血縁関係とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 関係 > 血縁関係の意味・解説 

けつえん‐かんけい〔‐クワンケイ〕【血縁関係】

読み方:けつえんかんけい

親子兄弟姉妹などの血のつながり基礎としてつくられ社会的関係。養子などの擬制的関係を含むこともある。血族関係


血縁

(血縁関係 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/08 07:48 UTC 版)

血縁(けつえん)とは、共通の祖先を有している関係、あるいは有しているものと信じられている関係を指す。


  1. ^ 藤井(2007)
  2. ^ a b 『南アジアを知る事典』(1992)


「血縁」の続きの解説一覧

血縁関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/21 14:40 UTC 版)

ベルディングジリス」の記事における「血縁関係」の解説

メスと子どもと血縁の間に相互作用生じる、縁故主義社会生きている個々の間の協調性は、血縁程度互いに関係があるよう思われる出会った個体表現型(ある生物のもつ遺伝子型形質として表現されたもの)を、血縁比較することによって認識する。これらの表現型は、背部および、砂浴びの場所に刺激臭を残す肛門腺匂いよる。ジリスたちはそれぞれ、他の個体認識使用する自分匂い持っており、表現型マッチすれば、相手血縁だと考える。メスは、自分姉妹表現型良く知らないメス近縁性を決定する基準として使用する。巣や縄張りを守る際、または警戒鳴きをする際に、誰に対して縁故びいきに行動するべきかを判断するため、血縁認識することは、メスにとって重要である。同様に血縁メスたちは食べ物住まい分け合うこともある。大人オス縁故主義な行動を見せず活動期の間は放浪する多く個体コロニー生活しているが、彼らの間に社会的な相互作用はほとんどなく、たいていは反発的である。

※この「血縁関係」の解説は、「ベルディングジリス」の解説の一部です。
「血縁関係」を含む「ベルディングジリス」の記事については、「ベルディングジリス」の概要を参照ください。


血縁関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 18:19 UTC 版)

日本語の二人称代名詞」の記事における「血縁関係」の解説

お父さんパパ)・お母さんママ)・お爺ちゃんお婆ちゃん・おじさんおばさん 等。日本語では相手指示するのに使えるのは自分より年上目上)の人を表す語だけであり、たとえば息子父親相手に「おとうさん」を使用することはできるが、父親息子相手に「息子」と呼ぶことはまれである。これは血縁関係だけでなく、役職名などにも当てはまることが多い。また自分と相手との関係に基づいて親族名称二人称代名詞代用とするだけではなく、その家族でもっとも年下の子どもの視点から見た血縁関係に基づく親族名称家族全員が使うという現象見られる。たとえば子どもができると夫婦たがいに「パパ」ママ」と呼びあうようになることがあり、それまでおとうさん」「おかあさん」とよばれていた夫婦両親が「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ばれるうになることもある。また夫婦両親夫婦を「おとうさん」「おかあさん」と呼ぶようになることすらよくある

※この「血縁関係」の解説は、「日本語の二人称代名詞」の解説の一部です。
「血縁関係」を含む「日本語の二人称代名詞」の記事については、「日本語の二人称代名詞」の概要を参照ください。


血縁関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/24 23:09 UTC 版)

ラチェット (ラチェット&クランク)」の記事における「血縁関係」の解説

ケイデン ロンバックス族の戦士で、ラチェット父親。ポララ銀河惑星ファストゥーンで次元転位装置「ディメンジョネイター」を守護務めていたが、タキオン軍勢から守るためにファストゥーンに残り殺されてしまう

※この「血縁関係」の解説は、「ラチェット (ラチェット&クランク)」の解説の一部です。
「血縁関係」を含む「ラチェット (ラチェット&クランク)」の記事については、「ラチェット (ラチェット&クランク)」の概要を参照ください。


血縁関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 06:44 UTC 版)

ソルコクタニ・ベキ」の記事における「血縁関係」の解説

ケレイト部族の王であったオン・カントグリル)の実弟ジャカ・ガンボ(ケレイテイ)の第3女。長姉チンギスの妃になっているため、チンギス義妹にもあたる。チンギスの第4子・トルイ正妃となったトルイとの間に、モンゴル帝国の第4代モンゴル皇帝となった長男モンケ、第5代皇帝元王朝創始者となった四男クビライイルハン朝創始者となった五男フレグクビライ争いハーン位追われた六男アリクブケ出産している。

※この「血縁関係」の解説は、「ソルコクタニ・ベキ」の解説の一部です。
「血縁関係」を含む「ソルコクタニ・ベキ」の記事については、「ソルコクタニ・ベキ」の概要を参照ください。


血縁関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/11 21:27 UTC 版)

マナナン・マクリル」の記事における「血縁関係」の解説

ブランの航海』では彼はモンガーン(英語版)の父親であるとされる。モンガーンは伝説上の存在ではなく実在した人物であり、彼の歴史上父親はその名(Mongán mac Fiachnai)が示すとおりアルスターの上王フィアハナ(英語版)である。『モンガーンの誕生ドイツ語版)』は、マナナンはフィアハナへの助勢見返りにフィアハナの姿に変身して彼の妻と一夜の関係を持つことを許可されたとし、こうした歴史との相違一種論理的な説明を行う。 『来寇の書』では、マナナン(Oirbsiu)は系譜の上でAllotという人物の子であるとされる。このAllotはダグザオグマブレスらの兄弟であるため、マナナンはダグザらの甥にあたる。 「マクリル」という名は字義通りに「リル息子」と説明されることがあり、これが正しければマナナンはリルという父親持ったはずである。しかし、リルという名の人物アイルランド伝承において殆ど姿を見せないリルという名の人物登場する初出物語15世紀白鳥の騎士伝説英語版)のモチーフ借用して成立したリルの子供たちの最期英語版)』であり、『ブランの航海』の成立時期に比べかなり後年の物となる。こうした不自然なに対してマイヤーは「マクリル」とは「リル息子ではなく海の子」を意味し、「マナナーンが海を住処としていることを指している」と説明している。

※この「血縁関係」の解説は、「マナナン・マクリル」の解説の一部です。
「血縁関係」を含む「マナナン・マクリル」の記事については、「マナナン・マクリル」の概要を参照ください。


血縁関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/31 03:17 UTC 版)

立花種道」の記事における「血縁関係」の解説

長男鐘之助は、宗家立花種温養子となり陸奥下手渡藩最後藩主立花種恭となる。後に幕閣入り若年寄から老中格として幕末迎え幕府重鎮務める。明治維新後は子爵となり、学習院初代院長となった貴族院議員三男嘉元次郎は、親戚の上総一藩主加納久恒養子となり、一宮藩最後藩主加納久宜となった明治維新後は子爵となり鹿児島県知事をはじめ農会産業組合など各分野活躍した。のちに貴族院議員となる。千葉県知事などを務めた加納久朗は孫、第92内閣総理大臣麻生太郎玄孫にあたる。 この項目は、日本の歴史関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:日本/P:歴史/P:歴史学/PJ日本史)。

※この「血縁関係」の解説は、「立花種道」の解説の一部です。
「血縁関係」を含む「立花種道」の記事については、「立花種道」の概要を参照ください。


血縁関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/06 08:37 UTC 版)

常田俊綱」の記事における「血縁関係」の解説

俊綱は、前述のように真田幸隆(幸綱)の弟・常田隆永(隆家)の息子である為、幸隆の子真田信綱真田昌幸兄弟とは従兄弟にあたる。また、昌幸の子である真田信之(信幸)や真田信繁幸村)ら兄弟から見たら俊綱は叔父になる。

※この「血縁関係」の解説は、「常田俊綱」の解説の一部です。
「血縁関係」を含む「常田俊綱」の記事については、「常田俊綱」の概要を参照ください。


血縁関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 15:24 UTC 版)

子嬰」の記事における「血縁関係」の解説

小説などでは、秦の最後君主である子嬰扶蘇の子であるといわれることがあるが、『史記』などの史書裏付けがある話ではない。扶蘇子嬰父子関係肯定するならば、趙高誅殺加わった子嬰二人の子扶蘇の孫で、始皇帝曾孫となる。 『史記』「李斯列伝集解徐広の説では、「一本曰『召始皇弟子嬰,授之璽』」と記述され始皇帝の弟の子の(嬴)嬰とする説がある。就実大学人文科学部元教授開元はこの説を支持し、嬴嬰を始皇帝の弟である嬴成蟜の子であると言う説を発表している。この場合子嬰始皇帝の甥、扶蘇胡亥従兄弟になる。また、開元成蟜が趙攻めの際に秦に叛いた際(成蟜の乱)、趙で生まれたのが子嬰であると言う。これが事実であれば子嬰生年紀元前239年秦王政8年)となり、紀元前206年項羽によって処刑された際の年齢34歳頃と思われる。 『史記』「六国年表第三」では、「趙高反,二世自殺高立二世兄子嬰」と記述され子嬰胡亥二世皇帝)の兄であるとしている。 中井積徳は、子嬰始皇帝の孫なら「公孫」と称し公子称すことができないことから、「兄子」の「子」の字を伝写するものが誤って増やしたのではと考え、さらに、子嬰の子供たちと趙高謀殺共謀することは年齢的に無理があることから、子嬰を「蓋し思うに二世胡亥)の兄なり」として、扶蘇胡亥の間の始皇帝公子一人扶蘇の弟で、胡亥の兄とみなしている。 ただし、『新釈漢文大系史記一(本紀)」』の注釈においては子嬰公子嬰)を「二世胡亥の兄扶蘇の子」としている。 鶴間和幸は、「子嬰二世皇帝胡亥)の兄の子であると秦始皇本紀はいい、李斯列伝では始皇帝の弟とする。『史記』のなかではこのような矛盾いくらでもある。前者の説(胡亥の兄の子)の方が無難である」であると述べている。

※この「血縁関係」の解説は、「子嬰」の解説の一部です。
「血縁関係」を含む「子嬰」の記事については、「子嬰」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「血縁関係」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「血縁関係」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



血縁関係と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「血縁関係」の関連用語

血縁関係のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



血縁関係のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの血縁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのベルディングジリス (改訂履歴)、日本語の二人称代名詞 (改訂履歴)、ラチェット (ラチェット&クランク) (改訂履歴)、ソルコクタニ・ベキ (改訂履歴)、マナナン・マクリル (改訂履歴)、立花種道 (改訂履歴)、常田俊綱 (改訂履歴)、子嬰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS