近縁とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 関係 > 近縁の意味・解説 

きん‐えん【近縁】

読み方:きんえん

近い血縁また、その人。⇔遠縁

生物の分類上、近い関係にあること。


近縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/21 04:24 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「近縁」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「近縁」を含むページの一覧/「近縁」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「近縁」が役に立つかも知れません。


近縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 04:06 UTC 版)

ラディオドンタ類」の記事における「近縁」の解説

"gilled lobopodians" のパンブデルリオン左下)とケリグマケラ右下オパビニア類オパビニア(上)とウタウロラ(下) 詳細は「恐蟹類」、「オパビニア科」、「パンブデルリオン」、「ケリグマケラ」、および「葉足動物#Gilled lobopodians」を参照 ラディオドンタ類に深い関わりをもつとされ、同じく基盤的な節足動物として広く認められる古生物は、オパビニア類(Opabiniid、オパビニア Opabiniaウタウロラ Utaurora を含む)、パンブデルリオンPambdelurion)とケリグマケラKerygmachela)が挙げられるこれらの古生物ラディオドンタ類のように、複数対の捕獲用の前部付属肢特化した消化腺あわせもつラディオドンタ類似た特徴他にもいくつか見られ例えオパビニア類特化した尾鰭発達した setal blades眼柄パンブデルリオン発達した放射状歯が本群に似ている。これらの古生物は、ラディオドンタ類と共に恐蟹類恐蟹綱 Dinocaridida, dinocaridids, もしくは「AOPK group」)としてまとめられる場合もある。 これらの古生物ラディオドンタ類との明確な相違点は、胴部前端数節が「首」に特化しないこと、硬質外骨格甲皮や肢節)をもたないこと、前部付属肢柔軟で関節肢でないこと、ラディオドンタ類とは逆方向畳んだ/ setal blades表面にも張り付く腹側には脚(足)がある、などの特徴挙げられるこれらの古生物、特にパンブデルリオンケリグマケラ葉足動物(「足」という柔軟な付属肢をもつ、脚の付いた蠕虫様の化石動物群)として認められるほどの性質まで出揃っており、ラディオドンタ類をも含んだ節足動物初期系統は、葉足動物起源することを示唆する重要な中間型生物ミッシングリンク)である。そのため、これらの古生物、特にパンブデルリオンケリグマケラ便宜上に「gilled lobopodians」("のある葉足動物")と総称されることが多い。

※この「近縁」の解説は、「ラディオドンタ類」の解説の一部です。
「近縁」を含む「ラディオドンタ類」の記事については、「ラディオドンタ類」の概要を参照ください。


近縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 14:21 UTC 版)

オパビニア」の記事における「近縁」の解説

オパビニアオパビニア科Opabiniidaeオパビニア類 opabiniid とも)の模式属タイプ属)である。オパビニア科は、1本の吻に癒合した前部付属肢柔軟だが明確した境目をもつ胴節、少なくとも一部覆い被さる複数対の尾鰭1対の短い状の尾毛を兼ね備えることを特徴とし、同じ基盤的な節足動物とされるラディオドンタ類パンブデルリオンケリグマケラから区別される2022年現在確実にオパビニア科含める属はオパビニアウタウロラUtaurora)のみである。ウタウロラは胴節の背面まで覆い被さると7対以上の尾鰭によりオパビニアは胴節を覆わず、尾鰭3対)から区別される詳細は「オパビニア科を参照 Collins 1996 をはじめとして、オパビニア科ラディオドンタ類などと共に 恐蟹類(dinocaridids, Dinocaridida)という、基盤的な節足動物分類群(綱)に含まれるようになったその中でオパビニアは、ケリグマケラパンブデルリオンと共に便宜的に「gilled lobopodians」("のある葉足動物")と総称されることもある。しかし、オパビニアに関して足の有無議論的で後述参照)、ケリグマケラパンブデルリオンほど顕著な葉足動物性質もないため、葉足動物扱いされない場合がほとんどである。 詳細は「葉足動物#広義の_"葉足動物"」を参照

※この「近縁」の解説は、「オパビニア」の解説の一部です。
「近縁」を含む「オパビニア」の記事については、「オパビニア」の概要を参照ください。


近縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 15:24 UTC 版)

ワプティア」の記事における「近縁」の解説

Hymenocarina類の中でワプティアワプティア科(Waptiidae)の模式属タイプ属)である。本科分類される属は、側面楕円形の背甲頭胸部直後6対の羽毛付属肢付属肢もたない5節の腹部などを特徴とし、ワプティア他にパウロテーミヌスが知られ、シノファロスまで含め可能性もある。しかしワプティア以外のこれら属は、付属肢発見がかなり不完全で、類縁関係未だに系統解析検証されていない。 チュアンディアネラは、いくつかの特徴触角背甲羽毛付属肢腹部)がワプティアによく似たため、長らくワプティア科の一員考えられたが、Zhai et al. 2022再検証異様な付属肢構成大顎はなく、羽毛付属肢二叉型で10対もつ)を判明しワプティアどころかHymenocarina類や大顎類すらないことが示される

※この「近縁」の解説は、「ワプティア」の解説の一部です。
「近縁」を含む「ワプティア」の記事については、「ワプティア」の概要を参照ください。


近縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 07:58 UTC 版)

フラミンゴ」の記事における「近縁」の解説

フラミンゴ(科)に最も近いのは、いくつかの絶滅群で、あわせてフラミンゴ目構成する現生科に限ればカイツブリ科に近縁で、フラミンゴ目カイツブリ目姉妹群である。

※この「近縁」の解説は、「フラミンゴ」の解説の一部です。
「近縁」を含む「フラミンゴ」の記事については、「フラミンゴ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「近縁」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

近縁

出典:『Wiktionary』 (2021/08/08 07:42 UTC 版)

名詞

(きんえん, ごんえん)

  1. (きんえん) つながり深いこと。
  2. (きんえん) (生物学) 進化的に近い関係あること
  3. (ごんえん) (仏教) 近く見ること

発音(?)

関連語

血のつながりが深いこと
生物学
仏教

「近縁」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



近縁と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

近縁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



近縁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの近縁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのラディオドンタ類 (改訂履歴)、オパビニア (改訂履歴)、ワプティア (改訂履歴)、フラミンゴ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの近縁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS