
  14. ^ 徳本栄一郎「白洲次郎 知られざる素顔」(「文藝春秋」2008年10月号)
  15. ^ いわゆる「ジープウェイ・レター」。ホイットニーからの返事が国立国会図書館に保存されている(紹介ページ)。
  16. ^ 徳本栄一郎 「英国機密ファイルの昭和天皇」 新潮社 2007年
  17. ^ 徳本栄一郎 「英国機密ファイルの昭和天皇」 新潮社 2007年
  18. ^ 外交史料 Q&A昭和戦後期”. 外務省. 2014年3月18日閲覧。
  19. ^ 『白洲次郎』コロナブックス p.84。
  20. ^ 西村熊雄『サンフランシスコ条約日米安保条約』中央公論新社(1999.7)P234,P235
  21. ^ 『東北電力株式会社50年のあゆみ』
  22. ^ ドラマのみどころ”. NHKドラマスペシャル白洲次郎公式サイト. NHK. 2014年3月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月18日閲覧。
  23. ^ 文藝春秋 2008年10月号「白洲次郎 知られざる素顔」文藝春秋_081001(2008年10月12日時点のアーカイブ
  24. ^ 2006年平成18年)4月にNHK番組『その時歴史が動いた』でも取り上げられた。[出典無効]
  25. ^ 青柳恵介『風の男 白洲次郎』
  26. ^ 開運!なんでも鑑定団 2009年6月30日放送(2009年8月2日時点のアーカイブ
  27. ^ 『白洲次郎 占領を背負った男』(講談社文庫 上巻)
  28. ^ 桜田武鹿内信隆『いま明かす戦後秘史 (下巻)』、サンケイ出版、1986年、58-60頁
  29. ^ 朝日新聞の中村省吾と東京新聞の酒井米夫。
  30. ^ 『文藝別冊 総特集 白洲次郎』、62-65頁(河出書房新社 2002年)
  31. ^ a b 『叙情と闘争 ―辻井喬+堤清二回顧録―』 中央公論新社 2009年 313-314頁 ISBN 4-12-004033-X
  32. ^ a b c 松崎隆司『堤清二と昭和の大物』 光文社 2014年 249-252頁 ISBN 978-4-334-97801-3
  33. ^ 『大空白の時代』(PHP、1993年7月)に収録
  34. ^ 『白洲次郎 占領を背負った男』
  35. ^ ヘンリー・S・ストークス (77) =元NYT東京支局長=「反日プロパガンダに惑わされず、誇りある国になってほしい」 産経新聞 2015.8.1
  36. ^ “【一筆多論】乾正人 麻生さん、ぜひ回顧録を (2/2ページ)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2009年9月7日). オリジナル2009年9月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090910184920/http://sankei.jp.msn.com/politics/election/090907/elc0909070818002-n2.htm 
  37. ^ 入江相政 『入江相政日記』5巻 朝日新聞社、1991年、169頁。ISBN 4-02-256294-3 
  38. ^ 同書の注解(200-201頁)によれば「奥村正蔵 元外交官。(1975年(昭和50年)9月)26日に死去する。天皇とマッカーサー元帥の初の会見、四回目の会見の二回通訳をつとめた。第四回会見の内容がアメリカの報道機関にもれた責任を問われて懲戒免職となり外務省情報部長のイスを追われた。情報をもらしたのは別人だったのだが、「天皇に誤解されていては自分は死にきれない」と、死の床にのぞんでお伺いをした。」とある。
  39. ^ 『黎明(れいめい)の風』-侍ジェントルマン 白洲次郎の挑戦-宝塚歌劇団公式サイト
  40. ^ a b c 高田義久. “大参事白洲退蔵”. 2014年3月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月18日閲覧。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「白洲次郎」の関連用語

白洲次郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ブリト石

青木 紳一

陸中海岸国立公園

富士竹

FZ1

BMW 3 シリーズ・セダン

減価償却

三々





白洲次郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの白洲次郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS