綿とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 紡績 > 紡績 > 綿の意味・解説 

めん【綿】

[音]メン(呉) [訓]わた

学習漢字5年

[一]メン

もめん。わた。「綿糸綿布海綿原綿純綿石綿木綿(もめん)・脱脂綿

(「」と通用植物の名。ワタ。「綿花綿実油

連なるさま。「綿綿纏綿(てんめん)・連綿

目が細かい。「綿密

[二]〈わた〉「綿毛真綿

[補説] 「緜」は本字

名のり]つら・まさ・ます・やす

難読水綿(あおみどろ)・浜木綿(はまゆう)・木綿(ゆう)


めん【綿】

もめん。もめんわたまた、綿糸綿織物のこと。「綿の肌着


わた【綿/×棉/草綿】

アオイ科ワタ属植物の総称古くから重要な繊維作物として栽培され、アジア綿(めん)・エジプト綿海島綿陸地綿などがある。日本では江戸時代から盛んになった。栽培されるのはインドワタの変種で、一年草。高さ約1メートル手のひら状に三〜五つに裂ける。夏から秋に、黄や紅色の5弁花が咲く果実卵形で、褐色熟す裂開し、中の多数種子に生じた白く長い毛が露出する。この実綿(みわた)を摘み取り、毛(綿花)と種子綿実(めんじつ))とに分けて利用する。《 花=夏 実=秋》「—の実を摘みゐてうたふこともなし楸邨

木綿綿(もめんわた)・真綿絹綿化学繊維綿などの総称古くの繭からとった真綿をさしたが、木綿普及してからは主に木綿綿をさすようになった綿織物などの紡績用や布団綿中入れ綿・脱脂綿などに利用。《 冬》「—を干す寂光院垣間(かいま)見ぬ虚子

[下接語] 厚綿石綿入れ綿薄綿打ち綿青梅(おうめ)綿・置き綿の被(きせ)綿・着せ綿絹綿木綿繰り綿小袖(こそで)綿・裾(すそ)綿・種綿・血綿摘み綿・唐(とう)綿・中綿抜き綿引き綿含み綿布団綿穂綿丸綿真綿木綿(もめん)綿・結(ゆい)綿


シアサッカー(綿)

シアサッカー
縦の方向に、波状凹凸のある部分平らな部分とが、縞を現し織物です。肌にべとつかず清潔感があり、着心地がよく、波状の縞によってしわになりにくいので洗濯してもアイロンの必要がありません。アロハシャツ等に使われてます。


綿

作者谷口善太郎

収載図書日本プロレタリア文学29 谷口善太郎
出版社新日本出版社
刊行年月1986.11


ワタ

ワタ
科名 アオイ科
別名: -
生薬名: メンジツ綿実) 
漢字表記 綿
原産 南アジア南アメリカ原産
用途 熱帯から温帯広範囲栽培されるワタ、日本でも栽培が行われ、種子から採れる綿実油めんじつゆ」は、マーガリン石鹸原料になります
学名: Gossypium arboreum L.
   

綿

読み方:ワタ(wata)

アオイ科一年草園芸植物薬用植物

学名 Gossypium arboreum


綿

読み方:わた

  1. 。〔第一類 天文事変
  2. を云ふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

綿

読み方:ワタ(wata)

真綿木綿綿総称

季節

分類 人事


綿

読み方:ワタ(wata)

作者 加賀耿二

初出 昭和6年

ジャンル 小説


綿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/08 16:20 UTC 版)

綿(わた)は、繊維が絡まりあって塊の状態になっているものの総称[1]


  1. ^ 信州大学繊維学部『はじめて学ぶ繊維』日刊工業新聞社、2011年、9頁。


「綿」の続きの解説一覧

綿

出典:『Wiktionary』 (2020/04/18 00:23 UTC 版)

発音

名詞

  1. (めん) 木綿もめんわた
  2. (わた) アオイワタ植物総称木綿草綿。秋の季語

熟語


綿

綿
※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



綿と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「綿」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
98% |||||

綿のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



綿のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Red cloudRed cloud
Copyright©2021. Red cloud Co.,Ltd All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2021, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの綿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの綿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS