音量とは? わかりやすく解説

おん‐りょう〔‐リヤウ〕【音量】

読み方:おんりょう

音の大きさ強さ度合いボリューム。「—をしぼる」

音声学で、音の長短度合い


音量 (Volume)


音の強さ

(音量 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/28 23:21 UTC 版)

音の強さ: sound intensity)は単位面積を通過する音波がもつ単位時間あたりのエネルギー量を示す物理量である[1]。音響インテンシティとも。


  1. ^ "音の強さ ... 指定された方向に垂直な面を通過する音響エネルギー束をその面積で除した値。... sound intensity" JIS Z 8106:2000


「音の強さ」の続きの解説一覧

音量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 06:20 UTC 版)

カリヨン」の記事における「音量」の解説

カリヨンにはピアノ同等か、それ以上のダイナミックレンジを持つ楽器存在する演奏者演奏時のタッチによって幅広い音量を表現できる大きな鐘(低い音)のダイナミックレンジ小さい鐘(高い音)よりも広いものとなる小さな鐘は質量少ないため、大きな鐘のごく一部の音量しか表現することができない

※この「音量」の解説は、「カリヨン」の解説の一部です。
「音量」を含む「カリヨン」の記事については、「カリヨン」の概要を参照ください。


音量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/16 05:01 UTC 版)

静粛性能」の記事における「音量」の解説

音の音圧明らかな大音量よりも、静かな方がリラックスであるが、完全に無音状態の場合は人間過度なストレス発狂するかは実験結果がない)を感じるためある程度環境音必要である

※この「音量」の解説は、「静粛性能」の解説の一部です。
「音量」を含む「静粛性能」の記事については、「静粛性能」の概要を参照ください。


音量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/13 05:18 UTC 版)

心雑音」の記事における「音量」の解説

心雑音の音量は重症度調べ目安となり、Levineの6段階分類法に従って評価されることが多い。

※この「音量」の解説は、「心雑音」の解説の一部です。
「音量」を含む「心雑音」の記事については、「心雑音」の概要を参照ください。


音量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 06:53 UTC 版)

テレビ」の記事における「音量」の解説

音量の平均化デジタルテレビ放送ダイナミックレンジ広く高品質伝送可能でありCM放送時の音量が前後の番組より大きくなる場合があるとされるが、日本民間放送連盟2012年10月1日から番組CM全体の音量を平均値として一致させる基準採用するCM番組それぞれの音の大きさとして感じラウドネス数値ラウドネスメーター測定し平均値揃える。

※この「音量」の解説は、「テレビ」の解説の一部です。
「音量」を含む「テレビ」の記事については、「テレビ」の概要を参照ください。


音量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 09:17 UTC 版)

ファゴット」の記事における「音量」の解説

ファゴットはおよそ33 dBダイナミックレンジ有する楽器から10メートルの距離でピアニッシモはおよそ50 dbフォルテッシモはおよそ83 dB達する。

※この「音量」の解説は、「ファゴット」の解説の一部です。
「音量」を含む「ファゴット」の記事については、「ファゴット」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「音量」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

音量

出典:『Wiktionary』 (2021/08/17 13:20 UTC 版)

名詞

 おんりょう

  1. 大きさボリューム。「テレビ音量上げる」

「音量」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

音量のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



音量のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
サラウンドWebサラウンドWeb
Copyright Japan Audio Society All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの音の強さ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカリヨン (改訂履歴)、静粛性能 (改訂履歴)、心雑音 (改訂履歴)、テレビ (改訂履歴)、ファゴット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの音量 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS