母親とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 親族 > > 母親の意味・解説 

はは‐おや【母親】

母である親。女親。はは。⇔父親


母親

家族 1(§113と§115を参照)は世帯(110-3)から注意して区別しなければならない別の単位である。それは主として結婚出産、あるいは養子縁組によって関係づけられたものをいい、法律習慣によって規定されるものである基本的な家族関係は、一つは結婚による夫婦関係であり、もう一つ両親 2つまり父親 3、母親 4と、彼等の子供 5、つまり息子 6そして娘 7との関係である。


母親

作者梶井基次郎

収載図書梶井基次郎全集1巻
出版社筑摩書房
刊行年月1986.8
シリーズ名ちくま文庫

収載図書ちくま日本文学全集 024 梶井基次郎
出版社筑摩書房
刊行年月1992.1


母親

作者アゴタ・クリストフ

収載図書どちらでもいい
出版社早川書房
刊行年月2006.9

収載図書どちらでもいい
出版社早川書房
刊行年月2008.5
シリーズ名ハヤカワepi文庫


母親

作者ギー・ド・モーパッサン

収載図書モーパッサン短編集 3 30改版
出版社新潮社
刊行年月2006.12
シリーズ名新潮文庫


母親

作者若杉鳥子

収載図書渡良瀬の風―若杉鳥子短篇集 増補改訂版
出版社武蔵野書房
刊行年月2008.8


母親―断片

作者梶井基次郎

収載図書梶井基次郎
出版社筑摩書房
刊行年月2008.11
シリーズ名ちくま日本文学


母親

作者近松秋江

収載図書近松秋江全集 第7巻
出版社八木書店
刊行年月1993.8


母親

作者渡辺淳一

収載図書ヴェジタブル・マン植物人間
出版社新潮社
刊行年月1996.11
シリーズ名新潮文庫


母親


母親

作者ガブリエル・ルイヤアル

収載図書堀口大學全集 補巻 2(飜訳作品 2) 復刻版
出版社日本図書センター
刊行年月2001.12


母親

作者丁玲

収載図書母親 復刻版
出版社本の友社
刊行年月2002.1
シリーズ名大陸文学叢書


母親

作者

収載図書客家女たち
出版社国書刊行会
刊行年月2002.4
シリーズ名新しい台湾の文学


母親

作者ジェイムズ・ジョイス

収載図書ダブリン市民 71改版
出版社新潮社
刊行年月2004.12
シリーズ名新潮文庫

収載図書ダブリンの人びと
出版社筑摩書房
刊行年月2008.2
シリーズ名ちくま文庫


母親

作者ハンス・クリスチャン・アンデルセン

収載図書母親
出版社評論社
刊行年月2005.3
シリーズ名あなたの知らないアンデルセン


母親

読み方:ははおや

  1. 同上(※「はらむら参照)。〔第二類 人物風俗
  2. 刑事をいふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

母親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 00:20 UTC 版)

母親(ははおや)とは、のことである[1]


  1. ^ デジタル大辞泉
  2. ^ 日本生理学会
  3. ^ 岡山大学医学部
  4. ^ 妊娠・育児大百科
  5. ^ 欠野アズ紗著『21世紀は母性の時代』(学習研究社
  6. ^ 例えば、三砂ちづるは『オニババ化する女たち』で「女性が仕事だなんだと独身のまま、出産もせずに子宮を"空き家"にしたままでいると、将来はホルモンのバランスが崩れてオニババになりますよ」と記述している。
  7. ^ 私たちの行動を決めるもの』第11章 学会出版センター
  8. ^ 香山リカ「いまどきの『常識』」
  9. ^ 女子差別撤廃条約、第4条第2項
  10. ^ 女子差別撤廃条約、第11条第2項(a)
  11. ^ 『ジェンダーを科学する』松本伊瑳子・金井篤子編)
  12. ^ 予算案から「母親」が消え「出産する人」と書き換え 米の“言葉狩り””. FNN (2021年6月14日). 2021年6月14日閲覧。



母親(カーサン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 15:45 UTC 版)

少し太め感じで顔にしわがあり胸が大き女性。「〜だよ」や「〜じゃないよ」といった言葉で喋るがたまに「〜だろ」といった言葉で喋り、座るときは胡座かいている。家で主婦をしていて、近所のおばさんたちとよく立ち話をする。たまに変なアイテム発明する

※この「母親(カーサン)」の解説は、「地球防衛家のヒトビト」の解説の一部です。» 「地球防衛家のヒトビト」の概要を見る


母親(NO.1:ヤマダ ヨシコ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/19 08:06 UTC 版)

主人公の母親。少し口うるさいところがある。

※この「母親(NO.1:ヤマダ ヨシコ)」の解説は、「レンタヒーロー」の解説の一部です。» 「レンタヒーロー」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

母親

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 03:24 UTC 版)

和語の漢字表記


「母親」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



母親と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



母親のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの母親 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの地球防衛家のヒトビト (改訂履歴)、レンタヒーロー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの母親 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS