マーガリンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > 食品 > マーガリンの意味・解説 

マーガリン【margarine】


マーガリン

〔名〕 (英・フランス margarine人造バター一八六九年フランス天然バター代用品として発明された。原料大豆油綿実油などで、牛脂鯨油加えることもある。

明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎憲法発布日清戦争ミルクホールで〈略〉出す厭な臭いのするマアガリン」


マーガリン


マーガリンは、1869年にはじめて製造され、その後第一次世界大戦中にヨーロッパ中心に普及したバター代用品です。
バターは、乳脂肪製品ですが、マーガリンは牛脂脂などの動物油綿実脂、大豆油ヤシ油などの植物油などを使用した、混合油加工油脂が主原料となっています。
バターに近い風味与えるために牛乳脱脂乳粉乳などを添加する場合あります。またビタミン強化のために、ビタミンAやDを加えバター類似度を高めるために食塩色素添加しています。
バター比較して風味は劣るものの、消化吸収栄養ともあまり変わりません。

マーガリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 16:03 UTC 版)

マーガリン英語: margarine)は、植物性または動物性の油脂を原料とし、バターに似せて作った加工食品である[3][4]。英語の発音はマージャリンに近い。ドイツ語では同じスペルでマーガリナと読むので、日本語は両者の混合に近い。


  1. ^ USDA National Nutrient Database
  2. ^ 約15gのトランス脂肪酸も含む。
  3. ^ a b 日本マーガリン工業会”. www.j-margarine.com. 2021年1月3日閲覧。
  4. ^ マーガリンに動物性脂肪は入っているの?│一般社団法人日本乳業協会”. www.nyukyou.jp. 2021年1月3日閲覧。
  5. ^ 窪田順生の時事日想:なぜ“バターみたいなマーガリン”が増えているのか - Business Media 誠、2015年2月24日
  6. ^ マーガリン類の日本農林規格 - 農林水産省
  7. ^ マーガリンの基礎知識・よくあるQ&A - 日本マーガリン工業会
  8. ^ a b バターとマーガリンの違い|消費者相談室への相談事例集 - 一般社団法人日本乳業協会
  9. ^ マーガリンとは|マーガリン研究室 - 雪印メグミルク
  10. ^ 【マーガリン特集】バター風味と機能性の傾向続く - 食品産業新聞、2012年5月24日
  11. ^ この語源はヨーロッパの女性人名であるマルガリータ (Margarita)、マーガレット (Margaret)、マルゲリータ (Margerita)などと共通している。
  12. ^ オレオ (oleo) は油 (oil) を意味する。
  13. ^ a b Report of a Joint WHO/FAO Expert Consultation Diet, Nutrition and the Prevention of Chronic Diseases, 2003
  14. ^ Morris MC, Evans DA, Bienias JL, Tangney CC, Wilson RS (May 2004). “Dietary fat intake and 6-year cognitive change in an older biracial community population”. Neurology 62 (9): 1573-9. doi:10.1212/01.WNL.0000123250.82849.B6. PMID 15136684. 
  15. ^ 五訂増補日本食品成分表 脂肪酸成分表編
  16. ^ 科学無視の「トランス脂肪酸批判」に思わぬ弊害(2)
  17. ^ Interagency Working Group Seeks Input on Proposed Voluntary Principles for Marketing Food to Children - FTC, April 28 2011
  18. ^ The FDA takes step to remove artificial trans fats in processed foods”. Food and Drug Administration (2015年6月16日). 2015年6月18日閲覧。
  19. ^ 「マーガリン原料見直し/トランス脂肪酸が大幅減/健康志向 海外での規制反映」『読売新聞』朝刊2018年5月27日(くらし面)。
  20. ^ すぐにわかるトランス脂肪酸:農林水産省”. www.maff.go.jp. 2021年1月3日閲覧。
  21. ^ TOKAIRIN, Shigeru (2008). “A Way of Thinking and Suggestion from the Industry World about Trans Fatty Acids”. Oleoscience 8 (3): 115–119. doi:10.5650/oleoscience.8.115. ISSN 1345-8949. https://doi.org/10.5650/oleoscience.8.115. 
  22. ^ MARUYAMA, Takenori (2008). “Recent Trend in Trans Fatty Acids Field”. Oleoscience 8 (3): 107–114. doi:10.5650/oleoscience.8.107. ISSN 1345-8949. https://doi.org/10.5650/oleoscience.8.107. 
  23. ^ 日本マーガリン工業会『「トランス脂肪酸」について』
  24. ^ 相次ぐ新製品
  25. ^ a b “海外で規制のトランス脂肪酸 摂取少ない日本、企業は対策”. 産経新聞. (2018年7月2日). https://www.sankei.com/life/news/180702/lif1807020015-n1.html 2019年10月21日閲覧。 
  26. ^ “マーガリンのトランス脂肪酸対策だけが、なぜ目立つ?”. 朝日新聞. (2018年3月3日). https://www.asahi.com/articles/SDI201803024252.html 2019年10月21日閲覧。 
  27. ^ 相次ぐ新製品
  28. ^ トランス脂肪酸のご心配について 食品製品 事業内容 ミヨシ油脂株式会社” (jp). ミヨシ油脂株式会社. 2021年3月13日閲覧。


「マーガリン」の続きの解説一覧



マーガリンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マーガリン」の関連用語

マーガリンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マーガリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2021 Japan Dairy Council All right reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマーガリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS