採取とは? わかりやすく解説

さい‐しゅ【採取】

読み方:さいしゅ

[名](スル)

研究・調査などのために、とること。「指紋を—する」

鉱物植物また、貝などを選び取ること。「砂利を—する」


採取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/11 02:37 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「採取」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「採取」を含むページの一覧/「採取」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「採取」が役に立つかも知れません。


採取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 06:51 UTC 版)

ヒジキ」の記事における「採取」の解説

国内産ヒジキほとんどは天然品であり、主な産地千葉県三重県愛媛県大分県長崎県などである(2006年度現在)。国内でのヒジキ収穫はふつう春期3月から6月)であり(この時期を過ぎるとかたくなる)、干潮時に鎌で採取される左図)。ヒジキの採取地ではヒジキ繊維状根を傷つけないように採取され、また混生する大型褐藻であるウミトラノオなどの雑除去が行われることがある生産現場では、冬期12月から1月)の柔らかい幼体は寒ひじき(早どれひじき)とよばれ、生炊き乾燥して利用されている。その素朴な食味食感から、漁協直販所などを通じて流通しているアイゴ、イトイスズミなど)による摂食などによって、ヒジキ生育不良広範囲で起こることがあり、天然ヒジキ生産量安定していない

※この「採取」の解説は、「ヒジキ」の解説の一部です。
「採取」を含む「ヒジキ」の記事については、「ヒジキ」の概要を参照ください。


採取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 03:12 UTC 版)

カメノテ」の記事における「採取」の解説

金属棒を差し込んで岩場貼り付いているカメノテ剥がして採取する。ただし、殻が鋭いため、注意しないと岩礁海岸で手や足を怪我する原因にもなる。

※この「採取」の解説は、「カメノテ」の解説の一部です。
「採取」を含む「カメノテ」の記事については、「カメノテ」の概要を参照ください。


採取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 21:24 UTC 版)

アトリエシリーズ」の記事における「採取」の解説

グラムナートシリーズでは採取地それぞれにマップ用意されており、マップ内を自由に移動しがら落ちているアイテム入手する形式変更された。マップ内には川や崖、岩で塞がれた道など、特定のアイテムがないと通れない所がある。

※この「採取」の解説は、「アトリエシリーズ」の解説の一部です。
「採取」を含む「アトリエシリーズ」の記事については、「アトリエシリーズ」の概要を参照ください。


採取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 10:27 UTC 版)

エスカ&ロジーのアトリエ 〜黄昏の空の錬金術士〜」の記事における「採取」の解説

探索調査 素材採取する敵を倒すかするとゲージ上昇していく(最大200%)。このゲージ100%消費することで様々な恩恵を得ることができる。消費するゲージさえあれば使用制限はない。 3つ表示されている中から任意に実行することができ、エリア出入りする探索調査実行するランダム実行できる内容変化する今回日数経過条件が軽いため、探索調査吟味がしやすくなっている。 調査ゲージは採取地内にいる限り全てのエリア共有される。採取地を出てしまうと0%にリセットされる。 以下に種類記載する遺物回収前時代作成され錬金術アイテム回収する3つのシルエット大まかな印象表示されるので、その中から任意に選択できる強敵出現とともに、採取地によって内容異なる。 強敵出現:その採取地の適正レベルに比べて高いレベルモンスター戦闘になる。「手ごわい」「危険」「無謀」の3つのランクがあり、いずれか選択できる遭遇レベルは、採取地に加え主人公装備品レベル総和変化する分担採取:現在そエリア残っている全ての素材アイテム回収できるレア重視個数重視お任せかを選択できる普通に採取する場合個数+1~2個入手できる上に時間経過しないため、単純に便利。 ○○変異土地戦闘・採取数・希少材料遺物5つがあり、エリアによって実行できるものが異なる。土地強敵出現出現するモンスターランクが、戦闘経験値が、採取数は入手できる個数が、希少材料レア素材入手率が、遺物遺物潜力ランクそれぞれアップする資料回収特定エリアでのみ実行でき、前時代に関する資料回収する回収した資料に対して再度回収実行することはできないので、重複してしまうことはない日数経過 本作では、採取地における日数経過条件は「時間経過ゲージ仮称)が10溜まる」「時間経過ゲージ1以上の場合にエリア抜ける」のいずれかである。 そのため、採取地・エリアにただ出入りしただけでは日数経過しない。また、採取地内移動するけならば時間一切経過しない。

※この「採取」の解説は、「エスカ&ロジーのアトリエ 〜黄昏の空の錬金術士〜」の解説の一部です。
「採取」を含む「エスカ&ロジーのアトリエ 〜黄昏の空の錬金術士〜」の記事については、「エスカ&ロジーのアトリエ 〜黄昏の空の錬金術士〜」の概要を参照ください。


採取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 14:32 UTC 版)

指紋」の記事における「採取」の解説

粉末法では、対象によって様々な成分と色をしたパウダー粉末)を使う。炭素系のブラックカーボン(白い表面に使う)、チタニウム系のホワイトパウダー、アルニウム系のパウダーグレイ)、またはそれらの混合である。さらに、磁気系のパウダー蛍光するもの、スプレータイプのものもある。また、凹凸のある多孔質表面上からの遺留指紋検出する為に気化させたシアノアクリレート接着剤)を利用する

※この「採取」の解説は、「指紋」の解説の一部です。
「採取」を含む「指紋」の記事については、「指紋」の概要を参照ください。


採取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 16:31 UTC 版)

麝香」の記事における「採取」の解説

麝香かつては雄のジャコウジカ殺してその腹部香嚢切り取って乾燥して得ていた。香嚢内部にアンモニア様の強い不快臭を持つ赤いゼリー状の麝香入っており、一つ香嚢からはこれが30グラム程度得られる。これを乾燥するアンモニア様の臭いが薄れて暗褐色顆粒状となり、としてはこれをそのまま香水などにはこれをエタノール溶解させて不溶物を濾過除いたチンキとして使用していた。ロシアチベットネパールインド中国など主要な産地であるが、特にチベットネパールモンゴル産のものが品質が良いされていたこれらの最高級品トンキンから輸出されていたため、トンキン・ムスクがムスク最上級品を指す語として残っている麝香の採取のために殺されたジャコウジカかつては年間1万から5万頭もいたとされているそのためジャコウジカ絶滅危機に瀕し、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約ワシントン条約)によりジャコウ商業目的国際取引原則として禁止された現在では中国においてジャコウジカの飼育と飼育したジャコウジカ殺すことなく継続的に麝香採取すること(麻酔眠らせるどの方法がある)が行なわれるようになっているが、商業的な需要を満たすには遠く及ばない六神丸奇応丸宇津救命丸などは条約発効前のストック用いているという。救心2015年入手困難麝香廃止し鹿茸沈香を新配合さらに牛黄増量することで対応しているそのため、香料用途としては合成香料である合成ムスク用いられるのが普通であり麝香使用現在ではほとんどない

※この「採取」の解説は、「麝香」の解説の一部です。
「採取」を含む「麝香」の記事については、「麝香」の概要を参照ください。


採取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/26 18:13 UTC 版)

パラゴムノキ」の記事における「採取」の解説

ラテックスの採取は樹齢5歳ころから始める。幹の周囲の1/4~1/2にわたってV字型または左上から右下に向かう斜線皮部切りつける角度は約45度とし、下端に受け容器を置き、ラテックスを受ける。毎日または隔日早朝tapping knife斜線下面1mm削る。採取は雨季の2箇月間休止をはさみ、1年間切りつけの痕は20~40cmになる。樹齢1518歳最盛期であり、40歳以後激減する乳液量は1日約30cc、ゴム含有3040%、1本1年ゴム生産量最盛期で3~3.5kgである。ラテックス金網濾過異物取り除き、約0.1%の酢酸または0.06%の蟻酸加え凝固させる。これをローラー掛けて洗浄しローラーシート状またはクレープ状に仕上げ日乾しまたは火力乾燥させる。これが生ゴムよばれるものである

※この「採取」の解説は、「パラゴムノキ」の解説の一部です。
「採取」を含む「パラゴムノキ」の記事については、「パラゴムノキ」の概要を参照ください。


採取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/24 14:24 UTC 版)

羊乳」の記事における「採取」の解説

羊乳は、主に飼育されている家畜化されたヒツジから搾乳して得ている。搾乳目的として飼育されているヒツジ少ないが、人為選択によって一般的なヒツジよりも多くの乳汁を出す品種見い出されてきた。例えば、アワシ種(英語版)、イーストフリーシアン種(英語版)、サルダ種(英語版)、ラコーヌ種(英語版)などが知られている。なお、羊乳搾乳するための機械各地開発されてきた。

※この「採取」の解説は、「羊乳」の解説の一部です。
「採取」を含む「羊乳」の記事については、「羊乳」の概要を参照ください。


採取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 07:52 UTC 版)

黒曜石」の記事における「採取」の解説

黒曜石採取法には、露頭(ろとう)の岩体破砕露頭から剥落はくらく)した転石の採取、地下岩体土層中のものの採掘などがある。

※この「採取」の解説は、「黒曜石」の解説の一部です。
「採取」を含む「黒曜石」の記事については、「黒曜石」の概要を参照ください。


採取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 15:38 UTC 版)

メープルシロップ」の記事における「採取」の解説

メープルシロップ収穫は主に、「シュガーブッシュ」などと言われるサトウカエデ木立の中で行われるサトウカエデ樹液集め、「シュガーシャックと言われる小屋の中で沸騰させて濃縮させる。現代ではビニールホースを用いた機械化進んでいる樹種としてはサトウカエデ (sugar maple) が最もよく知られており、この樹液から作られたメープルシロップの量・品質が高い。その他、クロカエデ (black maple)、アメリカハナノキ (red maple)、ギンカエデ (silver maple)、シロスジカエデ (striped maple)、アメリカヤマモミジ (mountain maple)、ノルウェーカエデ (Norway maple) など、日本ではあまりなじみのないカエデ類からも生産されている。 樹液は、2–4月春先寒暖の差が最も大きくなる季節に、直径 30 センチメートル以上の木に小穴開けて採取される。採取の時期気候によって異なる2%2.5% の糖分含まれ季節によって異なるが、1本の木から約 4080 リットル樹液採れる濃縮前の樹液はメープルウォーターと呼ばれる。1リットルメープルシロップ作るためには40リットル樹液必要になる。採取シーズン序盤は高い糖分を含む樹液取れるが、後半になるにつれて糖分薄くなり、最終的に約半分まで下がる。この糖分の薄い樹液品質基準満たすまで煮詰めると、シーズン序盤採れた樹液よりも長時間加熱する事になり、色と風味が濃いものができる(等級節も参照)。近年は、逆浸透装置ある程度水分抜いてから濃縮させる製法普及したため、以前ほど長時間煮詰めることはなくなった。 ケベック州世界最大産地で、2001年には1,560リットル収穫量があった。ケベックオンタリオ州メープルシロップ産地では、シロップ収穫文化一部となっており、毎年2月収穫の時期にシュガーシャック祭り催されるシロップ収穫期間中ホットケーキワッフル食べさせるシュガーシャック多く人気のあるシュガーシャックには行列ができる。ケベック州オンタリオ州では、雪の上にメープルシロップ流しかけて冷やし固め、棒に巻きつけたりそのまま棒状食べたりする「メープルタフィー」が存在する地球温暖化が進むとカエデ分布が現在よりも北に移動することが予想されるため、メープルシロップ産地では温暖化地域経済与え影響懸念されている

※この「採取」の解説は、「メープルシロップ」の解説の一部です。
「採取」を含む「メープルシロップ」の記事については、「メープルシロップ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「採取」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

採取

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 12:21 UTC 版)

名詞

さいしゅ

  1. 研究調査のために必要なものを採ること。
  2. 植物鉱物などを選び採ること。

発音(?)

さ↗いしゅ
さ↘いしゅ

動詞

活用

サ行変格活用
採取-する

「採取」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

採取のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



採取のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの採取 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヒジキ (改訂履歴)、カメノテ (改訂履歴)、アトリエシリーズ (改訂履歴)、エスカ&ロジーのアトリエ 〜黄昏の空の錬金術士〜 (改訂履歴)、指紋 (改訂履歴)、麝香 (改訂履歴)、パラゴムノキ (改訂履歴)、羊乳 (改訂履歴)、黒曜石 (改訂履歴)、メープルシロップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの採取 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS