安産とは? わかりやすく解説

あん‐ざん【安産】

読み方:あんざん

[名](スル)あまり苦痛や危険もなく子を産むこと。軽いお産。⇔難産(なんざん)。


あんざん 【安産】

出産

安産

読み方:あんざん

  1. 土蔵破盗賊、其容易ナリシ場合ヲ云フ。〔第三類 犯罪行為
  2. 土蔵容易に破ること。盗賊用ふ隠語
  3. 容易に破れ安き土蔵のことをいふ。安す安すと出産する如しといふ意味から来たもの。〔犯罪語〕
  4. 〔犯〕容易に破り得る土蔵のこと、思ひの外たやすいの意。困難なものを「難産」といふ。
  5. 容易に破つて入れ土蔵、其反対を「難産」といふ。〔盗〕
  6. 犯罪語にして容易に破れ安き土蔵のことをいふ。安す安すと出産する如しといふ意味から来たもの。
  7. 〔隠〕犯罪語で容易に破れ安き土蔵のこと。やすやすと出産する如しの意。
  8. 容易に忍び入ることの出来人家倉庫のことをいふ。
  9. 土蔵破り容易であつた事、困難な事を「なんざん」と云ふ。
  10. 娘師容易に土蔵破れたこと。「安産」の事物連想。〔盗〕
  11. 土蔵破り容易であったことをいう。困難なことを「難産」という。

分類 泥棒、犯、犯罪犯罪語、盗賊、盗/犯罪


安産

読み方:あんざん

  1. 春機熟した処女のことをいふ。容易に処女破りいからいつたもの。前条(※「あんざん」)参照。〔情事語〕
  2. 〔情〕成熟した処女のことに云ふ。案じるより生むは易いの意味から来た情事語。

分類 情、情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出産

(安産 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 07:52 UTC 版)

出産(しゅっさん、: Geburt: birth, childbirth)とは、妊婦からが生まれること、子を分娩すること[1][2]。「お産(おさん)」ともいう。


  1. ^ 広辞苑「出産」
  2. ^ 日本語では、「出産」に「する」をつければ、述語(動詞)的に使えるが、英語では、「~を出産する」という表現は、「give birth to ~」あるいは「deliver~」である。
  3. ^ 母子ともに健やかに…産後のすごし方|女性のための健康ラボ Mint+” (日本語). 女性のための健康ラボ Mint+. 2022年1月17日閲覧。
  4. ^ 産褥期の概要 - 22. 女性の健康上の問題” (日本語). MSDマニュアル家庭版. 2022年1月17日閲覧。
  5. ^ タイムスクープハンター(NHK総合1ch 11:30~0:00)2013年5月4日放送分 第5話『守れ命!奇跡の出産記録』番組内説明に登場する資料→『婦人寿草(ふじんことぶきぐさ)』(江戸時代の医学書)より。
  6. ^ タイムスクープハンター(NHK総合1ch 11:30~0:00)2013年5月4日放送分 第5話『守れ命!奇跡の出産記録』番組内説明に登場する資料→1830年『坐婆必研(ざばひっけん)』助産技術が記された産婆のための指導書。(国立国会図書館 所蔵)
  7. ^ タイムスクープハンター(NHK総合1ch 11:30~0:00)2013年5月4日放送分 第5話『守れ命!奇跡の出産記録』番組内説明に登場する資料→『風俗画報二号』(国立国会図書館 所蔵)より。
  8. ^ a b c タイムスクープハンター(NHK総合1ch 11:30~0:00)2013年5月4日放送分 第5話『守れ命!奇跡の出産記録』番組内説明
  9. ^ タイムスクープハンター(NHK総合1ch 11:30~0:00)2013年5月4日放送分 第5話『守れ命!奇跡の出産記録』番組内説明に登場する資料→『婦人寿草』より。
  10. ^ 男も知らないとヤバイ「産活」事情:PRESIDENT Online PRESIDENT 2010年3月15日
  11. ^ “産活”市場女性の体をサポートするサービスに商機 ドラッグストアニュースPick-Up ダイヤモンド・オンライン 2010年8月12日
  12. ^ ブリタニカ国際百科事典「自然分娩」
  13. ^ a b コンドーム1つでできる驚きの命の救い方”. m3.com (2020年12月28日). 2021年1月14日閲覧。(要登録)
  14. ^ (1)弛緩出血”. 日本産婦人科医会. 2021年1月14日閲覧。
  15. ^ 「自宅出産は死亡率3倍」 論文の警告に耳傾けて Archived 2011年1月28日, at the Wayback Machine.
  16. ^ a b 厚生労働省>審議会>社会保障審議会>医療分科会>福祉行政報告例>9ページ>出産場所
  17. ^ 厚生労働省>審議会>社会保障審議会>医療分科会>福祉行政報告例>35ページ>妊産婦死亡率の年次推移
  18. ^ 厚生労働省>審議会>社会保障審議会>医療分科会>2008年11月>1~2ページ>妊産婦死亡率の年次推移
  19. ^ 厚生労働省>平成22年人口動態統計の概況>死産率・周産期死亡率
  20. ^ 厚生労働省>審議会>社会保障審議会>医療分科会>福祉行政報告例>37ページ>死産率の年次推移
  21. ^ 厚生労働省>審議会>社会保障審議会>医療分科会>2008年11月>4ページ>周産期死亡率の年次推移
  22. ^ 厚生労働省>審議会>社会保障審議会>医療分科会>福祉行政報告例>38ページ>新生児死亡率の年次推移
  23. ^ WHO>World Health Statistics 2012>63~83ページ>Cause-specific mortality and morbidity>Maternal mortality ratio
  24. ^ WHO>World Health Statistics 2012>51~61ページ>Life expectancy and mortality>Stillbirth rate , neonatal mortality rate


「出産」の続きの解説一覧

「安産」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

安産のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



安産のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの出産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS