比較とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 比較 > 比較の意味・解説 

比較

読み方:ひかく

他と対照し異なっている部分やその差異の程度などを見定めること、という意味用いられる表現基本的に名詞だが「比較する」の形で動詞サ変動詞)としてもよく用いられる

「比較」の語を構成する「比」の字も「較」の字も、共に「くらべる」と訓ずる。つまり類義語並置された形の熟語である。その意味は「比べる」(較べる)と何ら変わらない

比較の語は、文語表現というわけではないが、漢語多く用いられる硬め文章で用いられやすい。他方、やや口語的なくだけたにおいては比べるの方好まれすいといいえる。例えば、「両者比較した結果意外な事実判明した」というような文調では「比較」が、「二つ比べてみると驚くべきことが分かった」というような口調では「比べる」が用いられやすい。

他の熟語組み合わせて比較対照」「比較検討のような表現作られる場合少なくないまた、「的」を接尾辞的に添えて「比較的」というと副詞となる。この場合具体的な比較対称が特に念頭に置かれ漠然と同種の他のものと比べてみて」程度の意味合い用いられることが多い。

「比較」と同じく比べるの意味用いられる漢語表現としては「对比」「対照」「比量」なども挙げられる

対比」は、2つ物事比べもっぱら相違点着目する違い浮き彫りにして際立たせるという意味合いにおいて用いられる。「比較」は3つ以上物事並べて比べる場合にも用いられる場合があり、また相違に限らず類似または一致する部分にも着目する意味で用いられる場合がある

―― 定時制高校通信制高校などと対比される文脈では「全日制高校」という呼び方用いられるが、そうでなければ単に「高校」と呼ばれる
―― 欧米対比すると、日本の商習慣には非合理的な因習も多いと分かる
―― 世にはばかる悪人清貧善人とが対比的描かれている
―― 明と暗の対比コントラスト)を用いた劇的演出こそがカラヴァッジョに代表されるバロック絵画真骨頂といえる

対照」は互いに並べて照らし合わせる見比べる、といった意味合いの語であり、「比較」に近い意味合いでも「対比」に近い意味合いでも用いられ得る。ただし「対照的」と述べ場合にはもっぱら違いはっきりと際立つという意味用いられる

比量」は「比較」と同様比べる」(比べ量るという意味の語であるが、もともと仏教における用語であり、現代において用いられる機会は稀といえる

なお「比較」は「ひこう」と読むこともあり「比校と書くこともある。元をたどれば「ひこう」の方根本に近い読み方であり、「ひかく」は慣用読みである。とはいえ今日では完全に「ひかく」の読み定着しており「ひこう」の読み廃れている。

ひ‐かく【比較】

読み方:ひかく

[名](スル)

二つ以上のものを互いにくらべ合わせること。「優等生の兄といつも―される」

(「比較にならない」の形で)くらべるに価する対象。「まるで―にならない得票差


比較

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/18 01:09 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「比較」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「比較」を含むページの一覧/「比較」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「比較」が役に立つかも知れません。

関連項目




比較(暗)(Darken Only)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/02 03:04 UTC 版)

ブレンドモード」の記事における「比較(暗)(Darken Only)」の解説

このブレンドモードは、上のレイヤー下のレイヤーピクセル比較して、値が小さいほうだけを表示する数式にすると、上のレイヤーピクセルRGB値を ( r 1 , g 1 , b 1 ) {\displaystyle (r_{1},g_{1},b_{1})} 、下のレイヤーピクセルRGB値を ( r 2 , g 2 , b 2 ) {\displaystyle (r_{2},g_{2},b_{2})} とした場合画面表示されるピクセルは [ min ( r 1 , r 2 ) , min ( g 1 , g 2 ) , min ( b 1 , b 2 ) ] {\displaystyle [\min(r_{1},r_{2}),\min(g_{1},g_{2}),\min(b_{1},b_{2})]} となる。

※この「比較(暗)(Darken Only)」の解説は、「ブレンドモード」の解説の一部です。
「比較(暗)(Darken Only)」を含む「ブレンドモード」の記事については、「ブレンドモード」の概要を参照ください。


比較(明)(Lighten Only)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/02 03:04 UTC 版)

ブレンドモード」の記事における「比較(明)(Lighten Only)」の解説

このブレンドモードは、「比較(暗)」の逆で上のレイヤー下のレイヤーピクセル比較して、値が大きいほうだけを表示する数式にすると、 [ max ( r 1 , r 2 ) , max ( g 1 , g 2 ) , max ( b 1 , b 2 ) ] {\displaystyle [\max(r_{1},r_{2}),\max(g_{1},g_{2}),\max(b_{1},b_{2})]} となる。

※この「比較(明)(Lighten Only)」の解説は、「ブレンドモード」の解説の一部です。
「比較(明)(Lighten Only)」を含む「ブレンドモード」の記事については、「ブレンドモード」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「比較」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

比較

出典:『Wiktionary』 (2021/10/24 09:40 UTC 版)

名詞

ひかく

  1. 違いを見るためにある物と他の物を比べあわせる事。

発音(?)

ひ↗かく

翻訳

動詞

活用

翻訳


「比較」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



比較と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「比較」に関係したコラム

  • 株365の相場と金相場との関係

    株365で取引可能な日経225証拠金取引、DAX証拠金取引、FTSE100証拠金取引、FTSE中国25証拠金取引の4銘柄と金相場とはどのような関係にあるでしょうか。下の図は、株365の4銘柄のもとにな...

  • CFDで日本国内の株式を取引するには

    CFDで日本株の株式取引をするには、日本株を取り扱っているCFD業者と取引を行います。CFDでの日本株の取引は、現物株取引と比較すると、売りから取引できることや少額で売買できるなどのメリットがあります...

  • 株式の投資判断とされる売上債権回収率とは

    株式の投資判断とされる売上債権回収率とは、売上債権の売上高の割合をパーセンテージで表したものです。売上債権とは、売掛金や受取手形のことで、貸借対照表では現金や商品、有価証券などと同じく流動資産として計...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のDeMarkerの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のDeMarkerの見方を解説します。DeMarkerは、MT4のナビゲーター画面の「罫線分析ツール」に登録されていま...

  • 日本国内のFX業者のスワップポイント比較

    スワップポイントは、通貨ペアを売りポジション、あるいは、買いポジションした場合に発生する利息です。スワップポイントは、FX業者によって設定されて1日ごとに変動します。次の表は、2012年5月24日現在...

  • FXやCFDのチャイキンボラティリティとは

    FXやCFDのチャイキンボラティリティ(Chaikin's Volatility)とはEMA(指数平滑移動平均)を用いたテクニカル指標のことです。チャイキンボラティリティは、n日間の高値と安値との差の...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「比較」の関連用語

比較のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



比較のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの比較 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブレンドモード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの比較 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS