恐怖とは? わかりやすく解説

きょう‐ふ【恐怖】

読み方:きょうふ

[名](スル)おそれること。こわいと思うこと。また、その気持ち。「―にかられる」「人心を―せしめる事件」「―心」


恐怖

作者佐多稲子

収載図書日本プロレタリア文学22 婦人作家集 2
出版社新日本出版社
刊行年月1987.10


恐怖

作者ギー・ド・モーパッサン

収載図書モーパッサン短編集 3 30改版
出版社新潮社
刊行年月2006.12
シリーズ名新潮文庫


恐怖(里子)

作者アンドレーエフ

収載図書上田敏
出版社大空社
刊行年月2003.7
シリーズ名明治翻訳文学全集


恐怖(沈黙)

作者アンドレーエフ

収載図書上田敏
出版社大空社
刊行年月2003.7
シリーズ名明治翻訳文学全集


恐怖

作者ギイ・ド・モーパッサン

収載図書モーパッサン怪奇傑作集
出版社福武書店
刊行年月1989.7
シリーズ名福武文庫


恐怖

作者谷崎潤一郎

収載図書人間み病気
出版社福武書店
刊行年月1991.11
シリーズ名福武文庫

収載図書潤一ラビリンス 1 初期短編集
出版社中央公論社
刊行年月1998.5
シリーズ名中公文庫

収載図書人間み病気
出版社ランダムハウス講談社
刊行年月2007.11
シリーズ名ランダムハウス講談社文庫


恐怖

作者竹本健治

収載図書閉じ箱
出版社角川書店
刊行年月1993.10

収載図書閉じ箱
出版社角川書店
刊行年月1996.1
シリーズ名カドカワノベルズ

収載図書閉じ箱
出版社角川書店
刊行年月1997.12
シリーズ名角川ホラー文庫

収載図書綾辻行人有栖川有栖のミステリ・ジョッキー 1
出版社講談社
刊行年月2008.7


恐怖

作者アーサー・マッケン

収載図書アーサー・マッケン作品集成 3 恐怖
出版社沖積舎
刊行年月1994.12


恐怖

作者佐合冬彦

収載図書エホバの人々
出版社近代文芸社
刊行年月1995.5


恐怖

作者ウラジーミル・ナボコフ

収載図書ナボコフ短篇全集 1
出版社作品社
刊行年月2000.12


恐怖

作者上林暁

収載図書上林暁全集 9 小説 増補決定版
出版社筑摩書房
刊行年月2001.2


恐怖

作者リディア・デイヴィス

収載図書ほとんど記憶のない女
出版社白水社
刊行年月2005.11


恐怖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/07 17:27 UTC 版)

恐怖(きょうふ)、または恐れ(おそれ)(: fear)は、動物人間のもつ感情の一つで、こわいと思うことやその気持ち[1]


  1. ^ goo辞書「恐怖」
  2. ^ a b c d ブリタニカ国際百科事典、【恐れ、fear】
  3. ^ 河合隼雄『対話する生と死』(大和書房 2006年2月15日発行)
  4. ^ 『広辞苑』第六版【おどし。威し、脅し】
  5. ^ a b 『精選版 日本国語大辞典』【脅迫】
  6. ^ 『広辞苑』第六版【脅迫】
  7. ^ 『広辞苑』第六版【強迫】
  8. ^ a b c ドナ・ハート、ロバート・W・サスマン『ヒトは食べられて進化した』伊藤伸子訳 化学同人 2007 ISBN 9784759810820 pp.104-108.
  9. ^ 自律神経を整えるには腸の働きが大切|【ココカラクラブ】ドラッグストアのココカラファイン” (日本語). 【ココカラクラブ】ドラッグストアのココカラファイン. 2022年8月7日閲覧。
  10. ^ 恐怖をまったく感じない女性、PTSD治療にヒントか - AFP BB News 2010年12月20日
  11. ^ Sandi, C. (2011). “Healing anxiety disorders with glucocorticoids”. Proceedings of the National Academy of Sciences 108 (16): 6343–344. Bibcode2011PNAS..108.6343S. doi:10.1073/pnas.1103410108. PMC 3080972. PMID 21482789. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3080972/. 
  12. ^ a b Kaplan, J.S.; Tolin, D.F. (2011). “Exposure therapy for anxiety disorders: Theoretical mechanisms of exposure and treatment strategies”. Psychiatric Times 28 (9): 33–37. http://search.proquest.com/docview/894207776. 
  13. ^ Travis, John (2004). “Fear not: Scientists are learning how people can unlearn fear”. Science News 165 (3): 42–44. doi:10.2307/4014925. JSTOR 4014925. 
  14. ^ “Cure Your Fear – Phobia Treatment” (英語). FearOf.net. https://www.fearof.net/cure-your-fear-phobia-treatment/ 2018年11月28日閲覧。 


「恐怖」の続きの解説一覧

恐怖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 08:23 UTC 版)

ツァボの人食いライオン」の記事における「恐怖」の解説

貨車での遭遇以降しばらくの間人食いライオンはツァボを避けていてパターソンたちを襲うような行動はとらなかった。パターソンこの期間中に、ある考え思いついた。それは、2-3人の労働者危険な目に絶対遭わせずに「おとり」に使うような罠を作れば人食いライオン捕えることができるのでは、というものであったパターソンは早速罠の作成とりかかった材料となったのは、枕木トロッコレール電線切れ端や重い鎖などで、彼の考えで十分に頑丈な出来栄えであった。罠はおとりとなる人間用の部屋と、ライオン閉じ込めるための部屋分けられ2つ部屋の間は枕木レール利用して作った堅牢な鉄格子はめ込まれていた。ライオン入り口は、ネズミ捕りと同じ要領で餌となるおとりを捕まえなくてもドア閉まるように工夫されていた。パターソンライオン目を欺くため、罠の上にテント張り、さらに周囲特別に強力なボマ囲んだ最初の2-3日パターソン自身がおとり役となって罠に入っていたが、なかなか眠れないうえに襲撃受けただけで特段の変事はおこらなかった。 他のキャンプはときどき人食いライオン襲撃を受けていて、パターソンもその情報つかんでいた。しかしツァボは完全にライオン攻撃対象外れていたため、労働者たちはすっかり安心した日々過ごしていた。そこに油断生じ、ツァボに恐怖が再び忍び寄ってきた。 ライオン再度襲撃を始めたのは、大勢労働者が涼を求めてテント外で就寝していた夜だった。突然起こった叫び声悲鳴で夜の平穏破られパターソンを始めとした人々ライオンがツァボに再び狙い定めたことを思い知らされた。そのライオンボマに1頭で闖入し、発見者によって鳴らされ警鐘や、たいまつこん棒石など攻撃も意にも介さず労働者1人捕えたライオンボマ外でもう1頭のライオン合流して大胆なことにテントから30メートル離れていない地点労働者食べ始めていた。労働者頭がライオンたちに向けて数発発砲したものの、ライオンは「食事」を済ませるまでその場離れようとしなかった。 パターソンはこの事件後、1週間以上ライオン待ち伏せてみたが、すべてが徒労に終わった毎晩のようにライオンパターソンの裏をかいてキャンプ襲い翌朝には労働者1名が欠けているのが常態になっていた。パターソンもこの事態には意気阻喪し、ライオンたちは本当に悪魔」で「不死身なのではないかと考えるまでになっていた。パターソン周囲の気を引き立たせるために、昼間の密林の中でライオン追跡する仕事を始めたが、これも成功しなかった。役人や軍の将校たちもツァボを訪れて毎夜見張り手伝ったが、ライオンはこれも避けて犠牲者の数毎晩のように増やしていた。 ライオンが駅から労働者さらった上にパターソンのいるキャンプのそばまで運んできてそこでむさぼり食うというできごとさえ起ったパターソンの耳にはライオンが骨をかむ音や満足げに喉を鳴らす音までがありありと聞こえ、その音は数日間彼の耳に残って離れなかった。たとえ外へ出たとしても労働者救うこと不可能とわかりきっていたため、パターソン無力感さいなまれた。パターソン滞在しているボマ近くにいた数名労働者もこの事態怯えきって、パターソンボマ入れてほしいと大声で救い求めたパターソン快く彼らを迎え入れたが、彼らと一緒に病人1人いたことを思い出して聞いてみると置き去りにしてきたことがわかったパターソンすぐさま労働者数名を率いて病人連れてようとしたが、到着したときには病人仲間見捨てられたショックのためにすでに絶命していた。 事態悪化一途をたどり、ライオンたちはますます大胆にふるまうようになっていた。これまでは1頭のみが労働者たちを襲い、もう1頭は外の藪の中待っていた。しかし2頭は一緒に行動するようになり、それぞれボマ押し入って労働者1人ずつ襲うまでとなった11月最終週には、スワヒリ人の運搬労働者2名が襲われた。1人ライオンがすぐに連れ去って食べたが、もう1人ボマイバラ引っかかったために連れ去り免れた。その労働者は何とか助け出すことができたが、重傷だったため病院に着く前に絶命した。その2-3日後には、ツァボ駅からほど近い位置にあった地区最大級労働者キャンプ襲撃された。2頭のライオン真夜中にキャンプ押し入り恐れおののく労働者たちを襲って不幸な犠牲者をさらい、キャンプすぐそばむさぼり始めた一連の騒ぎは、かなり離れた距離にあるパターソンボマからもはっきりと聞き取れた。監督官のダルゲヤンズがライオンのいる方向50発以上発砲したものの、ライオン追い払うことさえできず、2頭は食事」が済むまでその場とどまっていた。 翌朝になってから、パターソンたちはライオン追跡試みた砂上には折れた肢のつま先でつけたような痕跡残っていたため、ダルゲヤンスはライオンのうち1頭を負傷させたものと確信していた。痕跡追っていくうちに不気味な唸り声聞こえ一行ライオンのそばに来ていたことに気づかされた。注意深く前進してやぶをかき分けてみると、前夜さらわれた労働者遺体残されていた。一行ライオンつま先付けた痕跡思い込んでいたのは、引きずられて連れ去られ労働者の指が残したものであったライオンはすでに立ち去っていて、一行遺体残骸葬ってから戻るしかなかった。 連続する惨劇によって、労働者たちは恐慌状態陥った12月1日午後キャンプ戻ったパターソン待ちうけていたのは作業放棄した労働者の一団であった。彼らはパターソンに『これ以上どんなことがあってもツァボにはとどまらない』と宣言した。『政府のために働く約束インドから来たであってライオンなどの餌食になるために来たのではない』、というのが彼らの主張であった労働者たちは最初に通りかかっ汽車止めて乗り込み、ツァボから逃げ出したこのため鉄道工事完全にストップしたその後3週間は、ツァボに踏みとどまった労働者たちのために「ライオン対策」を施した小屋作る以外の作業はできなかった。小屋貯水タンクの上や、屋根、はてはガードの上など、およそ安全であろうと思われる所にどこにでも作られたテント内に穴を掘って、重い丸太で上を覆ってからそこで眠る者もいた。多くのベッド手ごろな木に結びつけられたが、ときには木の耐えうる限界以上にまでなった。ライオン夜中にキャンプ急襲したとき、たくさんの労働者1本木に殺到して逃れようしたため、その木が折損した。木に登った労働者たちはまさにライオン目前に投げ出される態となったが、そのとき別の犠牲者手中にしていたライオンは彼らに興味示さず全員命拾いした。

※この「恐怖」の解説は、「ツァボの人食いライオン」の解説の一部です。
「恐怖」を含む「ツァボの人食いライオン」の記事については、「ツァボの人食いライオン」の概要を参照ください。


恐怖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/18 16:28 UTC 版)

ファイナルファンタジーXIの戦闘システム」の記事における「恐怖」の解説

一定時間、恐怖して逃げ惑うPCから逃げ様に移動し始め攻撃してこなくなる)特殊な状態変化

※この「恐怖」の解説は、「ファイナルファンタジーXIの戦闘システム」の解説の一部です。
「恐怖」を含む「ファイナルファンタジーXIの戦闘システム」の記事については、「ファイナルファンタジーXIの戦闘システム」の概要を参照ください。


恐怖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/11 14:57 UTC 版)

精神コマンド一覧」の記事における「恐怖」の解説

『無限のフロンティアEXCEED』登場自分のCOMゲージ30下がる。単体では習得せず、「博打」「式占使用時のみ登場する

※この「恐怖」の解説は、「精神コマンド一覧」の解説の一部です。
「恐怖」を含む「精神コマンド一覧」の記事については、「精神コマンド一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「恐怖」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

恐怖

出典:『Wiktionary』 (2021/10/24 03:43 UTC 版)

名詞

きょうふ 呉音仏教語):くふ)

  1. 恐れること。はなはだしく不安感じること。

関連語

翻訳

動詞

活用


「恐怖」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「恐怖」に関係したコラム

  • CFDのVIX指数の見方

    VIX指数とは、アメリカ合衆国の代表的な株価指数のSP500のボラティリティをもとに算出した指数のことです。VIX指数は、Volatility Indexの略です。ボラティリティは0%から100%まで...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「恐怖」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



恐怖のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2022 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの恐怖 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのツァボの人食いライオン (改訂履歴)、ファイナルファンタジーXIの戦闘システム (改訂履歴)、精神コマンド一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの恐怖 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS