生態系とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 生態系の意味・解説 

生態系

生物群集植物群集動物群集)及びそれらをとりまく自然界物理的化学的環境要因総合された物質系指します。生態系は,生産者消費者分解者および還元者から構成され無機物有機物との間に物質代謝系が成立してます。自然環境基準にして陸地生態系,海洋生態系等に区別され,また生物群基準にして森林生態系,鳥類生態系等に区別されます。生態系の一部人為的に変更又は破壊されると,その生態系全体物質代謝回路影響受けます人間食料狩猟などによって得ていた時代には,人間自然環境共生者でしたが,現在では産業の進展に伴い自然の生態系は破壊され異なった生態系ができつつあります最近の人口の爆発的増加も生態系の変化一つとして注目されねばなりません。

生態系 (せいたいけい)


生態系(せいたいけい) ecosysitem

あるまとまった地域において、そこに生活するすべての生物と、その生活空間満たす土、大気などの無機的環境合わせたもの。 

生態系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/29 20:05 UTC 版)

生態系(せいたいけい、: ecosystem)とは、生態学においての、生物群集やそれらをとりまく環境をある程度閉じたであると見なしたときの呼称である。


  1. ^ a b 大田 2009, pp. 147–152.
  2. ^ A.J.Willis (1997). “The Ecosystem: An Evolving Concept Viewed Historically”. Functional Ecology 11 (2): 268–271. doi:10.1111/j.1365-2435.1997.00081.x. 
  3. ^ : food web


「生態系」の続きの解説一覧

「生態系」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

生態系のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生態系のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
環境省環境省
Copyright © 2022 Kankyosho All rights reserved.
内閣官房総合海洋政策本部内閣官房総合海洋政策本部
Copyright© Cabinet Secretariat, Cabinet Public Relations Office. All Rights Reserved.
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2022 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
日本ウミガメ協議会日本ウミガメ協議会
(C) 特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会,2022,Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生態系 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS