その意味とは? わかりやすく解説

その意味

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/17 20:05 UTC 版)

指標生物」の記事における「その意味」の解説

指標生物は、ある決まった環境条件敏感に反応し、その差によって異なった状況見せものである。そこで、その状況見ることで、そこからその環境条件推察することができる。しかし、そうであればむしろ直接に環境条件測定すればいいのではないかとの考えもある。実際に数字としてそれを得るのが目的であればその方正しい。にもかかわらず生物指標有効であるのは以下のような理由よる。 数値測定より簡単である厳密な測定にはそれぞれに特殊な機器必要でありそれなりに金と技術時間がかかるが、生物指標にはそれがあまりかからない後に述べ水生動物の例では、小学生でも測定可能である。その点でいえば、微生物などを指標とするのは有効ではないことになる。 時間的空間的変動越えた結果出せる個々の環境条件数値として取り出す場合、それらが時間的に変動する可能性調査点の違いによる差を考慮入れなければならない生物であればその地域のある程度範囲と、一定期間がその生存必要なので、そのような変動がその生存直接影響する例え工場有害な廃液を川に流しているとする。それをいつでも排出しているならば排水水質調査判断できるが、一時的に濃度の濃いものがまとめて放出される測定値からそれを知るの難しくなる。しかし、生物はその一度の放出大きな影響を受けるから、その結果は川の生物相の変化として記録されるだろう。 未知の条件視野に含めることができる。物理化学的な計測は、その対象明確でなければ測定できない未知の条件環境悪化引き起こしている場合それが何か特定するのはなかなか難しい。しかし、生物見ればそれが何かはわからなくても環境悪化事実を知ることができる。 複数条件総合的影響見られる生物影響を与える原因はひとつではないし、それらが相乗効果を示す場合あるから測定値だけで生物への影響判断できない場合がある結局のところ環境調べ場合多く生物人間への影響考えるためであるから、直接に生物にどんな影響出たのかを見ること早道ということである。

※この「その意味」の解説は、「指標生物」の解説の一部です。
「その意味」を含む「指標生物」の記事については、「指標生物」の概要を参照ください。


その意味

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/03/17 06:37 UTC 版)

疑似有性生殖」の記事における「その意味」の解説

身近で見られるカビ大部分は分生子によって無性的に増殖する一方である時期に好適なとの間で接合行い一定の成長の後、2融合減数分裂が行われ、新たな遺伝子組み合わせ持った個体作られる。つまり有性生殖が行われると考えられるアオカビなどのいわゆる不完全菌多くも、多分どこかでは有性生殖行っているが、それが頻繁ではないか目立たないためにそのテレオモルフ有性生殖体)が見つからないか、あるいは両者関連分かっていないものと考えられている。 その一方で、一部には本当に有性生殖行なっていないものもあると考えられている。しかし、それらが有性生殖器官は形成しないものの、同様の結果生じ現象があるとすれば、それらは有性生殖をせずともその恩恵には預かれると考えられる。それが、ここに述べた擬似有性生殖である。 ただし、実際にこの現象そのように働いているかは明らとは言えない。実験室内では上記のような現象確実に確認されているし、必要であれば融合などを誘発する化学物質利用するどの方法で引き起こすともできる。しかし、自然界では少なくともまれな現象であろう考えられている。この現象有性生殖が行われている種においても生じ可能性がある。 なお、この現象最初に研究されたのはコウジカビ一種(Aspergillus nidulams 完全型は Emericella nidulans)であるが、このような現象知られたために遺伝学的研究モデル生物として使えないと考えられるようになっている

※この「その意味」の解説は、「疑似有性生殖」の解説の一部です。
「その意味」を含む「疑似有性生殖」の記事については、「疑似有性生殖」の概要を参照ください。


その意味

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/03/06 15:26 UTC 版)

微細構造」の記事における「その意味」の解説

生物学は、顕微鏡を使うことで大幅な進歩遂げ顕微鏡生物学にとって無くてはならない道具となった生物体大きいものも実は顕微鏡サイズ構造積み重ねであることが判明し微生物のように顕微鏡でなければ発見されない生物見つかった20世紀初期までは、顕微鏡見分けられる限界知識限界であった。しかし、同時にその限界より向こうに必要な情報存在することも分かってきていた。例え細胞膜存在認められるが、それは顕微鏡では確認できないものであった生化学分子生物学進歩はその構造モデル提出しつつあったが、その裏付け得難かった。また、微生物学発展は、顕微鏡では見えない大きさ病原体ウイルス)の存在証明した一般顕微鏡光学顕微鏡)の分解能どれだけ細かいところが見分けられるか)は理論上光の波長と同じ100nmのオーダーであり、これでは小さなバクテリア(1マイクロメートル前後)くらいまでは見分けられるが、その細部はもう区別できない部分となる。ウイルスの場合はその存在確認できない。この限界打破したのが電子顕微鏡である。可視光線代わりに電子線用いることで、はるかにかいもの見分けられるようになったその理論上の分解能は0.3nmであり、原子大きさ直径0.1nm程度)に迫る。 生物学それによってウイルス見ることができるようになったが、それ以上に驚くべきであったのは、それまで知られていたさまざまな構造に、さらに精密な内部構造存在することが分かったことである。そこで、電子顕微鏡によってそれまでに知られていた様々な構造見直す必要が生じそれによって発見され構造のことを微細構造 (Ultrastructure) というようになったのである言い換えれば電子顕微鏡でなければ見えない構造のことである。したがって、「○○微細構造研究 (Ultrastructural study of ○○)」という論文題名は、「○○電子顕微鏡使って調べました」とほぼ同義である。

※この「その意味」の解説は、「微細構造」の解説の一部です。
「その意味」を含む「微細構造」の記事については、「微細構造」の概要を参照ください。


その意味

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/29 19:11 UTC 版)

単型 (分類学)」の記事における「その意味」の解説

単型であることは、近縁な分類群存在しないことを意味する生物進化の過程で種分化繰り返すことで多様性獲得してきたと考えられるしたがって、ある程度近縁な群存在することは自然のことと考えられる。 それが存在しないのは、例えばその群の多くの分類群絶滅した場合である。ヒカゲノカズラ植物門などはおそらくこれにあたる。この群にはヒカゲノカズラ類イワヒバ類、ミズニラ類含まれるが、それぞれ、科あるいは属のレベルまで単型である。この類古生代繁栄したもので、当時は多くの種を有した大部分絶滅し、現在見られるのはその生き残り考えられている。イチョウシーラカンスなどもそれぞれにその類唯一の生き残りである。これらはよく生きている化石といわれる。 この項目は、生物学関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:生命科学Portal:生物学)。

※この「その意味」の解説は、「単型 (分類学)」の解説の一部です。
「その意味」を含む「単型 (分類学)」の記事については、「単型 (分類学)」の概要を参照ください。


その意味

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/10 21:59 UTC 版)

応答率」の記事における「その意味」の解説

コールセンターインバウンド業務においては、この数値一定基準以上確保することをセンター最大目標に掲げている。 コールセンター業務アウトソーシングする場合には、その数値基準多くの場合クライアント業務依頼元)企業設定し、それを達成することを業務受託企業コールセンター会社など)に要求するその場合、両社契約によってはその数値SLAとして設定され一定期間未達成の場合には業務受託側が賠償責任を負うこともある。 コールセンター電話をかけた際、「只今混雑しています」とのガイダンス流れてすぐにつながらないことがあるが、ガイダンス中に電話切ってしまうと呼損となり、応答率下がる(=呼損率上がる)こととなる。 応答率高めるため、コールセンターにおいてはスーパーバイザー中心となり、スタッフ増強スタッフ教育強化顧客管理入電管理などの各種システム改善に力を注いでいる。

※この「その意味」の解説は、「応答率」の解説の一部です。
「その意味」を含む「応答率」の記事については、「応答率」の概要を参照ください。


その意味

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/25 16:43 UTC 版)

鎮守の森」の記事における「その意味」の解説

鎮守の森いうのは多くの神社囲むようにして存在した森林のことで、の字をあてることも多い。「神社と書いて「もり」と読ませている例もあり、古神道から神社神道派生したことがうかがえるまた、社叢」(しゃそう)と称されることも多い。 現代において神社神道神体本殿拝殿などの、注連縄の張られた「社」であり、それを囲むものが鎮守の森であると理解されている。本来の神道源流である古神道には、神籬ひもろぎ)・磐座いわくら信仰があり、森林森林覆われた土地山岳霊峰富士など)・巨石や海や河川岩礁や滝など特徴的な場所)など自然そのもの信仰の対象になっている神社境内山中では、幹・枝ぶりが特徴的な樹木巨木神木崇められている例も多い。 神社神道神社も、元々はこのような神域や、常世(とこよ)と現世うつしよ)の端境考えられた、神籬磐座のある場所に建立されたものがほとんどで、境内神体としての神木霊石なども見ることができる。そして古神道そのままに奈良県三輪山信仰する大神神社のように山そのもの御神体神霊依り代とされる神社今日でも各地に見られるなかには本殿拝殿さえ存在しない神社もあり、森林やその丘を神体としているものなどがあり、日本の自然崇拝精霊崇拝でもある古神道を今に伝えている。 宮脇昭によれば、「鎮守の森」は国際植生学会では学術用語として用いられるという。

※この「その意味」の解説は、「鎮守の森」の解説の一部です。
「その意味」を含む「鎮守の森」の記事については、「鎮守の森」の概要を参照ください。


その意味

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/05 07:32 UTC 版)

右翼トロツキスト陰謀事件」の記事における「その意味」の解説

第一次第二次モスクワ裁判訴因として使われ陰謀論それぞれ合同本部陰謀事件併行本部陰謀事件という)をひとまとめにした当時共産主義者達の陰謀論集大成とでもいうべき内容そのため二回にも増して荒唐無稽な訴因となった。またこの陰謀論からいよいよソビエト連邦公式にレフ・トロツキー右翼同視するに至った。 この罪状訴えられ第三次モスクワ裁判被告人(ブハーリン・ヤゴーダ・ルイコフら)の多くはみな自分と家族の命を守るために罪を「自白」してしまったが、ただ一人クレスチンスキーだけが「「右翼トロツキスト・ブロック」など存在知らない」と反論試みた。もっともクレスチンスキーも最後には自白させられ第三次モスクワ裁判全員銃殺刑となった

※この「その意味」の解説は、「右翼トロツキスト陰謀事件」の解説の一部です。
「その意味」を含む「右翼トロツキスト陰謀事件」の記事については、「右翼トロツキスト陰謀事件」の概要を参照ください。


その意味

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 19:22 UTC 版)

グリフィスの実験」の記事における「その意味」の解説

今日ではグリフィス観察した転換要素』はIII-S株のバクテリアデオキシリボ核酸 (DNA) そのものだと分かっている加熱処理によってバクテリア死亡してDNAはまだ破壊されず、II-R 株のバクテリアに取込まれるIII-S株のDNA免疫系から身を守る多糖類皮膜遺伝子含んでいる。この遺伝子によってII-R株のバクテリア形質転換し、宿主免疫系から身守り、かつ宿主殺せるうになる。 なお、形質転換いわゆる遺伝子操作基本的な技法として現在も利用されている。 『転換要素』の正し素性 (DNA) はのちにオズワルド・アベリー、コリン・マーロウ・マクラウド (en:Colin Munro MacLeod)、マックリン・マッカーティ(en:Maclyn McCarty) による実験アベリー-マクロード-マッカーティの実験)と、アルフレッド・ハーシーマーサ・チェイスによる実験ハーシーとチェイスの実験)によって確認された。彼らはそれが遺伝子である可能性が高い判断し、これを特定することに成功したが、これは遺伝子本体DNAであることを明瞭に示唆したごく早い例である。

※この「その意味」の解説は、「グリフィスの実験」の解説の一部です。
「その意味」を含む「グリフィスの実験」の記事については、「グリフィスの実験」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「その意味」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

その意味のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



その意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの指標生物 (改訂履歴)、疑似有性生殖 (改訂履歴)、微細構造 (改訂履歴)、単型 (分類学) (改訂履歴)、応答率 (改訂履歴)、鎮守の森 (改訂履歴)、右翼トロツキスト陰謀事件 (改訂履歴)、グリフィスの実験 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS