内臓とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 健康 > 内臓 > 内臓の意味・解説 

ない‐ぞう〔‐ザウ〕【内臓】

読み方:ないぞう

動物内腔にある器官総称消化器呼吸器泌尿器生殖器内分泌器をいう。


内臓

英訳・(英)同義/類義語:viscera

動物腹腔存在する臓器総称

内臓

【仮名】ないぞう
原文viscera

肺、心臓消化系排泄系、生殖系臓器を含む、体内柔らかい臓器

器官

(内臓 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/20 05:44 UTC 版)

器官(きかん、: organ)とは、生物のうち動物植物などの多細胞生物の体を構成する単位で、協同して一定の機能を営んでいる組織の集合体[1]。生体内の構造の単位としては、多数の細胞のうち形態と機能を同じくする細胞が集まって組織を構成し、複数の組織が集まって器官を構成している[1]


  1. ^ a b c 河野邦雄、伊藤隆造ほか 『解剖学第2版』医歯薬出版、2006年、2頁。 
  2. ^ 「腸間膜」は「臓器」だった!解剖学の定説を塗り替える新発見!しかし、その役割や働きは?”. 健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS. 2019年5月31日閲覧。


「器官」の続きの解説一覧

内臓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/06 09:13 UTC 版)

食品廃材」の記事における「内臓」の解説

肝臓心臓などの内臓の一部は、レバーハツなどの食品としてそのまま、または加工され出荷されている。もつ料理ソーセージなど。屑肉食品非食品両方用途加工され利用される

※この「内臓」の解説は、「食品廃材」の解説の一部です。
「内臓」を含む「食品廃材」の記事については、「食品廃材」の概要を参照ください。


内臓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 18:46 UTC 版)

牛肉」の記事における「内臓」の解説

「もつ」も参照 シキン食道筋繊維でできていて、歯ごたえがあるノドスジネクタイなどとも呼ばれるウルテ気管軟骨フエガラミとも呼ばれる味はほとんどなく、食感楽し部位ハツ心臓ココロシンゾウハートヘルツなどとも呼ばれる新鮮なものは刺身として食べることができるが一般に焼いて食べる。語源心臓の英語である heart から。 ハツの縁の部分ハツミミそこから出てい血管をハツモトやコリコリ呼んで区別することがあるフワ(肺) 肺胞微細な空洞のため、マシュマロのようなフワフワとした食感がある。:焼き肉 マメ腎臓) 形が空豆に似ていることからマメ呼ばれるレバー肝臓やわらかくビタミンAB群鉄分多く含む。 ハラミ横隔膜) やわらかい。1頭の牛から5kgほどしか取れない狭義では横隔膜背中側指し肋骨側はサガリ呼ばれるミノ(第1胃) 硬く脂肪少ない。白肉とも呼ばれるミノの中で肉厚な部分を上ミノやミノサンドと呼んで区別することもある。 ハチノス第2胃) 四つ胃の中で一番美味と言われる蜂の巣のような形をしていることからハチノス呼ばれるイタリア語で「トリッパ trippa (本来この単語は内臓全体を指す)」。焼肉刺身トマト煮など。 ヤン第2胃の一部第2胃と第3胃を繋ぐ肉厚部位。瘤状になっていることからハチコブ・ハチカブとも呼ばれるセンマイ第3胃) 脂肪少ない。比較淡白な味。白い色をしている。ひだひだが重なったような姿をしているため「千枚」=「センマイ」と呼ばれる刺身などでも食べられるギアラ第4胃) 脂肪が多い赤センマイとも呼ばれるシビレ胸腺膵臓胸腺膵臓の部位語源は英語の sweetbread が日本語風に訛ったと言われている。特に区別する場合シビレ胸腺のみを指し膵臓はグレンスと呼ぶことが多い。 牛の胸腺成熟する脂肪変化するため、シビレ獲れるのはおおむね生後1年以内仔牛限られるマルチョウ(小腸) 脂肪が多いほかコラーゲン豊富に含む。小腸を筒のまま内側と外側裏返しにしたうえで切り分けた形が丸いことから丸腸」。シロコロ、コプチャンヒモホソコテッチャンとも呼ばれるシマチョウ(大腸) 脂が縞状入ることから「縞腸」。ホルモンテッチャンとも呼ばれるテッポウ(直腸) 開いた形が鉄砲銃床に似ていることからこの名がある筋肉発達した部位なのでマルチョウ・シマチョウより脂肪少ない。 脳みそ BSE騒動以来食用には敬遠気味だが、伝統フランス料理アラブ料理英語版)には欠かすことのできない食材このわたのような独特の食感風味がある。特に子牛のものが好まれる。牛以外には羊やウサギの脳もよく用いられるフランス語ではヒトの脳をセルヴォー cerveau男性形で呼ぶのに対し、牛を含む家畜類の脳はセルヴェル cervelle と女性形呼び単語使い分けにより食材として印象がより強くなっている。

※この「内臓」の解説は、「牛肉」の解説の一部です。
「内臓」を含む「牛肉」の記事については、「牛肉」の概要を参照ください。


内臓(パーツの中にパーツを入れる)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 05:28 UTC 版)

ラクガキ王国」の記事における「内臓(パーツ中にパーツ入れる)」の解説

パーツ正面にマークして横からりんかく内側をなぞるように描く。 また、このシステム応用して、羽を見えなくしてラクガキ浮遊させるともできるパーツ正面にマークした後、上からみて、内側か描き始める。

※この「内臓(パーツの中にパーツを入れる)」の解説は、「ラクガキ王国」の解説の一部です。
「内臓(パーツの中にパーツを入れる)」を含む「ラクガキ王国」の記事については、「ラクガキ王国」の概要を参照ください。


内臓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/09 03:19 UTC 版)

丸干し」の記事における「内臓」の解説

内臓に含まれる栄養分をほぼそのまま摂取できる利点がある一方生物濃縮された重金属体内に取り込む可能性もある。

※この「内臓」の解説は、「丸干し」の解説の一部です。
「内臓」を含む「丸干し」の記事については、「丸干し」の概要を参照ください。


内臓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/23 15:08 UTC 版)

Deus Ex」の記事における「内臓」の解説

装着数は3つまで Environmental Resistance(20) 環境抵抗発動中、持続的な攻撃(敵の吐く毒やトランキライザーの矢による筋弛緩剤攻撃)や放射能毒ガスやハザードガスにおけるダメージ軽減するレベルを上げることによってその効果増大しレベル4であれば90%ものダメージ軽減する。ある敵が強力な放射能を身に纏っているので、それによるダメージ防げるので便利。またレベル4の場合、弱性の放射能におけるダメージ一切入らないうになるAqualung(10) アクアラング発動中、水中での酸素消費量減少するレベルを上げることにより、その効果増大しレベル4ではほぼ酸素の量を気にしなくて良い程までになる。ただし、長い間水中に潜るシチュエーションは、どのような分岐辿ってもあまり多くは無い。 Regeneration120回復発動中、1秒単位ライフ回復させるレベルにより単位回復量は5、152540上がる全回復すると自動的に切れるので、持続的に敵の攻撃を受けている場合致命傷にもなりかねない場合もある。 Energy Shield40エネルギー抵抗発動中、電撃電磁パルスによるダメージ・プラズマ弾・火炎爆発蒸気におけるダメージ軽減するレベルを上げることによりその効果増大しレベル4では最大90%ものダメージ防ぎ火炎放射器プラズマ弾はほぼ効果が無い。ただし、これらのダメージ高めなものの、それを受けるような場所や仕掛けてくる敵は滅多にいない。火炎放射器による持続的な攻撃防げるのは便利。 Power Recirculator(10) 動力再循環装置発動中、他のオーグメンテーションにおけるBio Energy消費量軽減するレベルを上げることにより、その軽減率が飛躍的に上昇するSynthetic Heart100人工心臓発動中、他のオーグメンテーションレベルを1上昇させる最大でレベル4であり、レベル5にすることは出来ない)。このオーグメンテーションレベル1固定

※この「内臓」の解説は、「Deus Ex」の解説の一部です。
「内臓」を含む「Deus Ex」の記事については、「Deus Ex」の概要を参照ください。


内臓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 00:58 UTC 版)

ジャイアントパンダ」の記事における「内臓」の解説

消化器官や歯の構造クマアザラシ等、他の肉食動物と大変似ている犬歯大きく奥歯大きく平らな臼歯人間のおよそ7倍の大きさである。腸や盲腸草食性としては短い構造デメリットとなり、セルロース多く含む竹などの食物食べた場合栄養摂取効率低く、それを量で補うため、ジャイアントパンダ一日大半を竹を食べること費やしている。また、陝西省仏坪県自然保護業務関係者は、三官廟一帯秦嶺野生のパンダが牛の足の骨かじった跡を確認している。

※この「内臓」の解説は、「ジャイアントパンダ」の解説の一部です。
「内臓」を含む「ジャイアントパンダ」の記事については、「ジャイアントパンダ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「内臓」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

内臓

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 10:09 UTC 版)

名詞

ないぞう

  1. 動物胸腔腹腔内にある器官のこと。心臓など。臓器

発音(?)

な↗いぞー

翻訳


「内臓」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



内臓と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

内臓のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



内臓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの器官 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの食品廃材 (改訂履歴)、牛肉 (改訂履歴)、ラクガキ王国 (改訂履歴)、丸干し (改訂履歴)、Deus Ex (改訂履歴)、ジャイアントパンダ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの内臓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS