使用人とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 使用人の意味・解説 

しよう‐にん【使用人】

読み方:しようにん

人や物を使用する人。使用者

他人に雇われ働く人


使用人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/04 13:38 UTC 版)

使用人(しようにん)




「使用人」の続きの解説一覧

使用人 (Servants)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 06:54 UTC 版)

七つの大罪シリーズ」の記事における「使用人 (Servants)」の解説

ポロ (Pollo) モチーフ鏡音レン コンチータ家に仕え召使で、「神の双子ヘンゼル生まれ変わりベルゼニア帝国のグレイビア領の出身で、両親幼い頃亡くなっている。双子の姉のアルテと比べて性格良いが、頭はあまり良くなく要領がかなり悪い。「ゲヒヒ」という変な笑い方をする。食べ物は質より量を重視年齢はバニカと同い年だが、アルテ共々10年以上経っても外見14歳のままで、バニカの異常な行動周囲の人間離れていく中でも特に気にする素振りもなく付き従っていた為、バニカも普通の人間ではないことに薄々付いていた。悪食悪魔からは「我ら仲間であり、親であり、息子である者たちの生まれ変わりと言われており、AB-CIRが一度手放した悪食の器であるワイングラスを再びコンチータ家に持ち込んだ張本人である。最終的には悪魔の力が弱まったバニカに食べられており、アルテ同様に普通の人間とは違う味をしていたとのこと動画中のキャストでは「頭の悪い召使」と記載コンチータある日の朝食に特製ブリオッシュ作ったアルテ (Arte) モチーフ鏡音リン コンチータ家に仕えメイドで、「神の双子グレーテル生まれ変わりベルゼニア帝国のグレイビア領の出身で、両親幼い頃亡くなっている。双子弟と違い短気でわがままな性格で「戦争戦争」が口癖食べ物量より質重視し弟と違って調理出来るが、気まぐれな性分ゆえに手を抜くことが多々ある年齢はバニカと同い年だが、10年以上経っても外見14歳のままで、バニカに付き従い屍兵たちを指揮して皇軍戦うこともあるなど、普通の人間とどこか異なっている。AB-CIRが一度手放した悪食の器であるワイングラスを再びコンチータ家に持ち込んでおり、自分たちの部屋でそれを発見したロン口封じの為殺害し、バニカに契約委ねるように仕向けたグレーテルであった時の記憶あるようで、飢餓自分たちを捨てた養父母を「魔女その子分」として殺害した事を話しており、またポロ共々養父であったアダム=ムーンリットに瓜二つ容姿を持つヨーゼフ嫌っている。最終的には悪魔の力が弱まったバニカに食べられた。 動画中のキャストでは「性格の悪いメイド」と記載コンチータある日の昼食適当にパン作ったカルロスマーロンヨーゼフクリム (Carlos Marlon/Josef Crim) モチーフ:なし/KAITOヨーゼフ当時マーロン国第三王子で、バニカの元婚約者生まれつき病弱だ同時に自信過剰態度であったため、周囲から鼻つまみ者されていたふくよか体格のバニカを見下すことはあったがそれなりに好意抱いてたようで婚約破棄された後も何かと気にかけていた様子病気に関してマーロン王家伝わ特殊な粉末を、ジズ・ティアマ(とてもすごいタコ)のスミ一緒に服用することで毒を抑え定期的に発作抑える秘薬にしていた。 後にAB-CIRによって敵国であるライオネス国のヘッジホッグのもとに捕らわれてしまうが、牢獄でAB-CIRとプラトニック会話でバニカの異変知り、彼女の真意確かめるべくAB-CIRのスパイになることを志願する色欲の器ヴェノム・ソード使って、AB-CIRがかつて誤り殺した有名なコックヨーゼフ」(モチーフKAITO)の顔に変えることで、コンチータ公爵家雇われの身で潜入する事となった。料理そこまで上手い訳ではなかったが、バニカの味覚異常だった上に逆に料理人として誇りがない為おぞましい料理調理耐えることができた為、バニカに気に入られていた。しかし、逆にアダム=ムーンリットに似たその容姿から、ポロアルテには毛嫌いされていた後に自分の正体気付いていたバニカと想い交わしあうが、ポロアルテと共に痺れ切らした皇帝軍を相手屍兵けしかけたバニカを見て自分がいかに異常な状況下にいることを実感し恐怖覚える。一度は逃げようとして失敗したがそれでもバニカへの愛は変わらず長年自分服用してきた憤怒の器「黄金の鍵」から作られた粉末心中計ろうとするが、バニカには毒が効かカルロスだけが死亡したその後バニカに食べられたが、彼の体内溜まっていた憤怒の器黄金の鍵粉末がバニカの力を弱めるきっかけとなった悪ノPtwitterによると死後はバニカの腹の中にい続けているとの事動画中のキャストでは「うだつのあがらないコック」と記載ロン=グラップル (Ron Grapple) ムズーリの代からコンチータ公爵家仕え侍従長。「バエム」を食べた事でグーラ病となるが、10年間食べ続けることでムズーリと共に生き残ったその後はムズーリの命令でバニカを支えるようになり、バニカと年の近いポロアルテ侍従として雇ったカルロスとの縁談破綻した後も、ポロアルテと共に諸国旅するバニカのことを何かと気にかけており、屋敷留守任されていた。 ムズーリが亡くなってバニカが公爵家を継いでからしばらくした後、バニカたちが旅に出てい間に双子部屋掃除をしていたところ、かつてAB-CIRが持ち去った筈のワイングラス暖炉の穴に隠されていたのを見つけてしまう。それを処分しようとするが、直後に旅に出ていた筈のポロアルテ現れ、それと同時に双子10年前雇われ来たではなく、何故屋敷にいたのかを思い出し呪い終わってどいなかったことを知るが、既に時遅く翌日ら行不明になった。 その後、バニカのワイングラスの力で屍兵化し領土内徘徊するが、他の屍兵より比較おとなしかった為、領土内の町で生け捕りされていた。そしてエルルカの魔術によって起こった出来事断片的に話しワイングラス割ってバニカとバニカの赤ん坊助けて欲しい懇願し白骨死体へと戻った後に屍兵として復活遂げコンチータ家の他の従者共々アウトロー」として各地暴れまわる内に自我取り戻す。その時に自分昔から系譜者の力で操られいた事やそれにより、贈答品にバエムを紛れ込ませた事や双子雇った事を思い出した世界崩壊後はアモスティアに騙され呪いを解くために他のアウトロー共々彼に協力していたが、彼だけ呪いが解けなかったため双子再会する事になったが双子に対してとても怯えていた。

※この「使用人 (Servants)」の解説は、「七つの大罪シリーズ」の解説の一部です。
「使用人 (Servants)」を含む「七つの大罪シリーズ」の記事については、「七つの大罪シリーズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「使用人」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「使用人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



使用人と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「使用人」の関連用語

使用人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



使用人のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの使用人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの七つの大罪シリーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS