姉妹とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 親族 > > 姉妹の意味・解説 

きょう‐だい〔キヤウ‐〕【兄弟】

読み方:きょうだい

片親または両親同じくする男の子供たち。兄と弟また、その間柄。けいてい

男女の別なく、片親または両親同じくする子供たちまた、その間柄。兄弟姉妹。「姉二人、兄二人五人—の末っ子」「—げんか」

養子縁組みなどにより親を同じくする間柄になった者。また、自分の兄弟姉妹配偶者または自分の配偶者兄弟姉妹義理の兄弟。

親し男性どうしが、くだけた場面で用い呼び名。「おい—、ひとつ頼むよ

兄弟分(ぶん)」に同じ。

[補説] 23は「兄妹」「姉弟」「姉妹」とも書く。
書名別項。→兄弟

「兄弟」に似た言葉

し‐まい【姉妹】

読み方:しまい

姉と妹。女のきょうだい。「三人—」

同じ系統属し互いに類似点または共通点をもっている二つ以上のもの。「—品」「—校」


姉妹

作者ジェイムズ・ジョイス

収載図書ダブリンの市民
出版社福武書店
刊行年月1987.9
シリーズ名福武文庫

収載図書ダブリンの市民
出版社集英社
刊行年月1999.6

収載図書ダブリンの市民
出版社岩波書店
刊行年月2004.2
シリーズ名岩波文庫

収載図書ダブリン市民 71改版
出版社新潮社
刊行年月2004.12
シリーズ名新潮文庫

収載図書ダブリンの人びと
出版社筑摩書房
刊行年月2008.2
シリーズ名ちくま文庫


姉妹

作者庵原高子

収載図書姉妹
出版社小沢書店
刊行年月1997.8


姉妹

作者林真理子

収載図書着物をめぐる物語
出版社新潮社
刊行年月1997.10

収載図書着物をめぐる物語
出版社新潮社
刊行年月2000.10
シリーズ名新潮文庫


姉妹

作者本山代治

収載図書フーコー短編小説傑作選 8
出版社フーコー
刊行年月2001.7


姉妹

作者吉屋信子

収載図書編年体大正文学全集 第9巻 大正九年
出版社ゆまに書房
刊行年月2001.12


姉妹


姉妹

作者佐多稲子

収載図書戦後出発女性文学 第1巻 昭和2021年
出版社ゆまに書房
刊行年月2003.5


姉妹

作者木崎さと子

収載図書小説 聖書女性たち
出版社日本キリスト教団出版局
刊行年月2004.9


姉妹

作者萩原

収載図書作品集
出版社はまゆう文藝社
刊行年月2005.10


姉妹


姉妹

作者三原遙

収載図書川沿いの町で
出版社草場書房
刊行年月2008.3


姉妹

作者川瀬美子

収載図書日本プロレタリア文学23 婦人作家集 3
出版社新日本出版社
刊行年月1987.11


姉妹

作者うつつあや

収載図書現くずし―二十二
出版社郁朋社
刊行年月2008.9


姉妹

作者木村閑子

収載図書まぐだれーな
出版社
刊行年月1989.1
シリーズ名たね叢書


姉妹

作者森瑤子

収載図書ベッドおとぎばなし
出版社文芸春秋
刊行年月1989.3
シリーズ名文春文庫


姉妹

作者三田誠広

収載図書チューブワーム幻想
出版社広済堂出版
刊行年月1991.10


姉妹

作者橋田寿賀子

収載図書おんなの家
出版社ラインブックス
刊行年月1993.7
シリーズ名東芝日曜劇場名作


姉妹

作者菊池寛

収載図書菊池寛全集 第9巻
出版社高松市菊池寛記念館
刊行年月1994.7


姉妹

作者浜野卓也

収載図書ジェラシー
出版社岩崎書店
刊行年月1994.11
シリーズ名ヤング・アダルト文庫


姉妹

作者大庭みな子

収載図書もってのほか
出版社中央公論社
刊行年月1995.3


姉妹

読み方:あねいもと

  1. 一番土蔵二番土蔵。〔第五類 一般建物
  2. 一番土蔵二番土蔵の事を云ふ。
  3. 一番土蔵二番土蔵のこと。

姉妹

読み方:しまい

  1. 倉庫ノ一番二番ト云フコトナリ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・鳥取県

分類 鳥取県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

姉妹

読み方:キョウダイ(kyoudai)

作者 菊池寛

初出 昭和5年

ジャンル 小説


姉妹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 13:19 UTC 版)

姉妹(しまい)は、本人からみて傍系2親等の(すなわち共通の親をもつ)女性結婚養子縁組によって前述の女性と同等の関係となった女性のこと、またそのような関係にある2人以上の女性のことも指す。




「姉妹」の続きの解説一覧

姉妹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/25 01:10 UTC 版)

アレクセイ・カレージン」の記事における「姉妹」の解説

アレクセイの姉妹、アンナはウスチ=ホピョールスカヤ本営住み、ナスレードィシェフに嫁いだ。彼女の息子ニコライは、アレクセイ副官務め1917年8月から9月にかけて彼のドン地方へ移動同行したもうひとりの姉妹、アレクサンドラは織工場主P・N・シャラーポフの商社コサック嫁いだ。そして、フェドセーエフスカヤ本営住んだ

※この「姉妹」の解説は、「アレクセイ・カレージン」の解説の一部です。
「姉妹」を含む「アレクセイ・カレージン」の記事については、「アレクセイ・カレージン」の概要を参照ください。


姉妹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 01:41 UTC 版)

織田信長」の記事における「姉妹」の解説

くらの方大橋重長室) 犬山殿織田信清室) 神保・稲葉夫人神保氏張室のち稲葉貞通継室斎藤秀龍側室斎藤道三室) 苗木勘太郎室遠山直廉室) お犬の方佐治信方室→細川昭元室) お市の方浅井長政継室柴田勝家室)(浅井三姉妹の母) 小幡殿織田信成室) 栄輪院織田信直室) 津田出雲守室 飯尾尚清乃夫殿津田元秀室) 信徳院牧長清室) 丹羽氏勝継室 乃木九郎室 生年不詳が多く、姉妹の順序不明

※この「姉妹」の解説は、「織田信長」の解説の一部です。
「姉妹」を含む「織田信長」の記事については、「織田信長」の概要を参照ください。


姉妹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/11 04:25 UTC 版)

遊歩公園」の記事における「姉妹」の解説

朝倉文夫による姉妹像。1947年作品で、背中合わせに立つ2体の裸婦の像である。

※この「姉妹」の解説は、「遊歩公園」の解説の一部です。
「姉妹」を含む「遊歩公園」の記事については、「遊歩公園」の概要を参照ください。


姉妹(スール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/20 18:43 UTC 版)

競女!!!!!!!!」の記事における「姉妹(スール)」の解説

競女選手における師匠と弟子関係のこと。作中では「姉妹」と書いて「スール」と読む。新人が大ケガをしないよう先輩から多くを学ぶための仕組み「妹」定員は特に定められておらず1人の「姉」に対して複数「妹」が就く場合もある。「姉」は「妹」に対して、「相手選手との実力差がありすぎる」などの理由で出場するレース制限することができる。

※この「姉妹(スール)」の解説は、「競女!!!!!!!!」の解説の一部です。
「姉妹(スール)」を含む「競女!!!!!!!!」の記事については、「競女!!!!!!!!」の概要を参照ください。


姉妹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 23:29 UTC 版)

ハマーン・カーン」の記事における「姉妹」の解説

小説版『機動戦士Ζガンダム』では、姉はドズル・ザビ愛妾であり、ザビ家崩壊前にハマーン伴い地球圏を脱出している。アステロイド・ベルトにたどりつく前に姉が死んだことで、ハマーンはその跡を継いでミネバ世話をするようになったという(5巻 PART5嘲笑」)。姉の存在について映像作品言及があるのは『ガンダムΖΖ第32話のみであり、ハマーンモノローグで「私の姉はザビ家尽くし宇宙の果て死んだ」と述べている。

※この「姉妹」の解説は、「ハマーン・カーン」の解説の一部です。
「姉妹」を含む「ハマーン・カーン」の記事については、「ハマーン・カーン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「姉妹」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

姉妹

出典:『Wiktionary』 (2021/06/20 13:28 UTC 版)

名詞

(しまい)

  1. 姉と妹のこと。またはその関係。
  2. 同一した関連性を持つ二つ以上のもののこと。1.の関係に例え用いる。
  3. (隠語) 同じ男性性交体験があるどうし。竿姉妹棒姉妹

関連語

翻訳


「姉妹」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



姉妹と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



姉妹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの姉妹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアレクセイ・カレージン (改訂履歴)、織田信長 (改訂履歴)、遊歩公園 (改訂履歴)、競女!!!!!!!! (改訂履歴)、ハマーン・カーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの姉妹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS