持続時間とは? わかりやすく解説

持続時間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/16 05:01 UTC 版)

静粛性能」の記事における「持続時間」の解説

一般的には短いほうがよいが、ピーク一瞬現れ収束するよりも、ある程度時間鳴っていたほうが、人が認知できるため不安とならない傾向がある

※この「持続時間」の解説は、「静粛性能」の解説の一部です。
「持続時間」を含む「静粛性能」の記事については、「静粛性能」の概要を参照ください。


持続時間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 14:51 UTC 版)

無酸素運動」の記事における「持続時間」の解説

最大の運動強度で、運動の持続時間は非乳酸系は8秒くらい、乳酸系は33秒くらいである。 ただし、運動負荷落とすと、乳酸系は2時間半くらい持続する無酸素運動有酸素運動混じった運動になる。そこからさらに負荷落とすと有酸素運動のみとなる。 フルマラソンにおいてはトップ選手2時間半を切るので、無酸素運動比重が大きいが、市民ランナー平均4時間半くらいなので、有酸素運動比重大きくトップ市民ランナー運動形態異なる。それに対してトライアスロンは、オリンピックディスタンスにおいてはトップ1時間50分くらいで、市民アスリートでも2時間半を切れる人が多数出るくらいの距離設計になっていて、トップ市民アスリート運動形態近くなるように工夫されている。また、トライアスロンアイアンマンにおいてはトップでも市民アスリートでも有酸素運動大半を占めるように非常に長い距離となっている。このほか50km競歩自転車ロードレーストップ選手でも競技時間が非常に長く有酸素運動占め割合が多い。

※この「持続時間」の解説は、「無酸素運動」の解説の一部です。
「持続時間」を含む「無酸素運動」の記事については、「無酸素運動」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「持続時間」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「持続時間」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

持続時間のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



持続時間のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの静粛性能 (改訂履歴)、無酸素運動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS